子供が本当に喜ぶ旅行先はココ!おすすめ観光スポット15選

旅行 子供

子供が喜ぶ旅行先はどこが良いだろうと悩んでいませんでしょうか。子供も、学校だけでなく、塾や習い事、スポーツクラブなど忙しい日々を送っているのであれば、気晴らしに旅行をしたいかもしれません。

今回の記事では、そんな子供達が、子供らしい笑顔を取り戻したり、リラックスしたりできるおすすめの旅行先や観光スポット、おすすめの場所を紹介しています。

また、家族みんなで楽しめる、そんな休日を過ごせるスポットなども紹介しているので、ぜひ参考にしてください。


1.家族旅行にぴったり!子供が喜ぶ旅行先おすすめ5選

子供が喜ぶ旅行

1-1 旅行先①「箱根」

東京から2時間、中部・関西方面からもアクセスしやい日本有数のリゾート地箱根は、大人だけでなく、子どもも大喜びする、家族旅行にもピッタリな観光地です。

箱根では、乗り物好きのお子さんにとってワクワクするいろんな乗り物に乗れます。まず、関東で最も古い歴史を持つ箱根登山ケーブルカー(箱根登山電車)で、高低差214mを登ります。

終点からは、箱根ロープウェイに乗り継ぎをするのは、まるで空中散歩のようです。どの季節に行っても、息をのむような景色が素晴らしいです。また、芦ノ湖では箱根海賊船にも乗れます。

箱根にある星の王子様ミュージアムは、世界で唯一の「星の王子様」をテーマにしたミュージアムです。箱根の豊かな自然の中で、フランス風の町並とヨーロピアン・ガーデンを楽しめます。

箱根のいろんな面を楽しんだ後は、家族そろって温泉でリラックスしましょう。温泉に浸かりながら、今日経験したことを、お子様とお話しするのもいいですね。きっと一生の思い出になることでしょう。

1-2 旅行先②「愛知・犬山」

愛知県犬山市は、愛知県北西部にあり「尾張の小京都」と呼ばれる城下町です。犬山城は、現在5つある国宝のお城のうちの一つです。犬山城の天守閣からの木曽川の眺めは雄大です。きっと、お城好き、歴史好きのパパやお子さんが夢中になられることでしょう。

そして、犬山市には、博物館明治村、野外民族博物館リトルワールド、日本モンキーパークがあります。博物館明治村では、明治期の建物を中心に日本最古級の蒸気機関車や京都市電などにも乗れます。

野外民族博物館リトルワールドは、「1日世界旅行に出かけよう」のキャッチフレーズのとおり、世界中の家屋が立ち並んでいます。

世界の民族衣装も体験できるなんて、とても素敵です。日本モンキーパークは、小さなお子様も乗れる乗り物がいっぱいの遊園地です。

車で少し足を伸ばせば、ママも大喜びの土岐プレミアムアウトレットがあります。

1-3 旅行先③「奈良」

奈良で子供が喜ぶおすすめの場所といえば、奈良公園の鹿が有名です。奈良公園の鹿は、いまや世界的大人気であり、奈良公園を歩けば、鹿と一緒に写真や動画を撮る人達で溢れています。

奈良公園は、約660ヘクタールもの広さを誇る都市公園です。奈良公園の鹿は、飼われている鹿ではなく、野生の鹿です。野生の鹿が、都市の真ん中で、あんなふうに自由に動き回っている例は、世界にないので、世界中の人たちを魅了しているのです。現在、約1200頭の鹿がいます。

その鹿は、春日大社の神様の使いとして、奈良の人たちに大切にされてきました。そんな鹿と間近に交わり、写真を撮ったり、餌をやったりできます。最初、おっかなびっくりだった子どもたちも大喜びです。

そして、もう一つ奈良で子供が喜ぶポイントとしては大仏が有名です。奈良の大仏を初めて見たときの、子供達の顔は、あまりの大きさに口をあんぐり開けています。

また、大仏殿の中に、その中を通り抜けることができれば、願いがかなうという柱の穴があります。どうかくぐってみてください。

お泊りは、若草山中腹にある三笠温泉郷がおすすめです。中腹にあるので奈良の夜景を楽しめます。

1-4 旅行先④「大阪」

大阪といえば、大阪城であったり、ユニバーサルデザインジャパンであったり、大阪には伝統のものから新しいものまであらゆるお楽しみが揃っています。

まず、大阪城へ行きましょう。大阪城天守閣からは360度のパノラマが楽しめます。天守閣までの大阪城内では、大阪城にゆかりに豊臣秀吉の展示や大阪の歴史を説明しています。

子供達が大好きなユニバーサルスタジオジャパンでは、1日たっぷり過ごしましょう。ハリーポッターや、ミニオンの世界は、家族みんなが楽しめます。クリスマスやハローウィンなど季節のイベントも要チェックです。

大阪ミナミ・道頓堀界隈もおすすめです。巨大で動く看板やグリコの走るランナーの電飾看板など、見飽きません。また、近くには道頓堀コナモンミュージアムやなんばグランド花月があります。

1-5 旅行先⑤「長崎・佐世保」

長崎は、江戸時代の鎖国時も唯一外国に開かれていた港湾都市で、異国情緒を満喫できる街です。グラバー邸や大浦天主堂を回ったあとは、平和祈念像も家族で見てみたいです。

長崎には、子供達も大好きなちゃんぽんや、皿うどんなどおいし食べ物がいっぱいです。佐世保市にあるハウステンボスは、オランダの街並みを再現したテーマパークです。うっとりする街並みを歩くと、まるでヨーロッパにいるようです。

それだけじゃなく、アトラクションの数々は家族で楽しめます。佐世保バーガーもぜひ、味わってみたいものです。

ハウステンボスから車で30分のところに、九十九島パールシーリゾートがあります。海賊船みらいや、遊覧船パールクイーンに乗って、島々が点々とする美しい海域を遊覧したり、カヤックを経験したり、無人島に上陸したり、海と一体となったレジャーを楽しめます。

長崎・佐世保の旅は、歴史・平和を考え、楽しいテーマパークで遊び、海と親しみ、おいしいものを食べるという楽しいこと満載で家族旅行にぴったりです。

2.全国のおすすめ観光スポット!子供が喜ぶおすすめの場所5選

子供 旅行

2-1 あそびのくに ピッピ ちとせ(北海道)

「一年中遊べる。親子で遊べる。みんなの室内遊び場」のキャッチフレーズがあり、子供たちの夢をかなえる遊び場です。ふだん、子供たちが、こんなことしたい、あんなことできたらいいなぁということが実現できるスポットです。

あそびのくに ピッピ 千歳は、大きく6つのゾーンに分かれています。ボールプールゾーン、アクティブプレイゾーン、サーキットゾーン、ロールプレイゾーン、ランニングサーキット、ベビーゾーンです。

中でもおすすめは、ロールプレイゾーンです。ごっこ遊びやブロックの組み立てができるゾーンです。家では味わえないスケールの大きな、本物のようなごっこ遊びができます。

ごっこ遊びをするときの、子供たちのキラキラ輝く瞳は、子供たちは、ほんとはこういう遊びが好きなんだなということを教えてくれます。120分入替クール制、1クール、大人、子供とも各350円というロープライスも嬉しいです。

『あそびのくに ピッピ ちとせの紹介ページへ』

2-2 太古レストラン ダイナソー(神奈川)

恐竜は、子供達の憧れです。いえいえ、子供だけではなく大人でも、恐竜って聞いただけでワクワクします。大きく開ける恐竜の口のトンネルを抜けるとそこは、タイムスリップした異次元ワールド!約20体の生きているように動く恐竜が待っています。

こちらの看板にある恐竜のティラノザウルスは、原寸大でなんと10mの大きさ。迫力満点です。食事をしているテーブルの真横に恐竜がいるんですから、子供達は大喜びです。

こんな空間で家族そろって食事をすれば、子供達の一生の思い出となることでしょう。恐竜パワーで、嫌いなものだって、食べられるようになるかもしれません。

『太古レストラン ダイナソーの紹介ページ』

2-3 トーマスランド(山梨県)

「きかんしゃトーマス」は、子供たちに大人気の絵本シリーズです。絵本やアニメで、機関車トーマスを見る真剣な子供達のまなざしはキラキラと輝いています。富士急ハイランド内のトーマスランドは、日本で唯一のトーマスの野外テーマパークです。

トーマスやパーシーが引く客車に乗って、ソドー島の仲間たちに会いに行けます。トーマスたちに実際に乗れるとなると、きっと子供たちは大喜びするはずです。

トーマスランド内は、レストランからお土産までトーマス一色です。さらに、トーマスランド公式ホテルのハイランドリゾートホテル&スパには、トーマスルームがあるのでお泊りするのもいいです。

『トーマスランドの紹介ページ』

2-4 冒険の森 in やまぞえ(奈良県)

名阪国道神野口IC下りて2分というアクセスがいい場所に「冒険の森 in やまぞえ」はあります。木登りでもない、アスレチックでもない、全く新しい自然と共生する森林冒険施設です。

フランス発で、関西初登場のフォレストアドベンチャーとは、ハーネスをつけて、森の木の上を渡って行くヨーロッパで人気の森林体験施設です。小さいお子様から高齢の方まで幅広い世代の方が楽しめる様々なコースがあります。

また、話題のセグウェイにも乗れます。ぜひ、親子で、知恵を出し合い、ともに汗を流してみるのはどうでしょうか。きっと、素敵な思い出になること間違いありません。

近くには、愛らしい羊が出迎えてくれるめえめえ牧場や奇岩巨岩の鍋倉渓もあります

『冒険の森 in やまぞえの紹介ページ』

2-5 長崎バイオパーク(長崎県)

長崎バイオパークには、約1000種30000点の植物が育つ、総面積約30万㎡の広い敷地に、約200種2000頭の動物がいます。ここでは、従来の檻の中の動物を見るのではなく、動物が本来、生活している環境の中で自由に暮らしているのを触れ合うことができます。

餌をやったり、触ったりして、思い切り遊びながら、自然の大きな仕組みや生命の大切さを学べます。人気のカピパラにも会えます。開放的な大型テントの下のレストランで、様々なお料理も楽しむことができます。

子供達が、動物と触れ合うことで学んだことは、きっとその後の子供達にいい影響を与えるでしょう。お家に帰ってからも、ご家族で、動物のことをあれこれ話せば、楽しい思い出とともに、親子のコミュニーションも深まります。

『長崎バイオパークの紹介ページ』

3.夏休みにおすすめしたい!子供が喜ぶスポット5選

子供 旅行 夏休み

3-1 万葉クリエートパーク(宮城県)

仙台から車で国道4号線を30分ぐらい北上すると、大衡村役場の隣に万葉クリエートパークがあります。こちらの一番のポイントは、人工芝のそり滑り台です。草が生えた坂を段ボールをお尻にひいて滑ったことは、どなたにも一度や二度ある人も多いでしょう。

それの大型版といったらいいのでしょうか。傾斜が強くて距離の長いものと傾斜が緩くて短い小さい子供用があるので安心です。大人も夢中になりますが、もう子供は汗だくだくです。

そりを持って行ってもいいですし、レンタルもあります。長い滑り台やアスレチック、パークゴルフもあります。デイキャンプもできるのでゆっくりしたいなら、簡易テント持参もおすすめです。

『万葉クリエートパークの紹介ページ』

3-2 山梨県笛吹川フルーツ公園(山梨県)

山梨県山梨市ある山梨県笛吹川フルーツ公園は、一年を通して、様々なフルーツや花、木を楽しむことができる公園です。こちらの一押しは、暑い夏に、水にまつわる多様な遊びを盛り込んだアクアアスレチックです。

渓流を再現した流れの周囲に様々な遊具があって、子供達は大はしゃぎです。プールではできないことを、水を跳ね返しながら、夢中になってやっています。

雨の日も、わんぱくドームには、大型ネット遊具や小さい子用の滑り台などがあります。また、季節の果物をたっぷり使ったフルーツジェラートは絶品です。入園無料というのも嬉しいです。

『山梨県笛吹川フルーツ公園の紹介ページ』

3-3 福井県立恐竜博物館(福井県)

恐竜は、なんといっても子供たちのロマンを掻き立てます。福井県立恐竜博物館は、カナダのロイヤル・ティレル古生物学博物館と、中国の自貢恐竜博物館と並び、世界三大恐竜博物館といわれる本格的なものです。

忠実に再現されたジオラマ、そこでたたかう恐竜たちや、全身骨格だけでも44体もあり、さながら実物大の恐竜図鑑です。ドーム中央の7m以上ある、動くティラノザウルスは圧巻です。展示されている数々の化石も、想像力を掻き立てます。

こちらと一緒にぜひ行きたいのが、日本最大の恐竜化石発掘現場にある野外恐竜博物館です。恐竜化石を実際に発掘しているのを見学することができます。

また、野外恐竜博物館は、恐竜博物館から専用バスで行くツアーで行くことができます。

『福井県立恐竜博物館の紹介ページ』

3-4 びわ湖バレイ(滋賀県)

びわ湖バレイは、日本一の大きさの琵琶湖岸の標高1100mの山頂にある天空のレジャー施設です。7つの絶景・7つの絶叫ジップラインアドベンチャーや、驚異の天空ウオークスカイウオーカーが大人気です。

ジップラインアドベンチャーは、全7コースなので安心です。ターザンになった気分を味わうことができます。他にも、そり遊びサマーランドやストライダーなど楽しいアトラクションがいっぱいです。

近くには、キャンプ場や松の浦水泳場など、夏休みを目いっぱい楽しめる施設がいっぱいあります。琵琶湖で泳いだり、天空の遊園地で遊んだり、夜は星を見ながらファミリーキャンプなどがおすすめです。

『びわ湖バレイの紹介ページ』

3-5 沖縄美ら海水族館(沖縄県)

沖縄海洋博公園にある沖縄美ら海水族館は、大人気のスポットです。本土とは違う、沖縄の神秘に満ちた、豊かな自然を体感できます。魚類最大のジンベエザメや世界初の繁殖に成功したナンヨウマンタが観察できる巨大水槽は圧巻です。

また、太陽が降りそそぐ「サンゴの海」水槽では、800群体ものサンゴが観察できます。他に、イルカショーが見れるオキちゃん劇場、イルカラグーン、ウミガメ館、マナティー館など、見飽きることはありません。

海洋博公園の北端には、真っ白なコーラルサンドのエメラルドビーチがあります。うっとりするようなビーチで泳ぐのは子供達が大喜びするでしょう。

『沖縄美ら海水族館の紹介ページ』

4.まとめ

子供と出かけたい、家族みんなが笑顔になれる旅行先、観光スポットはいかがでしたでしょうか。子供も、大人も忙しい日常から抜け出して、思いっきり笑い、いっぱいおしゃべりして、楽しんでください。

旅行 子供