一人暮らしの食費はどのくらい?今すぐ実践できる節約術とは

一人暮らし 食費

一人暮らしの食費にかかる平均はどの程度なのだろう…と気になっていませんでしょうか。自分が毎月使う食費は他の人よりも使いすぎなのかどうか気になりますよね。

また、一人暮らしの場合であれば、自炊した方が安いのか、お店に食べに行った方が安いのかどうかも気になると思います。

今回の記事では、一人暮らしにかかる食費の平均を紹介しています。食費に関する口コミも記載しているので、ぜひ参考にして下さい。

1.私自身の一人暮らしでかかる食費に関して

一人暮らし食費

1-1 私自身の一人暮らしの食費は約48,000円

一人暮らしにかかる食費の費用に関して、私自身の食費をおおよその数字ですが計算してみました。28歳のサラリーマン(独身)男性の場合の一人暮らしでかかる食費の例として参考にしてください。

私自身の平日にかかる一人暮らしの食費

朝食

コンビニおにぎり:120円
お茶:150円
(毎日の決まった物を買う)

ランチ

約600円
(550円のお弁当か500円ランチ)+(飲み物)

夕食

約800円
(基本的にお弁当)

合計
1670×5日×4週=33400円

私自身の土日にかかる一人暮らしの食費

朝食

なし

ランチ

1,000円
(少し贅沢することが多い)

夕食

約800円
(基本的にお弁当)

合計
1800円×2日×4週=14,400円

平日と土日の食費を合わせると、約48,000円程度です。飲み会に行った時の出費に関しては考慮していません。おおよその計算になるので、もう少し食費にかけているかもしれません。

2.大学生や社会人でかかる一人暮らしの食費まとめ

2-1 大学生の一人暮らしの食費は約24,480円

全国大学生活協同組合連合会は、大学生の生活を実態調査した結果、一人暮らしの大学生の食費平均額は約24,480円だそうです。大学生の食費を節約する特権としては、学食にありつけることです。

大学生であれば、サークルや飲み会などの付き合いで出費が多くなってしまう方も多いそうです。

大学生、一人暮らしの食費に関する口コミ

2-2 社会人の一人暮らしにかかる食費は約37,000円

総務省統計局によるアンケート結果によると、一人暮らしの社会人の1ヶ月の平均食費は約37,000円だそうです。やはり、大学生と比べると生活費にかける出費は大きく変化します。

社会人の交際費で使うお金は、約5,000~15,000円程度だそうです。

社会人、一人暮らしの食費に関する口コミ

2-3 収入や家賃から一人暮らしの食費を調査

収入で一人暮らしの食費の目安を見る場合は、約15~18%程度を目安にすると良いでしょう。手取りで20万円であれば、3万円程度になります。

一人暮らしにかかる食費を家賃から調べてみた結果であれば、だいたい家賃の3分の1+3000円程度が食費の平均でした。

どのように調査したのかは、様々なサイトを参考にしたのももちろんですが、自分自身の友人5人に家賃と食費を聞いて計算してみました。

例えば、家賃が90,000円の場所に住める収入があるのであれば、約33,000円程度がちょうど良い食費です。60,000円の場所に住んでいるのであれば、約23,000円の食費ということになります。

こちらの目安は、あくまで個人的な調査結果によるものになります。

収入目安に関する口コミ

3.一人暮らしの食費を節約する5つの方法

3-1 生活費の総支出を計算する

一人暮らしの食費を節約する前に、まずは自分自身の1ヶ月にかかっている生活費を把握しましょう。食費を節約するのも良いですが、生活費の中でも水道代や電気代、携帯代、生活用品など、節約できる部分があるかもしれません。

生活費を簡単に計算できるサイト
http://seikatsuhi.com/hitorigurashi.html

3-2 夕飯のおかずでお弁当も作る

一人暮らしの食費を節約するには、自炊をすることが必要です。夕飯で作ったおかずを少しアレンジして、お弁当を作ると良いでしょう。

夕飯のおかずでお弁当を作った場合、約500円程度のお昼代を浮かせることができるので、平日の1ヶ月で計算すると10,000円近く節約することができます。

3-3 安いスーパーを見つける

一人暮らしの食費を節約するには、安い食材が手に入るスーパーを見つけることも大切です。安いスーパーを見つけたら、コストパフォーマンスの高い食材を用意しましょう。

食費節約食材「パスタ」

パスタはお米よりも値段が安いので、主食にするにはおすすめです。安いスパゲッティであれば、500gのパスタを200円程度で購入することができます。

食費節約食材「豆腐」

豆腐も栄養価が高く、コストパフォーマンスに優れている食材のひとつです。300gを50円程度で売っているスーパーもたくさんあります。

食費節約食材「もやし」

もやしは食費節約に欠かせない食材です。一袋20円程度で買うことができ、もやし炒めでおかずが一品できます。

食費節約食材「玉ねぎ」

玉ねぎもコストパフォーマンスの高い食材の一つであり、野菜炒めなどにはおすすめの食材です。1個40円程度で手に入ります。

食費節約食材「鶏胸肉」

たんぱく質を安く取り入れたい場合であれば、鶏胸肉がおすすめです。100gあたり70円程度て購入できます。

また、遅い時間にスーパーで買い物をするのもおすすめです。値引きしてあるので、安く食材が手に入るかもしれません。

3-4 コンビニでは買わない

一人暮らしの食費を節約するためには、コンビニ利用は控えましょう。コンビニで販売している商品は、ほとんど定価の値段で売られているのでスーパーで買うよりも高いです。

コンビニはどこにでもあるのでついつい買ってしまいますが、何度も利用してしまうと気づかないうちに出費も多くなってしまいます。

3-5 飲み物は持っていこう

一人暮らしの食費を節約する方法として、飲み物を持参するのはおすすめです。麦茶などのティーパックで作ったものを水筒に入れて持っていけば、毎日の飲み物代を節約することができます。

4.一人暮らしの食費に関する口コミまとめ

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。一人暮らしの食費は大学生であれば約24.480円、社会人であれば約37,000円です。また、一人暮らしの食費を節約する方法はたくさんあります。ぜひ、すぐできることから初めていただき、食費を節約して楽しい旅行などに使ってください。

一人暮らし 食費