ゼッタイ写したいオーロラ!【アラスカ編】パート1:撮影スポット(冬)

パート1:撮影スポット(冬)

世界各所にある極北の街の郊外で、8月から4月までの長い期間、オーロラを観測することができるというのを、みなさんはご存知でしょうか。

【ゼッ写!シリーズ第1弾】ゼッタイ写したいオーロラ!パート1の今回の記事では、撮影する前に決める、もっとも大事なことのひとつ、「場所選び」についてご紹介します。撮影するにあたっては、まず見られないと話にならないですからね! ※撮影の方法だけ知りたいという方は、パート3:カメラの設定のページをご覧ください。

人生でたった一度のオーロラ撮影、失敗しないために、Let’s get the most out of this knowledge! それでは、いってみましょう。

オーロラ撮影をするときにいちばん重要なのは、カメラ機材や撮影知識ではなく、オーロラが見られる場所選びです。そんなの当たり前、と思われるかもしれませんが、このロケーション・ハンティングも写真撮影では大切なプロセスなのです。これを人に任せてはいけません!

世界各所で見られるオーロラ観測スポットは、それぞれ環境条件が異なるため、事情を知らない方にとって場所選びはなかなか難しいものです。そこで、選ぶ上でのヒントを以下にご紹介しましょう。

1:オーロラの観測場所 【アラスカ】

1−1:フェアバンクス

わたしは個人的に北欧・カナダへも旅行で訪れたことがありますが、わたしの感想よりも有用な情報は、世界各地のオーロラスポットを見て回ってきた、旅行会社のベテラン添乗員さんのご意見です。私は10年間現地でガイドをしながら多くの添乗員さんと仲良くなり、いろんな情報をもらい続けました。

それをまとめると、アラスカ州フェアバンクスが、オーロラを見るのにもっとも好条件であることがわかりました。それも特にアラスカの2月下旬から3月にかけての、フェアバンクスです。こちらの図を御覧ください。

フェアバンクス【オーロラ最適シーズン早見表】 ©Patrick Endres “How to Photograph the Northern Lights”

オーロラは、夜空が晴れていなければ見ることはできない現象です。 ですので、晴天率というのがもっとも重要なファクターになるわけですね。この図から、年間を通して雨の少ないフェアバンクスでも、2月と3月が晴れやすいのがわかります。4月もいいのですが、日照時間が長くなってしまい、オーロラ観測時間が短くなってしまうので、あまり良くありません。

これ以外にも、NASAが協力してアラスカ大学とオーロラ研究をしている施設がフェアバンクスにあります。そして郊外にはなんと、ポーカーフラット(Poker Flat Research Range)というロケット発射施設までもっていることから、フェアバンクスが、いかにオーロラ観測に適しているかを裏付ける証拠ともなるでしょう。

より深く世界のオーロラ観測場所の気候条件を調べたい方は、weatherspark.com (英語ページ)で、知っているオーロラ都市を入力してみてください。いかにフェアバンクスがオーロラを見るのに適している場所かわかりますよ!

1−2:観測時の待機場所

しかし、この年間降水量と雲のグラフは、カナダの人気オーロラスポットであるイエローナイフと比較すると、実は晴天率の上ではどちらもほとんど違いがありません。どちらも内陸性気候で、晴れやすいのです。

では、世界をめぐる添乗員さんは、どこでアラスカが良いと判断したのでしょうか。

それは、オーロラを観測する際に待機する施設と宿泊施設の快適さです。

マイナス40℃にもなる冬のオーロラ観測で、体を休める待機場所と宿泊施設は、とても重要な点であることは見逃せません。

ここで一つの例を紹介しましょう。写真は、フェアバンクスの街から車で20分のオーロラハウスという施設です。

屋内は暖かく、オーロラが出てくるまで待つ場所として、とても快適に過ごすことができます。

では、次に宿泊施設を見てみましょう。

フェアバンクスには冬の間も営業している広いホテルが多くあります。なかでもソフィーステーションホテルは、スーパーに歩いていくことができ便利です。また、部屋が全室スイートなのにもかかわらず、格安で泊まれる人気ホテルです。(夏は高額)

1−3:フェアバンクス周辺 観測施設【2020年現在】

オススメの施設がフェアバンクス周辺に6つありますので、まとめて紹介しておきます。(五十音順)