【初心者必見】飛行機の乗り方を1から簡単に説明します!

飛行機 乗り方

初めて飛行機を利用して旅行をするけれど、乗り方について知りたいと考えていませんでしょうか。初めて海外旅行であれば、いろいろ不安がつきものです。飛行機も乗ったことがないとあれば尚更です。

今回の記事では、安心して空の旅ができるよう、飛行機の乗り方から航空会社の選び方まで、基本的なことをわかりやすくお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.初心者でもわかる飛行機の乗り方、5つの手順を紹介

飛行機乗り方搭乗手続き

飛行機に乗るためには、必ず搭乗手続きをします。初めての人には難しそうに思えるかもしれませんが、実際は簡単です。まず、チケットを購入しましょう。各航空会社のホームページや旅行会社で購入できます。

初めての人には、旅行会社がおすすめです。直に旅行会社のカウンターで細かく打ち合わせができます。また、搭乗手続きの流れを簡単に説明してもらうこともできます。

1-1 乗り方の手順①「フライト1時間前に到着しよう」

フライト毎に、「搭乗手続き」の締め切り時刻が設定されています。出発の20分〜30分前が標準的です。あくまでギリギリのタイムリミットですから、1時間〜1時間半前に到着して搭乗手続きをするのが一般的です。混んでいることも予想されますので、時間にゆとりを持って行動するようにしましょう。

1-2 乗り方の手順②「搭乗手続きをしよう」

空港に到着したら、予約した航空会社のチェックインカウンターでチェックインをします。自動チェックイン機でのチェックインもできますが、初めての人には、航空会社のチェックインカウンターで手続することをおすすめします。

1-3 乗り方の手順③「荷物を預ける」

各航空会社のチェックインカウンター横に、荷物を預ける「手荷物カウンター」があります。一般的には、航空会社のチェックインカウンターへ進むラインの途中に機械があり、荷物を預ける人と預けない人でラインが分かれています。

機械を通して中をチェックし、大丈夫でしたらそのままチェックイン時に荷物を預けます。係員が誘導してくれますので心配ありません。

1-4 乗り方の手順④「チェックインしたら搭乗ロビーへ」

チェックインが終わったら、搭乗ロビーがある階へ移動します。搭乗ロビー前には、各フライトの時間、搭乗ゲート番号などが電光掲示板で示されています。

また、保安検査所があり、機内持ち込みの荷物検査と、あなた自身も金属探知機による検査を受けます。

1-5 乗り方の手順⑤「保安検査をパスしたら搭乗ゲートへ」

保安検査をパスしたら搭乗ゲートへ進みます。自身の航空券に書かれている番号の搭乗ゲートまで移動します。羽田などの大きな空港では、行き先によって搭乗ロビーから搭乗ゲートまでが離れており、かなり歩くこともあります。

歩く歩道を使って無理なく移動しましょう。搭乗ゲートについたら、ゲート前にある椅子に座って待ちましょう。飛行機の準備が整うと搭乗案内が始まります。

国際線に搭乗するには?

国際線は、国内線とは別のターミナルビルにあります。空港に到着したら、国際線と国内線のターミナルビルを確認します。国内線のターミナルビルに到着した場合で、国際線に搭乗する人は、空港内のバスなどを使って国際線に移動します。

はじめに国際線に到着するか、国内線に到着するかは空港よって違います。羽田空港などのようにモノレールで移動する場合は、到着駅が分かれているため、国際線、国内線のどちらでもそのまま到着することができます。

2.各航空会社別に紹介!飛行機の乗り方について

飛行機の乗り方

チケットの予約から飛行機に乗るまでの流れを、航空会社を例に出してご紹介します。

2-1 JAPAN AIRLINESの飛行機の乗り方について

国内線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の15分前までに保安検査を通過→出発時刻10分前までに搭乗ゲートへ到着→搭乗

保安検査所では、搭乗券の2次元バーコードかICを端末にかざしてピッと音がなります。

搭乗ゲートに到着したら、保安検査所でかざした搭乗券の2次元バーコードかICのどちらかを端末にかざしてください。この時もピッと音がなります。

これで手続きが完了し、あとは搭乗案内を待って飛行機に乗るだけです。

国際線の乗り方

チケット予約→出発時刻の2時間前までに空港到着→出発時刻の1時間前までにチェックイン→荷物を預け、保安検査を受ける→出国審査→出発時刻の30分前までに搭乗ゲートへ到着→搭乗

おおむね国内線と流れは同じですが、出国審査があります。パスポートと航空券を審査官に提出すると、パスポートに出国スタンプが押されて搭乗券と一緒に戻されます。

JAPAN AIRLINES
https://www.jal.co.jp/

2-2 ANA(全日空)の飛行機の乗り方について

国内線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の15分前までに保安検査を通過→出発時刻10分前までに搭乗ゲートへ到着流れは、JALの時と同じです。

国際線の乗り方

チケット予約→出発時刻の2時間前までに空港到着→出発時刻の1時間前までにチェックイン→荷物を預け、保安検査を受ける→出国審査→出発時刻の30分前までに搭乗ゲートへ到着→搭乗流れは、JALの時と同じです。

ANA
https://www.ana.co.jp/

2-3 スカイマークの飛行機の乗り方について

国内線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の2時間前から受付開始、20分前までにチェックイン→出発時刻15分前までに搭乗ゲートへ到着→搭乗3歳未満の子供と登場するときは、幼児搭乗券が必要です。

チェックイン時または搭乗手続きをする時に、係員に伝えましょう。また、国際線は実績がありません。

スカイマーク
http://www.skymark.co.jp/ja/

2-4 楽天トラベルの飛行機の乗り方について

楽天では、JAL楽パック、ANA楽パックなど航空会社別にパックが用意されています。当然、ネットを使って予約します。空港に設置されている自動チェックイン機で搭乗券を受け取り、座席指定ができます。

または、予約時に作成する個人ページから「2次元バーコード(QRコード)」を印刷して空港へ持って行き、カウンターでチェックインします。

国内線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の15分前までに保安検査を通過→出発時刻10分前までに搭乗ゲート通過→搭乗10分前までに搭乗口に現れない場合は、搭乗できないことがあります。

国際線も国内線と予約までは同じですが、国際線は電子航空券(Eチケット)が発行されます。印刷して空港のカウンターでチェックインします。チェックインは出発時刻の1時間半〜2時間前までに行ってください。

チケット予約

出発時刻の2時間前までに空港到着→出発時刻の1時間半前までにチェックイン→荷物を預け、保安検査を受ける→出国審査→出発となります。

楽天トラベルは全て自分で行うため、ビザの申請出入国カードの手配など初めての人には難しいかもしれません。

楽天トラベル
https://travel.rakuten.co.jp/

2-5 ジェットスターの飛行機の乗り方について

ジェットスター・ジャパンの国内線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の2時間前から受付開始、30分前にチェックインと手荷物預かりが締め切られる→出発時刻25分前までに搭乗ゲートへ到着→出発15分前に搭乗締め切り

ジェットスター航空Q300型航空機の国内線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の90分前から受付開始、30分前にチェックインと手荷物預かりが締め切られる→出発時刻25分前までに搭乗ゲートへ到着→搭乗

ジェットスター航空787型航空機で国際線から出発する国内線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の3時間前から受付開始、60分前にチェックインと手荷物預かりが締め切られる→出発時刻40分前までに搭乗ゲートへ到着→出発15分前に搭乗締め切り

ジェットスター・パシフィックの国内線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の2時間前から受付開始、30分前にチェックインと手荷物預かりが締め切られる→出発時刻25分前までに搭乗ゲートへ到着→搭乗

ジェットスター・ジャパンA320、A321型航空機の国際線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の3時間前から受付開始、45分前にチェックインと手荷物預かりが締め切られる→出発時刻40分前までに搭乗ゲートへ到着→出発15分前に搭乗締め切り

ジェットスター航空787型航空機国際線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の3時間前から受付開始、60分前にチェックインと手荷物預かりが締め切られる→出発時刻40分前までに搭乗ゲートへ到着→出発15分前に搭乗締め切り

ジェットスター・パシフィック航空の国際線の乗り方

チケット予約→空港到着→出発時刻の2時間前から受付開始、45分前にチェックインと手荷物預かりが締め切られる→出発時刻40分前までに搭乗ゲートへ到着→搭乗

ジェットスターは、ジェットスター航空、ジェットスター・ジャパン、ジェットスター・パシフィック、ジェットスター・アジア、機種によってチェックインや搭乗の締め切り時間が違います。



飛行機 乗り方