外国の人気キャラクター大集合!名だたる個性派ぞろいを紹介

外国 キャラクター

「ドラえもん」、「ドラゴンボール」、「キティちゃん」など、日本生まれの多くのキャラクターが世界中で人気を集めていますが、海外にもそれぞれの国を代表する、個性的な人気キャラクターがいます。

そこで今回の記事は、海外旅行先で出会えそうな、外国生まれの人気キャラクターをエリア別にまとめてみました。ぜひ参考にしてください。

【西欧編】外国の人気キャラクター特集

ジョリー・メイコミュニティー(ドイツ)

世界60ヶ国で愛されている人気ぬいぐるみブランド「NICI(ニキ)」の代表的なキャラクター。肌触りがよくてとぼけた顔をした、愛すべき羊たちのコミュニティーです。

寂しがりやで話し好きな“ルイーズ”、食いしん坊の“ジョーモ”、正義感の強い女の子“ローザ”など、個性派ぞろいの仲間は少しずつ増殖中です。

紹介ページ

カリメロ(イタリア)

卵の殻を頭にかぶった黒いひよこのカリメロは、元々はイタリアの洗剤会社Mira Lanzaが製作したアニメーションCMのキャラクターでした。

日本でもテレビアニメが1974年から1年間放送されていたので、40代以上の方にとっては懐かしいキャラクターかも知れませんね。

紹介ページ

バーバパパ(フランス)

フランスの絵本作家アネット・チゾンと、その夫であるアメリカの絵本作家タラス・テイラーが生み出した人気キャラクター。

困っている人を放っておけない優しい性格で、どんな形にも変形する「バーバトリック」という得意技を持っています。

日本でも絵本や企業のイメージキャラクターとしておなじみですね。

紹介ページ

ピングー(スイス)

世界で一番有名なペンギン、ピングーは、スイス生まれのクレイアニメ作品。南極に住むピングーとその仲間たちの日常が、コミカルなタッチで描かれています。

日本でも1992年にテレビ放送がスタート。幅広い層から人気を集めました。2017年には最新の3DCGを駆使した新作の放映がスタートしています。

紹介ページ

スマーフ(ベルギー)

1928年生まれの人気キャラクター。スマーフはヨーロッパのどこかの深い森に住む青い肌の奇妙な妖精の種族で、カラフルなキノコの家に住んでいます。

登場人物はほとんど全員同じ顔立ちで、同じ服(白帽子と白タイツ)を着ています。日本でも『スマーフ物語』(全15巻)として刊行されています。

紹介ページ

ペッパピッグ(イギリス)

5歳の女の子のブタを主人公にした、1話5分のアニメのキャラクター。日本で言えばアンパンマンのような存在で、イギリスの子供なら誰もが知っている国民的人気者です。

今では世界180カ国で放送されており、グッズの売り上げはあの「機関車トーマス」を抜いたとも言われる程。2011年にはハンプシャーに「Peppa Pig World」という遊園地まで誕生し、大勢の家族づれで賑わっています。

紹介ページ

【北欧・東欧】外国の人気キャラクター特集

キュッパ(ノルウェー)

ノルウェーの女性絵本作家、オーシル・カンスタ・ヨンセンが生んだゆるキャラ。

森に住む3頭身の愛らしい丸太の男の子が主人公で、森で見つけたものを持ち帰り、集めたモノについて調べたりもする好奇心旺盛な性格です。

自然あふれる世界観と素朴で温かみのある絵のタッチに世界からも注目が集まり、日本でも2012年に絵本が発刊されています。

紹介ページ

おばけのラーバン(スウェーデン)

1965年、スウェーデンのインゲル&ラッセ・サンドベルイ夫妻によって生み出された、可愛らしいおばけの男の子が主人公の絵本です。

ラーバンはおばけの仕事のこわ~い声も出せないほどの恐がりさん。強烈にやんちゃな妹のラボリーナ、料理上手なママ、おばけのプロのパパ、そして親友の王子たちと共に摩訶不思議で楽しい毎日を繰り広げます。

紹介ページ

チェブラーシカ(ロシア)

とある南の国から、オレンジの入った箱と一緒に詰められてやって来た、正体不明の不思議な小動物。

起こしても起こしてもばったりと倒れてしまうので、果物屋のおじさんに「チェブラーシカ(ロシア語で「ばったり倒れ屋さん」の意味)」と名付けられました。

日本では2001年にミニシアターでロシア製のアニメが初公開され、その愛らしさが人気を集め、7万人が映画館へ詰め掛けるという現象が起きました。

紹介ページ

アマールカ(チェコ)

青い花冠に長い髪の、おしゃれで可愛い森の妖精が主人公のテレビアニメ。見た目とは裏腹に、毒舌で泣き落としを使ったりもする、一筋縄ではいかない一癖あるところがとてもチャーミングです。

1973年の初放映から今日にかけて、チェコの子供たちが眠る前に見るアニメ番組「ヴェチェルニーチェク(おやすみアニメ)」で、世代を超えた人気を集め続けています。

紹介ページ

【北米・南米編】外国の人気キャラクター特集

シンプソンズ(アメリカ)

20か国語に翻訳され、全世界で毎週6000万人以上が視聴している、アメリカアニメ史上最長寿番組のキャラクターです。

アメリカの中流家庭がモデルで、シニカルで皮肉の効いたアメリカンジョークが満載。時には話題が政治や戦争や銃規制にまで及ぶ、意外と社会派のアニメでもあります。

紹介ページ

トゥルマ・ダ・モニカ(ブラジル)

ブラジル人なら誰もが知っている、「トゥルマ・ダ・モニカ(モニカの愉快な仲間たち)」に登場する大人気キャラクター。出っ歯がトレードマークの推定7~8歳の女の子と、その友人たちが主人公です。

この漫画の人気があり過ぎるせいで、ディズニーのキャラクターがブラジルに浸透しないという、嘘のような本当の話もあります。

紹介ページ

マファルダ(アルゼンチン)

アルゼンチンやスペインなど多くの国々で愛されている「マファルダ」は、6歳のおませな女の子。政治や経済に関心が高く、その時々の社会情勢を子供らしい視点からちょっぴり辛口に語ります。

1964年の誕生以来30カ国語以上に翻訳され、日本でもNHKでアニメが放送されていたことがあったとのこと。岐阜県に本社を置く東濃信用金庫 がマスコットキャラとして採用しています。

紹介ページ

【アジア編】外国の人気キャラクター特集

喜羊羊/シーヤンヤン(中国)

2005年8月に放送開始した大人気テレビアニメ「喜羊羊与灰太狼(シーヤンヤンとホイタイラン)」に登場する人気キャラクター。好奇心旺盛な羊の少年が主人公です。

日本の「妖怪ウォッチ」に匹敵する程のムーブメントを引き起こし、キャラクターグッズもバカ売れ。2010年にはディズニーと契約を締結。国外へも進出しています。

紹介ページ

プッカ(韓国)

韓国のキャラクターデザイン会社が2000年に発表した人気キャラクターです。

中華料理店の一人娘で、一目ぼれした忍者の末裔の男の子ガルを追いかけ回し、ガルはプッカの熱烈な求愛をかわそうとするが、最後には捕まり強烈なキスを浴びせられるというオチがつきます。

アメリカ、イギリスなど欧米各国でも文具、絵本などが販売されています。

紹介ページ

ブラッディーバニー(タイ)

勇敢でたくましく、異常な身体能力を持ち、でもちょっとアホなウサギのキャラクター。ゆく先々で刺客に狙われるが、ニンジンを武器に変え、敵を次々となぎ倒します。

タイでは数年前から若者の間で大人気で、玩具、文具などグッズ展開も活発です。

紹介ページ

ピカロン(ベトナム)

2017年に4コマ漫画「タンフライコミックス」の主人公として登場。今やベトナムでは誰もが知っている国民的キャラクターに急成長しました。

毎日Facebookで日常生活を題材にしたギャグなどを発信。フォロワー数は100万人近くに達しているそうです。

紹介ページ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ここで紹介したキャラクターの多くはDVDやグッズにもなっており、日本のキャラクターとはひと味違う個性にあふれているので、海外旅行のお土産としても喜ばれそうです。

外国 キャラクター