外国で人気のお菓子特集!海外旅行のお土産にもコレがおすすめ

外国 お菓子

誰からも喜ばれる海外旅行の定番お土産といえば、やはりお菓子類です。世界各国には美味しいお菓子がたくさんありますので、知っておきたいですよね。

今回の記事では、世界各国で愛されている外国のお菓子について紹介しています。お土産としても、あるいは自分で楽しむのにも最適な、各国で人気の定番お菓子を記載しているので、ぜひ参考にしてください。

1.おすすめしたい!世界各国で愛されてる外国のお菓子特集

1-1 外国で人気のお菓子特集「イギリス編」

外国お菓子イギリス編

WALKERS(ショートブレッド)

サクサクの食感と豊かなバターの香りが特徴のショートブレッドは、スコットランドの伝統的なお菓子です。

中でも有名なのが、赤いチェック柄のパッケージが目印の『ウォーカーズ』。缶入り、大箱入り、小分けタイプなどバリエーションも豊富です。

詳細ページ

SHORTBREAD HOUSE OF EDINBURGH(ショートブレッド)

『ショートブレッドハウス オブ エディンバラ』は英国王室御用達で、お菓子の賞の常連としてイギリス国内では有名です。

食べ終えた後もキャニスターとして使える、シックで機能的な容器も魅力的です。

詳細ページ

McVitie’s(チョコレートビスケット)

『マクビティ』はイギリスで最も有名なお菓子メーカーの一つ。ウィリアム王子とキャサリン妃のウェディングケーキも手がけました。

チョコレートビスケットは、イギリスで毎秒52枚の割合で消費されていると言われる看板商品です。

詳細ページ

Cadbury’s(チョコレート)

英国王室御用達の『キャドバリー』は、世界第2位のお菓子ブランド。200年の歴史を持つ老舗で、映画「チャーリーとチョコレート工場」のモデルとも言われています。

中でも1905年に誕生した『デイリーミルク』は、イギリス中のスーパーで見かける定番中の定番です。

詳細ページ

1-2 外国で人気のお菓子特集「フランス編」

外国お菓子フランス編

Laduree(マカロン)

マカロンと言えば『ラデュレ』。フレーバーやバリエーションも多く、上品な化粧箱に入っているので、おみやげでプレゼントすると喜ばれること請け合いです。

あまり日持ちはしませんが、帰国日に買って帰れば大丈夫かもしれません。

詳細ページ

PAUL(ブリオッシュ)

ブリオッシュは菓子パンの一種。王妃マリーアントワネットが飢えた民衆を見て、「パンがなければお菓子を食べればいいのに」 と言ったのは有名な話ですが、そのお菓子がブリオッシュだったそうです。

おすすめのお店は老舗ベーカリーの『ポール』。パリに多くの店舗があり種類も豊富です。

詳細ページ

Café des Deux Moulin(クレームブリュレ)

フランス映画「アメリ」にも登場したのが、『カフェ・デ・ドュ・ムーラン』のクレームブリュレ。

濃厚でなめらかなカスタードクリームと、カリカリに焼かれたほろ苦いキャラメリゼのハーモニーが絶妙です。

詳細ページ

Bonne Maman(マドレーヌ)

フランス国内のスーパーで手軽に買えて、しかもおいしいのが『ボンヌママン』のマドレーヌです。

卵25%、バター27%も使っていて、一つひとつが大ぶりでボリュームがあるため、とてもリッチな味わいです。

詳細ページ

1-3 外国で人気のお菓子特集「イタリア編」

外国お菓子イタリア編

Baci(チョコレート)

『バッチ』はイタリア語で「キス」という意味の複数形。寄り添う恋人たちのシルエットが入った青いパッケージが目印です。

ヘーゼルナッツが丸ごと1粒チョコに包まれ、銀紙を開けると愛のメッセージが入っています。

詳細ページ

Caffarel(ジャンドゥーヤ)

ジャンドゥーヤは、焙煎したヘーゼルナッツやアーモンドのペーストとチョコレートを混ぜたものです。19世紀初頭にトリノの菓子店『カファレル』が考案しました。

イタリアのチョコの代名詞として世界中に知られている、おみやげの定番品です。

詳細ページ

Kinder(チョコレート)

『キンデル』は、イタリアのスーパーならどこでも見かけるチョコの定番。ミルクベースの優しい味わいが特徴です。

中におもちゃが入った卵型のKinder Sorpresaは、子供たちへのおみやげに最適です。

詳細ページ

BARBERO(トロンチーニ)

トロンチーニとは砂糖、はちみつ、卵白にナッツを入れて固めたヌガーのこと。1883年創業の老舗『バルベロ』では、高級なピエモンテ産ヘーゼルナッツのみをふんだんに使った昔ながらの製法で、北イタリアの伝統を守り続けています。

詳細ページ

1-4 外国で人気のお菓子特集「ドイツ編」

外国お菓子ドイツ編

Kreutzkamm(バームクーヘン)

日本でおなじみのバームクーヘンはドイツ発祥のお菓子。バームは木、クーヘンはケーキという意味です。1825年創業の『クロイツカム』は、伝統のレシピを大切に継承している人気店。

バニラと砂糖でコーティングされ、甘さ控えめでほんのりスパイシーな大人の味が魅力です。

詳細ページ

Milka(チョコレート)

生産量・消費量ともに世界でトップを争うチョコ大国ドイツで、最も有名なのが『ミルカ』。紫色のパッケージと牛のイラストが目印です。

ブランド名の由来は「ミルク+カカオ」。その名の通り、ミルクたっぷりの濃厚な味わいが特徴です。

詳細ページ

HARIBO(グミキャンディー)

『ハリボー』は90年以上の歴史を誇るグミのパイオニア。ヨーロッパでは「子供が初めて口にするお菓子」と言われています。

日本に輸入されていないフレーバーも多く、中にはタイヤ(!)の形と味を持つ「シュネッケン」という変わり種もあります。

詳細ページ

Knoppers(ウエハース)

『クノッパーズ』はウエハースとチョコレート、クリーム、ナッツの組み合わせが絶妙な、ドイツ発祥のチョコレート菓子です。

一見『ビックリマンチョコ』のようですが、厚みとボリューム感があるため、ドイツでは朝食用としても親しまれています。

詳細ページ

1-5 外国で人気のお菓子特集「アメリカ編」

外国お菓子アメリカ編

JellyBelly(ジェリービーンズ)

豆の形をした、ゼリーでもないキャンディでもない独特の食感のお菓子。8種類から始まった公式フレーバーは、今では50種類以上にも達し、随時新しいフレーバーが開発されています。

レーガン元大統領の好物としても有名です。

詳細ページ

Hubba Bubba(バブルテープガム)

『ハバ・ババ』のバブルテープガムは、全長約180cmの長さのガムがテープ状にロールされていて、好きな長さにカットして楽しめます。

ポップな雰囲気はいかにもアメリカらしく、おみやげとしてオススメです。

詳細ページ

Stacy’s Pita Chips(ポテトチップス)

『ステイシーズ』のピタチップスは、厚みがあってカリっとした食感が魅力の、新感覚のポテトチップスです。

シナモンシュガー、パルメザンチーズガーリックハーブ、トーステッドチェダー、ココア、ハラペーニョ等と様々な味を楽しめます。

詳細ページ

Combos(スナック菓子)

『コンボス』は、濃厚なチーズクリームが入った一口サイズの筒型クラッカーです。

味の種類も大きさもいろいろあるので、小さいサイズをばらまき用にたくさん買っておくと重宝します。

詳細ページ

1-6 外国で人気のお菓子特集「オーストラリア編」

外国お菓子オーストラリア編

TimTam(チョコビスケット)

『ティムタム』はオーストラリアの国民的お菓子。オリジナルチョコの他、ダブルコーティング、ホワイト、ダークミント、キャラメル、ターキッシュなど種類も豊富です。

現地の大手スーパー限定品もあって、日本で買えない分おみやげとして喜ばれそうです。

詳細ページ

Shapes(クラッカー)

『シェイプス』は揚げずにオーブンで焼いた、サクサクした食感のクラッカー。おやつにもビールのおつまみにも最適です。

クリームチーズ、バジルディップ、アボカドディップにつけてもおいしくいただけます。

詳細ページ

Jumpy’s(スナック菓子)

『ジャンピーズ』はカンガルーの形をしたポテトスナック。日本の『おっとっと』のような軽い食感です。

塩味(青)とチキン味(緑)があり、小袋タイプがばらまき用に最適です。

詳細ページ

Fruchocs(チョコレート)

『フルチョックス』は南オーストラリアの定番チョコ。中にアプリコットのドライフルーツが入っています。

スーパー等で買えますが、アデレード空港にはギフト用のバラエティパックも販売しているので、おみやげ用にオススメです。

詳細ページ

2.まとめ

いかがでしたでしょうか。おみやげにも使える外国で人気のお菓子についてまとめてみました。

人気の定番品を中心にピックアップしましたので、それぞれの国を訪れる際にはぜひ参考にしてください。

外国 お菓子