松島のおすすめお菓子はコレ!買いたい人気のお土産特集20選

松島 お土産

日本の東北地方、宮城県の沿岸地域中部に所在する松島を観光した後、お土産はどうしようと考えていませんでしょうか。宮城には名物の甘いお菓子や食べ物がたくさんあります。

今回の記事では、おすすめのお菓子や雑貨などを紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.名物のお菓子!松島で買いたいお土産5選

1-1 ずんだ餅(甘仙堂)

値段

10個 1188円など

枝豆をつぶした「ずんだ」は東北の名物で様々な料理やスイーツに用いられますが、「ずんだ餅」はポピュラーで、お土産に買い求める人も多い一品です。

「甘仙堂」は「ゆべし」で有名ですが、「ずんだ餅」も広く販売しています。優しく香り高いずんだ餡が柔らかな餅に絡んで、懐かしくも新しい味です。持ち帰り用は冷凍なので鮮度が落ちることもありません。

ずんだ餅の紹介ページ

1-2 かもめの玉子(さいとう製菓)

値段

4個453円

20個2268円など

東北を代表する銘菓といえば「かもめの玉子」でしょう。しっとりほくほくの黄味餡をカステラ生地とホワイトチョコで包んだ洋風のお菓子で、食べ応えも十分です。

小さなサイズの「ミニかもめの玉子」や「黄金かもめの玉子」「紅白かもめの玉子」そして「季節限定のかもめの玉子」など、多くのバージョンがあり選ぶのも楽しめます。

かもめの玉子の紹介ページ

1-3 まつしま(勝新堂)

値段

1個160円

「勝新堂」は明治37年創業の老舗で、製品のほとんどを丁寧に手作りしている店です。「まつしま」は洋風バター生地の中にこし餡とクリームチーズを二層に入れたもので、地元松島の特産品に認定されています。

お菓子の名前も「まつしま」で、松島土産にはまさにぴったりの一品です。

まつしまの紹介ページ

1-4 カキとコメと

値段

6枚1750円

「エムパントリー」では地元食材を使い、新しい発想でプロデュースされたものを販売しています。「カキとコメと」も宮城県産の牡蠣と宮城県産のひとめぼれ米粉を使っています。

パリパリのせんべいをかじれば、凝縮された牡蠣の旨味が口中に広がります。三陸の香りを是非どうぞ。

カキとコメとの紹介ページ

1-5 青まる(菓匠三全)

値段

5個 760円

10個 1410円など

「菓匠三全」は有名な「萩の月」などを手がけている菓子製造所です。「青まる」は粒の残った青えんどう豆の餡を抹茶の羊羹で包んだお菓子です。

色合いもきれいで、上品な甘さと抹茶の香りはお茶うけにぴったりです。形も可愛らしく、どなたにも喜ばれるお土産です。

青まるの紹介ページ

2.松島のお土産におすすめの雑貨5選

2-1 てぬぐい(雪竹屋)

値段

1枚 1050円~

「雪竹屋」は手ぬぐい専門店の「かまわぬ」とコラボして、松島に浮かぶ月や鳴子こけしの模様など、宮城らしい模様の手ぬぐいを販売しています。

手ぬぐいはハンカチやタオルの代わりにしたり、タペストリーのように飾ったり工夫次第で色々に使えます。

てぬぐいの紹介ページ

2-2 むすび丸ストラップ

値段

1組 360円

伊達政宗風の兜飾りを付けたおにぎりのキャラクター「むすび丸」は仙台・宮城観光PRキャラクターで、松島でもあちらこちらでお目にかかれます。

関連グッズも多いのですが、ストラップなどは価格も手頃で購入しやすいでしょう。可愛くてユーモラスなむすび丸はもらった人を笑顔にすること請け合いです。

むすび丸ペアストラップ

2-3 オリジナル数珠(円通院)

値段

1000円から

円通院は瑞巌寺の近くにある臨済宗の寺院で、伊達政宗の孫の菩提寺です。円通院ではオリジナルの数珠を作る体験ができます。

プラスチックから天然石まで素材は様々で、選ぶ石によって価格が異なりますが、数珠玉は全て本尊に祈願供養されているので、作るだけで心が安らぎます。自分用や大切な人への良いお土産になりそうです。

オリジナル数珠の紹介ページ

2-4 伊達政宗マグネット

値段

1個650円

戦国時代に東北一帯を治めていた伊達正宗は全国的にも人気の武将で、松島にも関連グッズがいっぱいあります。

これは伊達政宗の立体マグネットで、 足の部分が飛び出しているので、輪ゴムをかけておくことができて便利です。

伊達政宗マグネットの紹介ページ

2-5 竹の箸(松島工芸)

値段

節なし 800円

節あり 1000円

モウソウチクは繁殖力があり厄介者扱いされることが多い竹ですが、それを箸にすると麺もすべらない使い勝手の良いものになります。

竹は木質が密なので塗りを施さなくても使用に耐えるとのことで、この箸は燻しただけのエコ商品、体にも優しい一品です。軽くて使い勝手も良く、お土産にも十分な洗練されたデザインです。

竹の箸の紹介ページ

3.上司や先輩が喜ぶ松島のお土産5選

3-1 牛タン(奥州牛たん本舗)

値段

240g 2700円

牛タンは仙台周辺の名物。味噌漬けやスモークなど色々な味のバリエーションがありますが、やはり定番は塩味。

「奥州牛たん本舗」の牛タンは厚切りで食べ応えも十分。炙って酒のつまみにしたり、ご飯と一緒に食べたり、贅沢な味わいを楽しめます。

牛タンの紹介ページ

3-2 笹かまぼこ(武田)

値段

12個入り 1828円など

笹かまぼこも宮城のお土産として期待されるものの一つでしょう。松島の近く、塩釜の創業80年を誇る「武田」では、石臼で挽いたすり身を使ってこだわりの笹かまぼこを生産しています。

バラエティーパックにはプレーンの他、牛タン、だだちゃ豆、トマトなどバラエティー豊かな味の笹かまぼこが詰め合わされていて、たくさんの味を楽しめます。真空パックなので日持ちがするところも高ポイントです。

笹かまぼこの紹介ページ

3-3 炙り牡蠣(末永海産)

値段

1袋 540円

松島と言えば牡蠣。町でも焼き牡蠣の看板が目立ちます。松島近海で獲れた甘みのある牡蠣を煮たあと炙り、旨みを凝縮させたのがこの「炙り牡蠣」です。

炙りの香ばしさと磯の香りは日本酒のお供はもちろんワインにも合いますので、お酒の好きな方には特に喜ばれるお土産です。

炙り牡蠣の紹介ページ

3-4 日本酒 日高見(平孝酒造)

値段

720ml 1200円など

「平孝酒造」は松島に近い漁業の町・石巻の酒蔵で、創業は幕末の1861年です。「日高見」は柔らかな香りをもつ超辛口のお酒です。

すっきりキレのある清酒で、刺身や焼き魚など魚との相性は抜群です。常温から少し冷えたくらいで飲むのが良いそうです。

日高見の紹介ページ

3-5 生海苔佃煮(アイザワ水産)

値段

1瓶400円

松島一帯は海苔の産地でもあります。「アイザワ水産」では漁場は松島市の矢本と、こだわりを持って海苔の生産を行っているそうです。

この「生海苔佃煮」は酸化防止剤など添加物を使用しておらず、海苔の新鮮さと旨みがダイレクトに味わえる一品です。

生海苔佃煮の紹介ページ

4.ご当地のおすすめのお土産5選

4-1 牡蠣カレーパン(パンセ)

値段

1個300円

「パンセ」はスペイン式の石窯で香ばしいパンを焼いています。数店舗を展開していますが、この「牡蠣カレーパン」は松島店限定の人気商品で、店先に買い求める人の列ができることも珍しくありません。

さくさくもちもちの生地の中にはカレーをまとった牡蠣が丸ごと入っています。他にはなかなかない、松島ならではのカレーパンをお土産におすすめです。

牡蠣カレーパンの紹介ページ

4-2 あかもくパスタ(杉原功商店)

値段

50g×3袋 200円

「あかもく」はミネラル・ビタミン・食物繊維が豊富な海藻です。そのあかもくの粉を配合したのが「あかもくパスタ」で、ネバネバ成分のフコイダンが美味しく、また体にやさしく働きます。

海藻入りなので麺つゆなどと合わせた和風、またはサラダスパとして食べると美味しい品です。

あかもくパスタの紹介ページ

4-3 とうもろこしマドレーヌ(ジュリアン)

値段

1個130円

10個1400円など

「ジュリアン」は地元食材を使って一ひねりした独創的なスイーツで人気の店です。「とうもろこしマドレーヌ」は生食もできるトウモロコシの粉を混ぜて焼いたものです。

米粉の生地なので小麦アレルギーの方にも安心、緑茶にも合います。他にも「ほやマドレーヌ」「うにマドレーヌ」など、東北ならではの変わり種マドレーヌがあります。

とうもろこしマドレーヌの紹介ページ

4-4 松島ビール(松島ブリューイングカンパニー)

値段

飲み比べ3本セット 1380円など

「松島ビール」は宮城県で第一号の地ビールだそうです。ドイツ的なビールにこだわり、ドイツの醸造設備、製法で作られています。

主原料の麦芽やホップもドイツからの輸入品です。本格的なビールは必ずやビール好きに歓迎されることでしょう。

松島ビールの紹介ページ

4-5 松島こうれん(紅連屋)

値段

10袋(20枚)1450円

28袋(56枚)3900円など

「松島こうれん」は軽い口当たりの甘みのあるせんべいです。「紅連屋」の商品はこの「松島こうれん」のみで、鎌倉時代末期から一子相伝で23代にわたって受け継がれてきた味です。

宮城県産のササニシキに砂糖と塩を加えた生地を、一枚ずつ手焼きしています。砂糖の種類により3つのバリエーションがあります。

松島こうれんの紹介ページ

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。松島で買いたいお土産20選でした。おすすめの名物お菓子や雑貨、ご当地グッズなどを紹介しましたので、ぜひ参考にしてください。

松島 お土産