花巻の人気のお土産20選!定番商品からご当地雑貨まで紹介

花巻 お土産

宮沢賢治記念館などが人気の花巻を観光した後に、お土産はどうしようと考えていませんでしょうか。花巻市には、美味しいお菓子からお酒、昔ながらの雑貨など、さまざまなお土産があります。

今回の記事では、定番のお土産からお菓子、花巻だからこそ買いたいお土産を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.おすすめはコレ!花巻の定番、人気のお土産10選

1-1 南部せんべい(巌手屋)

値段

12枚356円など

「南部せんべい」は小麦粉を主体としたもので、米が贅沢品で食べられなかった時代の名残を感じさせる品です。

甘くないものは汁に割り入れて麩のようにして食べますが、砂糖で甘みを付け、ピーナッツなど入れてクッキー感覚で食べるものもあります。

胡麻、リンゴ、イカ、玉ねぎなど様々なトッピングがありますので、お好みのものをどうぞ。

南部せんべいの紹介ページ

1-2 南部鉄製品(岩鋳)

値段

キャンドルスタンド3024円

鍋敷き1728円など

砂鉄と石炭が豊富な岩手県では鋳物業が発達しました。南部鉄瓶は有名で、鋳物の芸術性が凝縮されていますが、現代の家庭で鉄瓶の出番は多くありません。そこでお土産におすすめなのが現代的な鉄器です。

レタースタンド、風鈴、キャンドルスタンド、鍋敷きなど日常の生活で使えるものが生産されており、重厚感がある上に丈夫で長く楽しめます。加工もしっかりしているので錆びも心配ありません。

南部鉄製品の紹介ページ

1-3 雑穀(プロ農夢花巻)

値段

六穀100g 380円

もち黒米 210g400円など

雑穀は花巻の特産品です。稗や粟をはじめ、赤や緑のコメなど、実にたくさんの種類の雑穀があります。数種類がミックスされたものは白米に混ぜて炊くと華やかに仕上がり、栄養価も高くなるので人気です。健康志向の方にも喜ばれるお土産です。

雑穀の紹介ページ

1-4 ワイン(エーデルワイン)

値段

五月長根葡萄園2016白 2077円など

冷涼な岩手では、近年ワイン造りが盛んになってきました。エーデルワインは花巻市内のワイナリーで、国内外のコンクールで受賞をするほど良質のワインを生産しています。

ミネラル感のあるキレの良いワインは和食にも合います。花巻のお土産に是非どうぞ。

ワインの紹介ページ

1-5 金婚漬(道奥)

値段

1袋378円など

「金婚漬」は瓜の中に昆布で巻いたニンジンやゴボウなどの野菜を詰め、もろみに漬けたもので花巻の名産です。

時間が経つほど味わいが深くなるということで、夫婦になぞらえて「金婚漬」と名付けられたそうです。輪切りにした時の断面が美しいのですが、細かくきざんでおにぎりの具にするという食べ方もあります。

金婚漬の紹介ページ

1-6 清酒 南部関(川村酒造)

値段

1升 2219円など

花巻市の石鳥谷地区は、昔から日本酒の醸造が盛んな土地です。近隣も含め、数多くの醸造所がたくさんの種類のお酒を製造していますので、花巻に行ったなら一本はお土産に買って帰りたいものです。

中でも「南部開」の純米酒は、コシが強くしっかりした味わいながら、キレのよい名酒です。

清酒 南部関の紹介ページ

1-7 花巻こけし(工房 木偶乃坊(でくのぼう))

(大きさやデザインによって値段はさまざまです)

こけしは近年その良さが見直され、外国人の間でも人気が高まっています。地方によって特徴的な型がありますが、最近では現代的なこけしも多くなってきました。

工房 木偶乃坊では、宮沢賢治をかたどったこけしも製造しています。木のぬくもりを感じるこけしは花巻の良いお土産になることでしょう。

花巻こけしの紹介ページ

1-8 南部古代型染(蛭子屋小野染彩所)

値段

財布1500円

テーブルセンター小2500円など

「南部古代型染」は、型紙を使って布を染め抜いたもので、伝統的な図柄を使用しています。江戸時代には武家の衣類の模様に使われており、和のテイストの中に格式を感じます。

染められた布はカードケースや小銭入れなどの小物から、バッグや帯などまで様々な品物に加工されています。

南部古代型染の紹介ページ

1-9 秀衡塗(丸三漆器)

値段

カレースプーン2本セット3240円

箸と箸置きセット 3240円

夫婦汁椀セット 5000円など

「秀衡塗」は平安時代後期に東北を治めていた藤原氏の3代秀衡公に由来しています。良質の漆と金を使っているのが特徴です。

華やかで品のある伝統模様を、カレースプーンやワイングラスなど、現代のニーズに合わせたものに応用した商品も生み出されています。ちょっと高級なお土産としておすすめです。

秀衡塗の紹介ページ

1-10 酒ケーキ(砂田屋)

値段

ハーフサイズ 780円

1個入り 1,350円など

「酒ケーキ」は、きめ細かい白いスポンジに花巻で醸造された日本酒シロップをたっぷり塗り、数日間寝かせて作ります。

寝かせることでシロップが全体にいきわたり、豊潤なお酒の香りが立ち上ります。この大人のスポンジケーキは、道の駅石鳥谷「酒匠館」などで売っています。

酒ケーキの紹介ページ

2.花巻に行ったからこそ買いたいご当地のお土産

2-1 よだかの星(菓子工房しらはた)

値段

1袋216円

5袋1296円など

お菓子の「よだかの星」は、宮沢賢治の感動的な名作童話「よだかの星」をモチーフにしたものです。「よだか」のまだらな体を生地にまぶした黒蜜で表現しています。

生地はゴマが入った薄いかりんとうで、パリパリとした食感です。宮沢賢治のファンはもとより、誰でもが美味しく食べられるお土産です

よだかの星の紹介ページ

2-2 たくあんパン(銀の鳩)

値段

1個180円

胡麻のかかったパンの中に、たくあんと餡が入っているのが「たくあんパン」です。パリパリと歯ごたえのあるたくあんに、甘み控えめの餡がとても合う意外な美味しさ。話のタネになるお土産です。

たくあんパンの紹介ページ

2-3 いわて恵プレミアム(花巻空港)

値段

1個1620円

「いわて恵プレミアム」は花巻空港限定のスイーツです。開港50周年を記念し、空港ターミナルビルと人気洋菓子店タルトタタンの共同で作られました。

岩泉のヨーグルトと、岩手の山のきぶどうという、地元素材で作られています。空港1階の「hana AIRPORT SHOP&CAFÉ」で販売されています。

いわて恵プレミアムの紹介ページ

2-4 穀クッキー(芽吹き屋)

値段

3種2160円

5種3600円など

芽吹き屋は花巻の菓子製造所です。「穀クッキー」は全部で5種類ありますが、1種に1つ以上は岩手の素材が用いられています。

ひえ/胡麻、きび/ヘーゼルナッツ、あわ/南瓜、桜/道明寺、チョコ/穀シリアルのどれをとっても岩手の恵みを感じられます。パッケージもお洒落で持ち運びしやすく、お土産には最適の品です。

穀クッキーの紹介ページ

2-5 究極のみそ クラシック音楽発酵(佐々長醸造)

値段

1個1000円

佐々長醸造は、花巻市にある味噌と醤油の醸造所です。「究極のみそ クラシック音楽発酵」は木桶に2年間熟成させている間、味噌蔵の中でクラシック音楽を聴かせて酵母を活性化させたというユニークな味噌です。

普通の味噌とどれほど違うかは食べてからのお楽しみです。

究極のみそ クラシック音楽発酵の紹介ページ

2-6 花巻人形(平賀工芸社)

「花巻人形」は泥人形の一種です。享保年間に京都の伏見人形、仙台の堤人形の技術を元に作られたのが始まりという古い歴史をもっています。

雛人形、恵比寿、大黒などの縁起ものから、干支、動物などモチーフもさまざまです。素朴で温か味のある人形は、見ているだけで気持ちが和みます。

花巻人形の紹介ページ

2-7 呑んべえ漬(ハコショウ)

値段

130g 324円

1kg 1944円など

ハコショウは地元花巻で100年以上の歴史をもつ、農産加工品の製造会社です。「呑んべえ漬」は、キュウリを大量の唐辛子と一緒に漬けたもので、非常に辛い食べ物です。

しかしその名の通り、呑兵衛からは大きな支持を得ている品でもあります。慣れればその美味しさの虜になることでしょう。話題性のあるお土産としてどうぞ。

呑んべえ漬の紹介ページ

2-8 太陽の生レーズン(佐藤ぶどう園)

値段

小袋50g 864円

1房120g 2052円

糖度18度以上という甘いブドウを使って作られたのが「太陽の生レーズン」です。有機肥料で栽培、手作りで製造というこだわりで生産されています。

摘まれてすぐ干されるので鮮度が保たれています。味の分かる方へのお土産としてどうぞ。

太陽の生レーズンの紹介ページ

2-9 経木だんご(照井だんご店)

値段

3個90円

「経木(つけぎ)だんご」はゴマの乗ったひと口団子です。中には甘い蜜がたっぷり入っているので、上品にかじっていると蜜があふれて手や服が汚れてしまいますので、ためらわず一口で食べてください。

素朴な甘さにリーズナブルなお値段も嬉しく、たくさん買って帰りたいお土産です。

経木だんごの紹介ページ

2-10 キツネサンド(粉ひきのゴーシュ)

値段

1個300円

「キツネサンド」は油揚げがはさまったパンです。少し甘みがついたパン生地には油揚げのほか、キャベツ、海苔、卵など、変わった組み合わせの食材がサンドされています。

人気の品なので、早い時間に売り切れになることも多いそうです。話題のサンドイッチを是非お土産にしてみてください。

キツネサンドの紹介ページ

3.まとめ

以上、花巻のお土産でした。花巻が生んだ偉人、宮沢賢治や彼の小説をモチーフにしたものが目立ちますが、みちのくの伝統を残すものから、斬新なアイディアが入ったものまで幅広いお土産の選択があります。ぜひ素敵なお土産を探しに花巻に行ってみましょう。

花巻 お土産