ドゥカーレ宮殿 “シークレットツアー”の予約方法を紹介します!

ドゥカーレ宮殿のシークレットツアー予約方法を解説します

水の都ヴェネツィアのサンマルコ広場に隣接するドゥカーレ宮殿は、ベネツィア共和国総督の公邸や政庁舎として使われた政治の中心地です。現在では宮殿内を彩る豪華な装飾や著名な壁画などにより、ヴェネツィアのシンボルとして観光の目玉となっています。

8世期に建設されて以来、「首相官邸」「国会議事堂」「迎賓館」「刑務所」としていくつもの重要な役割を担ってきたドゥカーレ宮殿。ベネツィアの中心であり続けたこの宮殿には、現在でもいくつもの「秘密の通路」や「秘密の部屋」が存在していると言います。

一般には公開されないドゥカーレ宮殿の裏の顔を垣間見ることができる秘密のツアーが、実は公式サイトから申し込むことができるのです。「SECRET ITINERARIES TOUR」というイタリア語、英語、フランス語のガイドが案内する約1時間半のツアーです。

この記事ではシークレットツアーの内容から、予約方法までをご紹介しましょう。

1. ドゥカーレ宮殿って?

ドゥカーレ宮殿はヴェネツィア共和国を治めていた総督の居城でした。元老院や十人委員会、評議会などヴェネツィアの国政を担う人々が集まり、討議を重ねた場所です。

中世の時代、ヨーロッパの国々は国王と領主が契約を結ぶことで成り立つ封建制の王国でした。しかしヴェネツィアは、国王を持たずに貴族たちによって共同で統治する共和国の道を歩みました。

7世紀末期から1000年以上にわたり、歴史上最も長く続いた共和国、ヴェネツィア。

小規模な都市国家でありながら地中海貿易の覇者として君臨したヴェネツィア共和国は、信教の自由や法の支配が徹底していたことでも知られています。他国からの侵略に絶えず脅かされながらも建国から1000年以上もの間、共和国国会で選出される総督を中心とする共和制を守り抜きました。資源を持たざる国でありながら、地中海の覇権を維持し続けたのです。

ドゥカーレ宮殿の外観には共和国時代の宮殿ならではの栄光の証しを見ることができます。

この建築はヴェネツィア・ゴシック建築の代表作と言われているほど。白とピンクの壁面は大理石で飾られています。建物を支えているのは独特の大小のアーチ列柱です。

また、細やかな装飾にはイスラム建築の影響も見て取れます。これはヴェネツィア共和国が地中海貿易によって発展したことからも伺えます。

それは卓越した政治力と外交力、また軍事力によるものです。このドゥカーレ宮殿からも黄金期のヴェネツィアの富の一端が垣間見えることでしょう。

2. ドゥカーレ宮殿”シークレットツアー”の見どころ

ドゥカーレ宮殿のシークレットツアーは残念ながら日本語解説が無いので、英語、フランス語、イタリア語から選択することになります。

英語ツアーは毎日9:55、10:45、11.35の3回開催されており、所要時間は1時間15分です。ツアーに参加するためには事前予約が必要です。

集合場所は宮殿の中庭から。通常の観光であればそこから総督の公邸に向かうのですが、シークレットツアーでは1階のカギのかかった扉から始まります。ドゥカーレ宮殿の裏の顔を覗きに行く「秘密の旅」の始まりです。

扉を潜り抜けて最初に出迎えてくれるのが、”牢獄”。ドゥカーレ宮殿は「宮殿」という名を持つ一方で刑務所でもあったため、囚人を投獄するための牢獄があるのです。

表の華々しさとは裏腹の重苦しい雰囲気が立ち込めています。

シークレットツアーにふさわしいスタートですが、秘密の旅はまだまだ続きます。ぜひ見ていただきたいのはカサノヴァが脱獄したとされる牢獄です。

ヴェネツィアの作家であり、希代のプレイボーイとして知られるカサノヴァ。生涯にわたって作家、商人、外交官、政治家、スパイ、哲学者と多くの顔を持っていたことでも知られています。

1755年、カサノヴァ30歳のときに貴族の争いに巻き込まれ、ここドゥカーレ宮殿に投獄されました。
5年間を過ごした後、カサノヴァは厳重な警備の監獄から唯一脱獄に成功し、パリへと逃亡しました。脱獄した直後にはサン・マルコ広場のカフェでコーヒーを飲んで一服してから、フランスへ向かったと言います。

もう一つ、シークレットツアーの見どころをご紹介しましょう。ヴェネツィアの観光名所である「溜め息橋」がドゥカーレ宮殿の窓から眺めることができます。

このツアーに参加すれば、”溜め息橋”という不思議な名前の由来を知ることができるでしょう。ドゥカーレ宮殿の窓から見えるため息橋は、囚人が投獄される前に見るヴェネツィアの最後の景色だったのです。

現世を象徴する橋を眺めて思わず漏れてしまう”溜め息”。それこそが溜め息橋の由来であり、19世紀にジョージ・バイロンによって名付けられたものです。

3. シークレットツアーを予約するには?

ドゥカーレ宮殿のシークレットツアーに参加するためには2通りの方法があります。

① 公式サイトから直接予約する

② ベルトラなどから日本語ツアーに参加する

■公式サイトから直接予約する場合

こちらのドゥカーレ宮殿の公式サイトから日時を指定して予約します。公式サイトは英語です。

英語公式サイト

直接予約した場合のメリットは主に二つ。

①安い(20ユーロ)
②時間帯を選ぶことができる

一方でデメリットもあります。
①日本語ガイドが無い(英、仏、伊のみ)

英語ガイドを聞き取ることができる方は公式サイトから直接予約した方がお得だと言えます。

■日本語のオプショナルツアーで参加する場合

やっぱり、日本語でガイドが聴きたいという方も多いことでしょう。その場合はベルトラなどのオプショナルツアーから予約することもできます。

この場合の長所は

①日本語でガイドしてくれる

ただし、その場合は日本語ツアーガイドさんの費用が掛かります。ですので短所は、

①高い(85ユーロ)

となります。どちらも一長一短ですが、ご自身の都合に合わせて選びましょう。

4. 公式サイトからの予約方法

それでは英語公式サイトから、シークレットツアーを予約する手順を解説します。

英語公式サイト

まず、ITALIANO(イタリア語)、ENGLISH(英語)、FRANCAIS(フランス語)からお好きな言語のツアーを選択します。

ツアー詳細が書かれている画面がまず開くので内容を確認したら、1番右のタブ「BUY」を押します。


希望の日程と時間帯を選択します。英語ツアーは9:55、10:45、11:35の3つの開始時間から選択できます。


参加料金が表示されます。通常は20.5ユーロですが、学生や65歳以上などの条件に当てはまる場合14.5ユーロになります。REGISTARを押して入力画面に入ります。

まず、チケット予約サイトのアカウントを作成する必要があります。メールアドレスなどの必要情報を入力していきます。

次に氏名や電話番号、住所などを入力します。

請求書の宛先を記入し終えたら、利用規約に同意しConfirmを押して予約完了です。

ドゥカーレ宮殿のシークレットツアー予約方法を解説します