ゼッタイ撮りたいオーロラ!【アラスカ編】 パート4:実践

さあ、いよいよ実践パートです!学んだことを活かしていきましょう。

フェアバンクス オーロラ撮影隊の皆さん

ゼッタイ写したいオーロラ!【ゼッ写!シリーズ第4弾】今回の記事では、オーロラ観測場所にみなさんが足を踏み入れた、その現場を想定しながら読んで頂く、実践内容を時系列に書いています。記事の最後に、現場で成功をおさめるためのチェック項目も掲載していますので、ぜひ現地でもご活用ください!

人生でたった一度のオーロラ撮影、失敗しないために、Let’s get the most out of this knowledge!

それでは、いってみましょう。

1.いざ、オーロラ撮影地へ!

さて、日本からの長旅お疲れさまでした。実はツアー参加される場合、ほとんどが休む暇なく、到着したその日の深夜にオーロラ撮影が始まるのです。ですので、お手持ちのバッグ、スーツケースの中には、ある程度オーロラ撮影に行ける準備をした上で荷造りするのが良いでしょう。

2.観測場所で、オーロラが出る方角を確認。カメラを仮設置する。

ツアー参加される場合、大抵はご宿泊のホテルから、30分前後でオーロラ観測地へ到着します。到着したら、オーロラの出る方角をまず先に確認します。フェアバンクスの場合は、95%が北からオーロラが出るので、北がどちらかを最低限知っておきます。厳密に言うと、オーロラの中心は磁北極なので北北東を確認しておきます。

※三脚は、新雪に近い雪面に立てざるを得ないときは、少しでも安定させるため、足を短くしてください。

次に、パート3で確認した「試し撮り」をします。

オーロラが出てくる方角を確認しておき、試し撮りをします。
いよ出できたぞ! 出始めのオーロラは、一般的に低い位置で弧を描くように出てきます

設定したカメラで試し撮りを終えたら、その画像をよく確認して、星がきれいに、シャープにブレることなく写っているかを見ておいてください。20秒を超える露光時間では、星は地球の自転で動きますので、そこは覚えておいてください。

3.撮影の順序 【現場での撮影サイクル】

簡潔にまとめると、撮影→写真確認→カメラを置いて屋内で暖をとる→撮影という手順です。

  • オーロラがぼんやり出ているとき

優先事項は、きれいな構図で露光時間を長めでも良いので、写真がきれいになるように努める。つまり、ISOはできるだけ低く、かつ暗すぎないようなシャッタースピードを考える。

  • オーロラが強くなってきた

ISOを上げてゆき、シャッタースピードを短くします。本当に強いオーロラが出ているときは、オーロラ自体の光も強いので、シャッタースピードは1秒か2秒くらい、ISOが1600や3200で撮れることが多いです。シャッタースピードを速くする必要があるのは、動くオーロラをブレることなく写すとともに、様々な形になって動き回るオーロラの、いろいろな形を撮っておくためです。

4.現場で困らないための✔チェックポイント

✔シャッターが切れない!

マイナス30度以下で4、5時間外にカメラを出しっぱなしにしていない限り、機械的にシャッターが切れなくなるということはありません。フォーカスを確認しましょう。MF(マニュアルフォーカス)になっていれば、いつでもシャッターは切れるはずです。

✔カメラが動かなくなってしまった!

まずはバッテリーを確認します。リチウムイオン電池は寒さで容量が減ります。暖かい場所でまたもとに戻りますが、その場ではどうしようもないので、予備電池は必ず持っていってください。また。経年劣化をしますので、新しい電池を持っていくようにしましょう。

まれに寒さのために動かなくなることがあります。その際は、密閉して屋内へ持ち込み、温めましょう。