【学生必見】友達の作り方には知ってほしい3つのコツがある

友達が欲しいけれど、どうやったら友達は出来るのだろう…と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。友達というのは自然とできることが多いと思いますが、なかなかできない場合、作り方に関して悩んでしまいますよね。

今回の記事では、友達が欲しいと考えている方に向けて、知ってほしい友達の作り方のコツを紹介します。そして、友達ができたら旅行に行きましょう。友達との旅行は本当に楽しいので、ぜひ参考にして下さい。

1.友達の作り方の基本はコレ!知ってほしい3つのコツ

友達 作り方

1-1 基本中の基本!自分から声をかける努力をしよう

基本中の基本ですが、友達を作りたいと考えている人であれば、自分から声をかける努力はしましょう。「話しかけてくれるだろう」と受け身になっていたら、声をかけてくれるまで友達はできません。

また、日本人は受け身の姿勢の方が多いので、失礼なく話しかければ気軽に答えてくれるでしょう。コミニュケーションは自分から取りに行かないと、相手から話しかけてもらってからじゃないと始まりません。

会話のきっかけが相手次第になってしまうのはよくありません。

もちろん、初対面でいきなり馴れ馴れしくしてはいけません。人と深く仲良くなるためには時間がある程度必要となりますので、初めは質問をするのが自然だと思います。

例えば、クラス替えをした時であれば「前はどこのクラスだった?」や「どこから通ってるの?」など、何気ない会話できっかけとしては十分です。

1-2 自分を知ってもらうことが必要

友達を作るためには、まずは自分をさらけ出す、知ってもらうことが大切です。自分のことを隠し、さらけ出さずに表面的な付き合いをしていると、相手も心を開いていないことがわかってしまいます。

もちろん、全て自分のことをさらけ出す必要はありません。言いたくないこともあると思いますので、相手に合わせた都合の良い嘘をつくのではなく、自分の好きなことや嫌いなことなど、自分の意見をしっかりと言いましょう。

友達を作るには、その人と向き合うことが大切です。自分の弱い部分を見せることによって、相手も心を開いてくれるかもしれません。

1-3 相手に興味を持つことが大切

友達を作るコツとしては、相手に興味を持つことは大切です。特にそれはリアクションに変化が出るので大切なのです。

興味がない相手に対しては、どうしてもリアクションが無くなってしまいます。また、興味を持とうとしていない姿勢がそうさせてしまいます。

例えば、興味がある相手に対しては笑顔であったり、目を見て話を聞いたりなど、自然とリアクションに出てきます。

新しく出会う人は、きっと自分と違う考えであったり、知らない趣味を持っていたりします。その人を知ろうとする姿勢や考えることは、友達作りに大切なことです。

2.社会人が実践してほしい友達の作り方

社会人の方に実践してほしい友達の作り方は、共通の趣味を持つ人に会うことが大切です。例えば、料理サークルやフットサルサークルなど、自分と共通の趣味を持つ人と出会えるかもしれません。

ボランティアなどに参加してみるのも良いでしょう。もちろん地域のためになるということだけでなく、参加者同士で仲良くなることもよくあります。

また、今では遠方の知らない人同士でも手軽に繋がることができるSNSなどがあります。掲示板などに○○な趣味の方募集!などと呼びかけてみるのも良いでしょう。

3.学生が参考にしてほしい友達の作り方

学生さんが実践してほしい友達の作り方としては、何でもいいのでサークルや部活に入ることが大切です。やはり、部活やサークルなどの好きなことを共有できる場所は友達作りのきっかけの場所に最適です。

学校外で習い事をするのもおすすめです。例えば、音楽が好きであれば、高校生や大学生でも入れるエレキベース教室やダンス教室、武道など、色々あります。

また、アルバイトを始めるのも出会いのきっかけとしておすすめです。一緒に仕事をこなすと自然と仲良くなることが出来ます。

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。友達を作るには、相手に興味を持ち、自分の考えや意見を伝えることが大切です。また、社会人や学生の方であれば、新しい趣味を持つ人と会うことが大切です。

ぜひ、この機会に友達を作っていただき、一緒に旅行へ行っていただければと思います。