浅草のお土産を徹底ガイド!日持ちするおすすめ土産から雑貨まで

浅草 お土産

浅草に観光を満喫したら、その後のお土産はどうしようと考えていませんでしょうか。浅草には名物のお土産がいくつもあり、種類がたくさんあって何を選んだらいいか悩みますよね。

今回の記事では、浅草のお土産選びで失敗しないためのコツやおすすめのお土産について紹介しています。ぜひ浅草観光に訪れた際は、参考にしていただければと思います。

1.浅草のお土産選びで失敗しないための5つの注意点

1-1 相手の好みを把握しよう

お土産選びを失敗しないためには、相手の好みを把握することが大切です。例えば、甘い物が苦手な方であれば、スイーツやお菓子のお土産は避けることができます。

もしも好みを知っているのであれば、「日本酒が好きだと聞いたので」と浅草の名酒をあげることもできます。

1-2 要冷蔵が必要なお土産は注意

お土産を選ぶ際には、要冷蔵のお土産をあげるのは避けましょう。保冷剤が溶けてしまうと、もちろんお土産が傷んでしまうのだけでなく、食べるタイミングや渡すタイミングも考えないといけませんので大変です。できるだけ日持ちするお土産が喜ばれます。

1-3 お土産の量を注意しよう

お土産を渡す時には、どのくらいの量が入っているかも注意しましょう。一番最悪なのは、足りないことです。

例えば、6人家族の方にお土産を渡すのであれば、4つしか入っていないと誰かが食べれなくなってしまいます。なので、渡す相手の人数とお土産の量は気にしましょう。

1-4 高すぎるお土産はNG

あまりにも高いお土産を渡すのはNGです。相手が喜ぶと思って高い物を選んでも、あまりに高価な物を受け取ってしまうと悪いと感じてしまったり、お返しはどうすればいいのだろう思ったりしてしまいます。

1-5 一口サイズものを選ぶ

お土産は一口サイズの物を選ぶと、配りやすかったり、食べやすかったりするのでおすすめです。会社の同僚にお土産を配る時であれば、一口サイズのお土産が重宝されます。

2.浅草のおすすめ定番のお土産3選

2-1 常磐堂 雷おこし本舗の雷おこし

常盤堂 雷おこし本舗の雷おこしは浅草の定番土産です。常盤堂の雷おこしは、200年以上も長い間愛されている銘菓であり、抹茶味やゴマなど50種類以上も販売されています。雷おこしの値段は一袋600~1,000円程度になります。

常磐堂 雷おこし本舗
http://tokiwado.tokyo/

2-2 木村家本店の人形焼

木村家本店の人形焼は、明治元年に操業している最も浅草で古い人形焼店です。人形焼の形は、五重の塔や提灯、雷様、鳩が特徴的です。仲見世通りで人形焼を買うことができ、値段は8個入りで500円程度になります。

木村家本店
http://www.kimura-ya.co.jp/

2-3 浅草ラスク

浅草ラスクは、新感覚の味わいが人気となり、今では浅草の新名物になりました。バターの芳醇な味わいを感じながらもあっさり感が浅草ラスクの特徴です。値段は600円程度で買うことができます。

浅草ラスク
http://asakusarusk.jp/

3.浅草のおすすめ雑貨や小物のお土産3選

3-1 扇子

浅草では、色とりどりの扇子が売っているのでお土産には最適です。その中でもおすすめのお店は「高久」という扇子のお店や「荒井文扇堂」という扇子のお店は扇子をお土産に考えている方はおすすめです。

高久
http://www.takahisa.co.jp/

荒井文扇堂の扇子を紹介しているサイト
https://asakusakanko.com/araibunsendo/

3-2 江戸木箸

浅草のお土産で、箸をあげるのはおすすめです。浅草寺の仲見世に「たけや」というお店があり、普段使いの箸からかなりの高級品の箸までと取り揃えてあります。浅草に遊びにきたついでに、my箸を作ってみたらどうでしょうか。

3-3 ご当地ストラップ

浅草には、浅草ならではのご当地ストラップであったり、お守りストラップであったり、様々な種類のストラップやキーホルダーが販売されています。浅草限定のストラップをお土産としてプレゼントするのは定番です。

4.浅草の日持ちするおすすめのお土産3選

4-1 やげん堀「唐辛子」

やげん堀の七味唐辛子は、日持ちもするのでお土産におすすめです。中辛の唐辛子や大辛、洋風の七味などの様々な種類の唐辛子が販売されています。また、27gで540円程度で販売されており、賞味期限は6ヶ月程度です。

やげん堀
http://yagenbori.jp/

4-2 佃煮「今半」

浅草の日持ちするお土産として、今半の佃煮はおすすめの商品です。今半の佃煮は、仲見世などで買うというよりは、松屋浅草などの百貨店で販売されています。また、値段は3,240円程度になります。

4-3 かりんとう「小桜」

浅草の日持ちするお土産として、小桜のかりんとうもおすすめです。かりんとうと言えば、黒砂糖をまぶした甘い味を想像すると思いますが、小桜のかりんとうは一味違います。味もたくさんの種類があり、ゴマやきな粉、白砂糖、メープル、青海苔などがあります。

5.女性が喜ぶ浅草のスイーツ、お菓子のお土産3選

5-1 満願堂「芋きん」

女性が喜ぶ浅草のお土産として、満願堂の芋きんはおすすめです。芋きんの特徴として、中身のしっとり感と皮の食感、香りがたまらない人気の和菓子です。また、値段は6個入りで税込778円です。日持ちするお土産ではないので注意が必要です。

5-2 浅草シルクプリン

浅草シルクプリンは、のどごしの良い絹のような食感で、ビターキャラメルの甘さと苦さを味わえる浅草で人気のプリンです。味はシンプルなプリンだけでなく、チーズやいちご、コーヒー、抹茶などが揃えられています。また、値段は1個税込390円で販売されています。日持ちするお土産ではないので注意が必要です。

5-3 御菓子司 亀十「どら焼き」

浅草の和菓子で人気のお土産が御菓子司 亀十のどら焼きです。あんこと白あんの2種類販売されており、開店前から行列ができるほどの人気のどら焼きです。

大きくてパンケーキのような生地が特徴的であり、価格は325円になります。しかし、日持ちするお土産ではないので注意が必要です。

6.外国人が喜ぶ浅草のおすすめのお土産3選

6-1 手ぬぐい

外国人の方に喜ばれるお土産の定番として手ぬぐいはおすすめです。手ぬぐい生地を使ったカードケースやティッシュカバーなども販売しており、吸水性の良さや肌触りが人気となっています。

6-2 江戸切子

江戸切子は日本文化を感じれるおすすめのお土産です。江戸切子とはガラスの表面にカットを入れる技術のことであり、その美しさが外国人に人気の理由です。日本の伝統文化を感じられる商品です。

6-3 浴衣

浴衣は日本らしさを感じられるお土産です。普段から着るというのは、日本でもなかなかないとは思いますが、お子さんがいる家庭に子供用の浴衣は喜ばれると思います。

7.まとめ

いかがでしたでしょうか。浅草は日本の歴史が満載の見どころ溢れる観光スポットです。浅草に定番のお土産から日持ちするお土産などもたくさんの種類がありますので、ぜひ参考にして選んでいただければと思います。

浅草 お土産