水戸のお土産特集20選!代表する人気のお菓子や銘菓を紹介

水戸 お土産

茨城県の中心部に位置する県庁所在地でもある水戸に訪れた後、お土産はどうしようと悩んでいませんでしょうか。水戸には、人気の日本庭園偕楽園や日本三大稲荷に数えられる笠間稲荷神社など、魅力的な観光スポットがたくさんあります。

今回の記事では、水戸に来たら買いたいおすすめのお土産を20選紹介しています。美味しい人気のお菓子ですので、ぜひ参考にして下さい。

1.水戸の定番お土産、人気のお菓子10選

1-1 水戸の梅(あさ川)

値段

8個 864円など

「水戸の梅」は白餡の入った求肥を紫蘇の葉で包んだ、水戸を代表するお菓子です。紫蘇の香りとほのかな酸味が餡の甘さを引き立て、お茶うけにはこの上ないお土産です。

昔から愛されている「水戸の梅」は水戸土産の定番中の定番です。

水戸の梅の紹介ページ

1-2 大みか饅頭(運平堂本店)

値段

3個 280円など

「大みか饅頭」は、大和芋をすりおろして米粉を加えた皮で餡を包んだ、かるかん饅頭に似ているお菓子です。中の小豆餡は甘すぎず、上品な味のお土産です。

小さく見えても案外ボリュームがあり、小腹が満たされると喜ばれることでしょう。

大みか饅頭の紹介ページ

1-3 おみたまプリン(Yamanishi Syouten)

値段

6個 3090円など

「おみたまプリン」は濃厚な高級プリンです。ミルクと卵、メープルシュガーなど材料を厳選して作られています。メープルの奥深い香りと平飼い鶏の卵の濃い味は、普通のプリンとは一線を画すものです。

ちょっと値は張りますが、大切な方へのお土産としてどうぞ。ちなみに、おみたまプリンには陶器入り、2個1万円というバージョンもあります。

おみたまプリンの紹介ページ

1-4 レアチーズタルト(森のシェーブル館)

値段

プレーンタルト

1個220円

6個1320円など

「森のシェーブル館」は牛乳やヤギ乳を使ってチーズを手作りしている工房です。そこで生産されたフレッシュチーズを使った「レアチーズタルト」は、コクと爽やかな風味でお土産に人気の品です。

季節ごとのタルトも販売されるので、訪ねる時期により色々なバリエーションが楽しめます。

レアチーズタルトの紹介ページ

1-5 ほっし~も(お菓子のきくち)

値段

1個120円

5個680円など

「ほっし~も」は全国一の生産量を誇る茨城県産の干し芋をパイに仕立てたお菓子です。乾燥して堅い芋を餡にする難しさがあったそうですが、苦労の末生み出された餡はほのかにリンゴの酸味をまとった自然な甘さに仕上がりました。香ばしいパイ生地も美味で、何個でも食べたくなるスイーツのお土産です。

ほっし〜もの紹介ページ

1-6 みやびの梅(亀印本舗)

値段

6個1425円など

「みやびの梅」は、蜜漬けした青梅を白あんと求肥で包んだ、デリケートな味わいのお菓子です。

餡の甘さと梅の爽やかさが同居した水戸らしい一品で、第20回全国菓子博名誉総裁賞を受賞しています。特に年配の方に喜ばれるお土産です。

みやびの梅の紹介ページ

1-7 黄門さまの印籠焼(印籠焼本舗 光月堂)

値段

6個 750円など

「黄門様」として親しまれている徳川光圀公は水戸のシンボルです。時代劇の中では葵紋の印籠を取り出すシーンが印象的ですが、その印籠をかたどった人形焼きが「黄門さまの印籠焼」です。

生地は水を使わず、県内産の卵だけで練っているのでふかふかです。餡は定番のこしあん、栗あんのほかに巨峰あん、梅あんなどの季節限定、ご当地バージョンもあり、お土産におすすめです。

黄門さまの印籠焼の紹介ページ

1-8 吉原殿中(井熊総本家)

値段

5本432円

12本1080円など

「井熊総本家」は創業明治23年、100年余りの歴史を誇る老舗です。「吉原殿中」は水戸藩の奥女中・吉原が作らせたといわれるお菓子です。

餅米に水飴を加え、炒ったきな粉をまぶしたもので、御家宝と呼ばれるものに近い味と食感です。素朴ながらふわふわサクサクの食感ときな粉の風味が親しみやすいお土産です。

吉原殿中の紹介ページ

1-9 素焼きおかき(鍵林)

値段

1袋 324円

「鍵林」の「素焼きおかき」は米と海苔だけで作り上げており、塩や醤油は使われていません。一口かじれば、米と青のりのダイレクトな風味が広がりお土産にぴったり。

マヨネーズ、七味醤油など好みの味を足して個人仕様にすることもできます。シンプルなだけに色々にアレンジできる面白いせんべいです。

素焼きおかきの紹介ページ

1-10 水戸小梅(但馬屋)

値段

1袋 432円

「但馬屋」は創業80年、ピーナッツやアーモンドを使って色々な種類の豆菓子を製造しています。この「水戸小梅」は梅風味の薄塩味で、中はピーナッツです。

サクッとした薄い衣の中には香ばしいピーナッツ、食べ始めたら止まらない美味しさです。お土産にはもってこいの品です。

水戸小梅の紹介ページ

2.こんなお土産もおすすめ!水戸の雑貨5選

2-1 ぐでたま黄門様

値段

1個 648円

水戸には黄門様グッズがたくさんあります。これはぐでたまが黄門さまに扮したストラップ。白髪眉毛に白い髭、葵の御紋の印籠と、なかなか細かいところにまでこだわった雑貨ですのでお土産におすすめ。

「おみやげやプラム水戸」などで購入することができます。

ぐでたま黄門様の紹介ページ

2-2 笠間焼

値段

茨城県の笠間は関東の一大陶器の産地です。若い作家も増え、現代的で実用的、しかもリーズナブルなものがたくさん生産されています。

用途に合わせて選択の幅も広く、まとめ買いしたくなるものも多数あります。是非、目を向けてもらいたい伝統工芸です。

笠間焼の紹介ページ

2-3 繭工芸品(市村まゆ工房)

値段

帽子 10000円など

「市村まゆ工房」の製品は絹糸ではなく、繭をそのまま利用しているところがとてもユニークです。繭玉を切り開いて染め、それを縫い合わせて帽子や小物などに仕立てています。

軽くて、冬は温かく夏は涼しいという繭の特性を生かした製品はリピーターも多いそうです。手洗いもできるとのこと、一ついかがでしょうか。

繭工芸品の紹介ページ

2-4 結城つむぎショール(奥順)

値段

1本 19440円など

結城紬は茨城県が誇る伝統的な絹織物です。着物を着る人が少なくなった現代でもその技術は色々なところに応用されています。

「奥順」のショールは結城紬の織り方を生かし、光の加減で色合いが違って見えるものです。使い込むと経年変化により、また違った表情が見えて来るという、長く使える価値ある一品です。

結城つむぎショールの紹介ページ

2-5 ねば~る君キーホルダー

値段

1個600円

ねば~る君は、父が大豆、母が納豆菌という設定の納豆の妖精です。非公認キャラクターですが、水戸市内のあちらこちらで納豆の普及に一役かっています。

このキーホルダーはゴム製で、ぷにゅぷにゅして不思議な感触です。他にもコースター、缶バッチ、タオル、ぬいぐるみなどたくさんのねば~る君グッズがありますので探してみてください。

ねば〜るキーホルダーの紹介ページ

3.水戸だからこそ買いたいご当地のお土産5選

3-1 納豆ようかん(天狗納豆)

値段

1本 648円

「天狗納豆」の「納豆ようかん」は、水戸名物の納豆を羊羹に入れるという斬新さがお土産としても面白い一品です。

口に含むとほのかな納豆の香りはしますが、普通の小豆も入っているので意外と違和感なく食べられます。話題性抜群、家族や職場で切り分け、楽しく食べたいものです。

納豆ようかんの紹介ページ

3-2 アイラブいばらきがんばっぺサイダー(ケーフーズ生田目)

値段

1本 216円

2011年の東日本大震災では、茨城県も沿岸部を中心に大きな被害がありました。このサイダーのラベルには茨城県下の全市町村の名前が印刷してあり、震災に負けず頑張ろうという茨城の決意を表しています。

購入して美味しく飲むことで茨城を応援する気持ちが伝えられるお土産です。

アイラブいばらきがんばっぺサイダーの紹介ページ

3-3 メロンカレー(磯山商事)

値段

1箱 500円

茨城特産のメロンと、県の銘柄豚である「ローズポーク」をマッチさせたカレーです。メロンを使うことでカレーがまろやかな味になり、熟メロンと直火焼の肉の香りがルーの中で溶け合い食欲をそそります。

大きさや手段も手頃で、県自慢の食材が入ったご当地カレーとしてお土産にも嬉しい一品です。

メロンカレーの紹介ページ

3-4 ローズポーク製品(肉のイイジマ)

値段

660g 3980円

1800g 5980円など

「ローズポーク」は、生産者も飼養管理の内容もはっきりしている茨城県のブランド肉です。安全、安心な上に柔らかくてとても美味しく、お土産に喜ばれるでしょう。

茨城県の県の花であるバラにちなんで名付けられているそうです。肉のイイジマは昭和38年の創業、マイスターが美味しさを追求している加工品は折り紙付きの味です。

ローズポーク製品の紹介ページ

3-5 百年梅酒(明利酒類)

値段

720ml 1543円

1800ml 5980円など

江戸時代末期の創業の老舗蔵元「明利酒類」が製造する「百年梅酒」は数々の賞を受賞している評判の高い梅酒です。ブランデーとはちみつを加えて仕上げをしており、口に含めば芳醇で厚みのある味わいが広がります。

「百年梅酒」には数種類のバージョンがあり、梅のピューレーを加えたとろりとした梅酒などもありますので、お好みのタイプを選んでお土産にどうぞ。

百年梅酒の紹介ページ

4.まとめ

いかがでしたでしょうか。水戸で買いたいおすすめのお土産を厳選して紹介しました。人気のお菓子や雑貨、ご当地グッズを記載しているので参考にして下さい。

水戸 お土産