東武ワールドスクウェアを観光!体験者が語るおすすめスポット

東部ワールドスクエア

日光市といえば、日光江戸村や日光東照宮が有名ですが、東武ワールドスクウェアを知らない方も多いのではないでしょうか。東武ワールドスクウェアは、栃木県日光市にある大人気のおすすめ観光スポットです。

実は東武ワールドスクウェアは、じゃらんの日光市の観光スポットランキングであり、上位に入るほどに人気があります。

今回の記事では、世界一周旅行のような体験ができる、東武ワールドスクウェアを実際に体験した様子を紹介しています。ぜひ参考にしてください。

目次


1.東武ワールドスクウェアを観光!おすすめ見どころスポット

1-1 ミニチュアのリアルなスカイツリー

東部ワールドスクエア

東武ワールドスクウェアでは、25分の1の縮尺で再現された102点もの歴史的建造物を見ることができます。ミニチュアと侮るなかれ、大きさは大人の身長を優に超えており、近くで見るとその精巧さに驚くことでしょう。

パークに入るとまず目に飛び込んできたのは、堂々とそびえ立つ日本人馴染みの「スカイツリー」です。その大きさに驚きの声をあげている人もいました。

634mの25分の1なので約26m。最早ミニチュアの域を超えています。

1-2 ウェストミンスター宮殿

東部ワールドスクエア

東武ワールドスクウェアには、6つのゾーンがあります。入り口から入ってくるっと1周、反時計回りに見ていくことができ、現代日本ゾーン、アメリカゾーン、エジプトゾーン、ヨーロッパゾーン、アジアゾーン、日本ゾーンに分かれています。

1-3 まるで本物の東京駅

東部ワールドスクエア

現代日本ゾーンには東京駅があり、駅だけでなく東北新幹線や中央線までも再現されています。なんとこの模型の新幹線、動くことができます。駅のアナウンスも流れているので、ついついじっと見つめてしまいました。

アメリカゾーンではホワイトハウスやワールドトレードセンターを見ることができます。もちろん自由の女神も精巧に再現されており、地面には自由の女神の実寸大足跡が描かれているので、自分の足と比べてみると面白いです。

1-4 小さなピラミッド

東部ワールドスクエア

アメリカゾーンを過ぎると今度はエジプトゾーンがあります。残念ながら私が行ったときは小雨で、傘を差しながらの観光となりましたが、雨に濡れる幻想的なピラミッドを見ることができました。

1-5 アジアゾーンにある高雄龍虎塔

東部ワールドスクエア

こちらはアジアゾーンにある高雄龍虎塔です。周りが大きな池で囲まれていて、湖畔にそびえる様子が実に忠実に再現されています。

アンコールワットやタージ・マハルなど、世界遺産に登録されている建造物も数多くあり、それを上からのぞき込む自分はまるで巨人にでもなったかのような気分でした。

1-6 歴史的建築物がたくさんのヨーロッパゾーン

東部ワールドスクエア

どのゾーンも魅力的ですが、数々のお城や聖堂が並ぶヨーロッパゾーンは、東武ワールドスクウェアの中でもおすすめしたいエリアです。

サン・ピエトロ大聖堂の模型はぜひ、腰を下ろし、低い視線で見てください。そこからカメラを構えることで、本物のように撮ることができます。

天気がいい日はもっと素敵な写真が撮れそうですが、生憎の曇り空でした。

1-7 建設途中も再現!サクラダファミリア

東部ワールドスクエア

このヨーロッパゾーンには誰もが知っているであろう、サグラダ・ファミリアの模型があります。今現在も建設途中であることを精巧に再現しており、本物さながらです。

上には4本の塔があり、実物でそれをじっくりと眺めることは難しいですが、東武ワールドスクウェアなら間近でその彫刻を見ることができます。

向かって一番右の塔に誰かいるようなので、ぜひそれは自分の目で確かめてみてください。

2.東武ワールドスクウェアでSNS映えする写真を撮ろう

東部ワールドスクエア

東武ワールドスクウェアに行ったら、ぜひカメラ片手にパーク内を周ることをおすすめします。もちろんスマホなどのカメラでも構いません。

東武ワールドスクウェアにある102点の歴史的建造物は、世界の建造物に興味がない人でも、メディアで見たことがあるというような有名なものばかりです。

カメラを上手く使えばまるで本物のように撮ることができるので、SNS映えする写真を撮って楽しんでみてはいかがでしょうか。

2-1 トリックアートのような写真も撮れる

東部ワールドスクエア

ミニチュアならではのトリック写真を撮ることもできます。手のひらに乗せたような写真や、建造物をつまんだような写真を、ついついたくさん撮ってしまいました。

ヨーロッパエリアには、斜めに傾いていることで知られるピサの斜塔の模型があります。遠近法を使って、斜塔を支えているような写真を撮っている親子連れがいて、とても楽しそうでした。

2-2 写真が苦手な方でも大丈夫!プロのカメラマンがいる

東部ワールドスクエア

写真を撮るのが苦手という方も安心してください。パーク内にはプロのカメラマンがおすすめするフォトスポットというものがあります。

看板が立っていて分かりやすいので、見つけたらそこから撮影してみてください。きっと素敵な写真が撮れるはずです。

2-3 東武ワールドスクウェアに住む身長7cmの観察

東部ワールドスクエア

東武ワールドスクウェアでは建造物だけでなく、建造物を訪れる人々も再現されています。その身長は約7cm、パーク内に14万人ほどいるそうです。この小さな住人をよーく見てください。

写真はアジアゾーンの万里の長城にいる、三蔵法師御一行。「見つけたー!」とつい声を上げて盛り上がってしまいました。この感覚、子供の頃にやった「ウォーリーをさがせ!」によく似ています。

子供も大人も一緒になって、誰が一番先に見つけられるか競い合ってみるのも楽しそうですね。バットマンやマリリン・モンロー、水戸黄門、カールおじさんなどなど、たくさんの有名人が隠れているのでぜひ探してみてください。

3.絶対に食べたい!東武ワールドスクウェアのアレンジ料理

栃木日光といえば湯波が有名ですが、京都は「湯葉」、日光は「湯波」と書くのをご存知でしょうか。日光湯波は膜を二重にして引き上げているので厚みがあり、とろとろとした中にもしっかりと食感があるのが特徴です。

東武ワールドスクウェアには、この日光湯波を使ったアレンジ料理があります。ブレイクタイムにおすすめの、ここでしか味わえないアレンジ料理を2つ紹介します。

3-1 東武ワールドスクウェア名物「湯波あんかけたこやき」

東部ワールドスクエア

たこやきに甘しょっぱい湯波のあんかけ、これが実は癖になる美味しさ。このあんかけ湯波だけを食べても美味しいんですが、ぜひたこやきと一緒に口に含んでみてください。湯波の大豆の風味がたこやきとベストマッチしていて、ぺろりと平らげてしまいました。

湯波あんかけたこやきは、東武ワールドスクウェア内エジプトエリアの少し奥、ヨーロッパゾーンの手前にある「すふぃんくす」で食べることができます。価格も500円とお手頃でした。

3-2 東武ワールドスクウェア名物「日光湯波入りドーナツ」

東部ワールドスクエア

なんと湯波がドーナツに!東武ワールドスクウェアに行ったらぜひ、この湯波入りドーナツも食べてみてください。湯波の風味が感じられる優しい味のドーナツでした。

カップルには、とちおとめドーナツと湯波ドーナツが輪っかになった「縁結びドーナツ」がおすすめです。ふたりで仲良く分け合って食べてみてはいかがでしょうか。

湯波入りドーナツは1個150円、縁結びドーナツは350円です。東武ワールドスクウェアの入口にある「カーニバル」とエジプトエリアの「すふぃんくす」で買うことができます。

4.東武ワールドスクウェアの観光基本情報

東武ワールドスクウェア駅の完成でアクセスも良好に2017年7月に東武ワールドスクウェア駅が開業しました。

この駅は東武ワールドスクウェアのメインゲートへ徒歩1分のところにあり、鉄道を利用したパークへのアクセスに大変便利です。

SL列車「大樹」も停車するので、パーク観光の際は併せて利用するのがおすすめ。もちろんパークには駐車場もあるので車でのアクセスもOKです。

4-1 東武ワールドスクウェアの観光所要時間

東武ワールドスクウェアの観光所要時間は2時間程度です。見るだけではなく、写真撮影を楽しむとあっという間に時間が過ぎてしまっていました。

東武ワールドスクウェアの営業時間は夏季は9時から17時、冬季は9時30分から16時までになっています。入園は閉園時間の1時間前までなので遅くなりすぎないように注意しましょう。

4-2 前売り券を使ってお得に楽しもう

東武ワールドスクウェアの当日券は大人2800円、子供は半額の1400円ですが、前売り券は大人2500円、子供1200円です。

観光地への旅行はあらかじめ予定が決まっていることが多いはずなので、前売り券を購入するのがおすすめです。近くのコンビニや、鬼怒川・川治温泉の主なホテルなどで簡単に購入することができます。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。国内にいながら世界旅行を楽しめる東武ワールドスクウェアは、おすすめ観光スポットです。また、行ってみたら意外と面白かったという声が多い観光スポットでもあります。

世界中を旅して歴史的建造物を見る、そんなこと現実ではなかなか難しいですが、東武ワールドスクウェアではその気分を味わうことができます。

徒歩1分の最寄り駅が開業し、鉄道でのアクセスもぐっとよくなった東武ワールドスクウェア、ぜひ一度訪れてみてください。

東部ワールドスクエア