飛騨牛尽くしの二日間!飛騨高山でグルメ旅をしてきました。

飛騨高山 グルメ

旅行の楽しみの一つでもあるグルメ。せっかく訪れたからには、その土地のおいしいグルメを食べ逃したくないですよね。そこでGWに飛騨高山を訪れた際のとっておきの飛騨牛グルメをご紹介したいと思います。

今回の記事では、せっかくだから飛騨牛の美味しい場所ということですので、食事はすべて飛騨牛にしました。ぜひ参考にしてください。

飛騨牛尽くしの二日間!飛騨高山でグルメ旅

飛騨高山のグルメ旅①「白川郷でのランチ しらおぎ」

飛騨高山 グルメしらおぎ

ランチは、白川郷の中にある定食屋「しらおぎ」さんで5等級飛騨牛使用の、朴葉焼き定食を食べました。この地域では、自家製の味噌をネギなどの薬味と混ぜ、山菜などと絡めて朴の葉の上にのせて焼く朴葉味噌という郷土料理があります。

これをご飯のお供として食べるそうなんですが、最近ではこの朴葉味噌の上にお肉やお魚を載せて焼いて食べる朴葉焼き定食を観光客に提供するようになりました。

味噌の味は結構濃厚で塩気が強いので、飛騨牛とお野菜によく合い、白いご飯がとても進みました。この定食は2,500円と少々リッチですが、払う価値十分にあります。ちなみに、しらおぎさんでは、イワナ料理もたくさんありますよ。

飛騨高山のグルメ旅②「飛騨古川 スペランツァホテル」

飛騨高山 グルメ ホテル ディナー

この飛騨牛尽くしの旅をするに当たり一番正解だったのが、このホテルに泊まったことだと思っています。何故かといいますと、2日目の高山でも飛騨牛のにぎりやステーキなど食べられるお店がたくさんありますが、どこもすごい行列で見るだけでうんざりしました。

ホテルでほとんどの飛騨牛料理を食べることが出来ていたので、行列には並ばずに済みました。「このお店でどうしても食べたい!」というこだわりがあるなら、並ぶしかないのです。

まずホテルに入って目に入るのは、ドドーンとでかい生肉の塊。ガラスのショーケースに入って、フロントに並んでいます。自家牧場を所有していて、飛騨牛の直接仕入れが可能なのだとか。とっても新鮮でおいしい肉が食べられる証です。

私が予約した宿泊プランの夕食は、サーロインステーキに始まり、しゃぶしゃぶ、にぎり、等々もうほんとにすべての肉料理を、飛騨牛で堪能したのではないかという感じがしました。

ボリュームがすごいので、近くのテーブルに座っていた女性の方が、「もうほんとにお腹いっぱいで食べられる気がしないので、終わりでいいです。」と、ギブアップしているくらいでした。

飛騨牛でお腹がはち切れそうになるって、幸せです。

飛騨牛のしゃぶしゃぶ

飛騨高山 グルメ しゃぶしゃぶ

飛騨牛のにぎり

飛騨高山 グルメにぎり

ホテルでの朝食「飛騨牛の朴葉焼き」

飛騨高山 グルメ 朝食

飛騨高山のグルメ旅③「高山での飛騨牛カレー」

飛騨牛グルメカレー天狗総本店

高山でグルメ旅最後の食事をとりましたが、もうここまで来たら締めも飛騨牛でということになりました。最後に食べたのは、飛騨牛カレー。飛騨牛食べるならやっぱりステーキやにぎりなどお肉本来の味が楽しめる食べ方が人気のようで、そういうメニューのお店はお昼前から混んでいました。

その点、飛騨牛をカレーで食べるなんてちょっと贅沢だし、もったいないなということもあるのか、飛騨牛カレーのお店は空いていて、とても穴場スポットでした。

飛騨牛カレー

その飛騨牛カレーのお店が、「飛騨牛カレーハウス 天狗総本店」です。老舗の精肉店のカレーハウスで、じっくり煮込まれた飛騨牛がゴロゴロとたくさん入っており、とっても柔らかくて美味しすぎました。

こじんまりとした大人な雰囲気のお店で、ゆっくり落ち着いて食事が出来ました。グルメ旅、最後の食事も大当たりです。

飛騨高山のグルメ旅④「箸休め編」

さて、飛騨牛づくしということで、たくさんの飛騨牛グルメを紹介してきましたが、やっぱり飛騨牛を本当に楽しむためにも、箸休めが必要です。ということで、飛騨高山で食べた、飛騨牛づくしの箸休めグルメも紹介します。

宮川朝市

宮川朝市

まずは高山でも有名な宮川朝市です。旅行を決めるまで、この朝市知らなかったのですが、結構有名みたいです。なんと朝の6時半から。結構人がいましたが、お土産もたくさん買えましたし、食べ歩きもできるので楽しかったです。

いろいろなお店が、商店街から出張してこの時間帯に出店しているのですが、まず気になったのが、玉天という食べ物。和菓子なんですが見た目は卵焼きにしか見えない。どんな味か気になって買ってみました。

食べてびっくりふわっふわで軽く、そして甘い。生まれて初めての食感でびっくりしました。とにかく軽いので、ペロリと食べてしまいました。

そのほかにもプリンを食べ歩き出来たり、朝市なのでもちろんお野菜や果物も売られていたりしました。活気ある朝市で、朝早くても眠気が吹き飛びました。地元の方々のパワーがみなぎる朝市でした

和菓子屋、高山林盛堂の玉天

玉天

高山プリン

高山プリン

高山の古い町並みは、おしゃれな雑貨屋さんにはもちろんですが、おしゃれな甘味処もたくさんあります。人も多くたくさん歩くので、ちょっと疲れた時の休憩タイムに立ち寄りたいですね。たくさん甘味処はありますが、大野屋さんに立ち寄りました。

ぜんざい

ぜんざい

抹茶ぜんざいを頼んだのですが、上品な味わいで飛騨牛の箸休めにぴったりな感じがしました。暖簾がなんともいえない味をだしています。内装も器もおしゃれで癒されました。

まとめ

いかがでしたでしょうか。このグルメ旅で飛騨牛ばかり食べたので、帰宅途中はしばらく牛肉はいらないかなと思えるくらい満足しました。もちろん、途中で食べた箸休めグルメもとても美味しかったです。

飛騨高山に訪れる際にはぜひ参考にしてみてください。満足すること間違いなしです。

飛騨高山 グルメ