女性からのデートの誘い方特集!LINEでの会話例も具体的に紹介

デート 誘い方 女性

女性からデートに誘うのは、なかなか勇気がいりますが、実は男性のほとんどが女性からデートに誘われると嬉しいと感じています。最近は、LINEを使って誘うのがおすすめです。

口頭や電話で誘うよりも、身構えずにやり取りすることができるというメリットがあります。

どんな口実で、どんなやり取りをすれば男性を自然に誘えるのか、実際のLINEでのやり取りを想定しながらご紹介していきます。

女性からのデートの誘い方「LINEの会話例」5選

1回目のデートはまだお互いのことがよく分かっていないので、長くても半日ほどで終わるデートが理想です。

会話例を記載していますが、あくまで例ですので、この通りにいかないことの方が多いです。参考にしてください。

①仕事終わりに食事に誘おう

1回目のデートの定番といえば食事。お互い成人している場合はアルコールの力を借りるのもありでしょう。

休日に会って食事するよりも、仕事帰りに夕食を一緒に食べる方が相手からしても敷居が低いのでおすすめです。

LINEでの会話例

自分「○○駅の近くに新しいお店出来たの知ってるー?」

気になる彼「あーなんか噂で聞いたけど、美味しいの?」

自分「美味しいらしいけどまだ行ったことなくて…よかったら今度の金曜仕事帰りに行ってみない?一人だと寂しいし…」

気になる彼「金曜かー、ちょっと忙しいから木曜じゃダメ?」

日程が合わない場合でも彼が調整に応じてくれそうであれば脈アリです。イタリアンやフレンチなど、安すぎず高すぎないレストランをチョイスするとデートらしさがでます。

②買い物に付き合って欲しいとデートに誘おう

同じ職場や共通の友達、父親へのプレゼントなど、第3者へのプレゼント選びを口実にデートに誘うのもいいでしょう。

LINEでの会話例

自分「今度さー△△さん誕生日だからプレゼント選びたいんだけど、趣味とかよく分からないし、よかったら選ぶの手伝ってくれない?」

気になる彼「いいよーいつ行く?」

彼がすんなりOKしてくれれば脈アリです。

逆に他に誰か誘おうとしたり、別の人と行くように促してくる場合は、諦める必要は全くありませんが、少し頑張らないといけないかもしれません。

③相談事を持ちかけて誘おう

男性は女性から頼られて悪い気はしません。仕事や普段の生活の悩みなど、ちょっと相談したいことがあると持ちかけデートに誘ってみましょう。場所はカフェやレストランがおすすめです。

LINEでの会話例

気になる彼「最近元気ないけどなんかあった?」

自分「うーん、ちょっと仕事で悩んでることがあって…」

気になる彼「どうしたー相談のるよ?」

自分「うん…長くなるしよかったらご飯とか食べながら聞いてもらえない?」

気になる彼「オッケー、仕事帰りとかに待ち合わせでどう?」

④彼が好きそうな映画に誘おう

デートの定番といえば映画、彼が好きそうな映画に誘ってみましょう。

LINEでの会話例

自分「○○君△△っていう漫画好きだったよね?」

気になる彼「うん、よく覚えてるね(笑)」

自分「今その漫画実写化されてるじゃん、見に行かない?」

気になる彼「おっ!いいね!一人で行くのもなーって思ってたとこなんだよね」

可能な限り彼の好みに合わせて、誘いに乗ってもらいやすいシチュエーションを作るのがポイントです。彼の好きな漫画が映画化されたときは大チャンスです。

⑤彼が得意なことを利用してデートに誘おう

彼が得意なことを教えてもらうという口実で、デートに誘ってみましょう。例えばPC関係に強い彼ならば以下のようなやり取りで誘うといいでしょう。

LINEでの会話例

自分「今度新しくPC買おうと思ってるんだけどどれがいいか分からなくて…○○君PC詳しいって聞いたんだけど、よかったら一緒に見に行ってくれないかな?」

気になる彼「予算とか、用途とか教えてくれたら事前によさそうな店調べとくけど」

自分「ホント?!すごく助かる!!」

PCでなくても、ボルタリングに一緒に行くとか、ダーツに行ってみるとか、彼の得意なことを教えてもらいながら、一緒に趣味を楽しむというのもおすすめの誘い方です。

2回目のデートの誘い方「LINEの会話例」4選

2回目のデートは少し遠くにお出かけしてみたり、2人っきりになれる場所に行ったり、1回目よりも距離を縮めていくのがポイントです。

1回目のデートが楽しかったということを伝えるのを忘れないようにしてください。では実際にどのように誘えばいいのか、具体例を見ていきましょう。

①ストレートに会いたいと伝える

1回目のデートの2人の雰囲気が良かった場合は、素直に会いたいと言ってしまうのもいいでしょう。女性から会いたいと言われると喜ぶ男性の方が多いようです。

LINEでの会話例

自分「この前はありがとう、楽しかった!」

気になる彼「俺も楽しかったよ!」

自分「今度の週末、よかったらご飯食べにいかない?○○君にまた会いたいなー」

気になる彼「おーどこか行きたいお店ある?」

ここで彼の方から「俺も会いたいと思っていた」という返事がくれば、2人がカップルになる日もそう遠くありません。

②テーマパークに誘う

アクティブな彼なら、2回目のデートでテーマパークに誘ってみるのもいいでしょう。あなたと一緒に行きたいんだという言い方をすれば男性も悪い気はしないはずです。

LINEでの会話例

自分「○○さんって絶叫とか結構得意ですか?」

気になる彼「俺結構得意だよージェットコースターとか好き」

自分「あ、じゃぁ△△のジェットコースター乗ったことあります?」

気になる彼「あーなんか結構怖いって評判だけどまだ乗ったことないんだよね」

自分「私もないんですよねー、よかったら一緒に行きません?○○さんと一緒だと楽しそう!」

遊園地の他、動物園や水族館など、彼の趣味に合わせたところに誘うと成功率が上がります。「○○さんと一緒だと楽しそう!」という一言を入れてみましょう。

③カラオケデートに誘う

個室で2人っきりになれるカラオケは2回目のデートに最適。音楽好きの彼ならきっと喜んでOKしてくれるでしょう。ストレス発散や気晴らしの為などの理由で誘うと、女性からでも誘いやすいです。

LINEでの会話例

自分「最近どうー?この間あった時仕事大変って言ってたけど」

気になる彼「んー相変わらずかなぁ…」

自分「そっかぁ…もしよかったらなんだけど、気晴らしにカラオケ行かない?」

気になる彼「あーいいね!大声出してストレス発散したいかも!」

歌が上手いと評判の彼であれば、「○○君の歌、聞いてみたいなぁ」と言って誘ってみるのもいいでしょう。

④ドライブデートに誘う

彼が車を持っている場合、可愛くおねだりしてみるのもアリです。電車やバスなどでは行きにくい場所を提案してみるといいでしょう。

LINEでの会話例

自分「○○さんってどんな車乗ってるんですか?」

気になる彼「△△△っていうやつだよー」

自分「いいなー今度ドライブ連れてってくださーい(笑」

気になる彼「いいよー俺運転好きだし!どこがいいか考えておいて」

車の話から、さりげなく冗談のようにドライブに連れてってとおねだりしてみましょう。

女性からデートに誘ってもし断られてしまったら…

デートに誘ってもし断られてしまったら、しつこく誘うのはやめましょう。追われると逃げたくなるというように、あまりにも何度も誘ってしまうと鬱陶しいと思われてしまいます。

一度デートを断られたら、一旦引いて、Lineでメッセージのやり取りを重ねたり、ちょっとしたことを会話してみたり、まずは自分のことを知ってもらうということを心掛けましょう。

まとめ

女性からデートに誘うときは、彼の趣味や好みに合わせながら誘うのがポイントです。自分の都合だけを押し付けないように、日程は彼と相談しながら決めてください。

もし想定外の返事がきてしまってどうしたらいいか分からないという時は、思い切って素直に会いたい気持ちを伝えてみましょう。

デート 誘い方 女性