おすすめスポットを観光!淡路島に訪れたらするべき5つのこと

淡路島 観光

淡路島という場所にみなさんはどのようなイメージをお持ちでしょうか。関西在住の方には淡路ビーフや淡路島タマネギ、海水浴等々、具体的なイメージをお持ちの方も多いと思いますが、関西以外に住まれている方にはあまり馴染みが無い場所かもしれません。

そんな淡路島ですが、実は自然豊かでグルメの宝庫の島なのです。今回の記事では遠方からでも訪れる価値がある淡路島のおすすめグルメやおすすめ観光スポットについてご紹介させていただきます。

おすすめスポットを観光!淡路島に訪れたらするべきこと5つのこと

①淡路島の絶品グルメを堪能しよう

淡路島

淡路島といえばグルメの島です。淡路島タマネギ、淡路ビーフ、アナゴ、鯛、フグ、タコと挙げだしたら本当にキリがありません。そんな淡路島の名産が集結しているのが淡路島各地に点在する道の駅です。

淡路島には鉄道が走っていないため、ドライブ客向けの施設が充実しています。そして道の駅も島内に4つあり、その道の駅たちをハシゴするだけで淡路島グルメを十分満喫することができます。

道の駅あわじ(淡路市)
明石海峡大橋を渡り切ってすぐの所に淡路SAがあります。淡路SAも見晴らしが良くて非常に雰囲気の良い場所なのですが、混雑していて中々ゆっくり食事を楽しむことが出来ません。

そこで行くべきが淡路SAから車ですぐ近くにある道の駅あわじです。
道の駅あわじでは明石海峡で採れた新鮮な海の幸が味わえます。特に生しらす丼と桜鯛の玉子かけご飯が人気です。海に囲まれた淡路島ならではの美味しい海鮮丼が楽しめます。

またロケーションも明石海峡大橋が目の前にあり、対岸の神戸や明石の街並みを見渡すことが出来る素晴らしい立地で、散歩をするだけでも楽しむことが出来ます。

道の駅うずしお(南あわじ市)

淡路島

淡路島の食べ物は基本的に美味しいと思っていただいて間違いないですが、その中でも絶対に外せないのが淡路島タマネギです。淡路島産のタマネギは糖度が高く、日本でも唯一無二の存在と言っても過言では無いでしょう。

その淡路島タマネギを活かした一品を堪能出来るのが道の駅うずしお内の淡路島オニオンキッチンで出されているあわじ島オニオンビーフバーガーです。

パンズの中に淡路牛と大きくスライスされた淡路島タマネギが入っています。このバーガーの主役はタマネギ。かぶりついた瞬間にタマネギの甘みが口いっぱいに拡がります。

また道の駅うずしおは鳴門海峡を眼下に見渡せるロケーションも魅力です。施設の目の前の大鳴門橋内には無料展望台があり、鳴門海峡が一望できます。

上記二つの道の駅の他にも、タコの姿焼きが楽しめる道の駅東浦ターミナルパーク(淡路市)や、ボリュームたっぷりのアナゴ丼やウニ丼が楽しめる食堂が並ぶ道の駅福良(南あわじ市)もおすすめスポットです。

②観光クルーズ船に乗って、鳴門海峡の渦潮を間近で見る

淡路島

道の駅福良の程近くから、鳴門海峡の渦潮を見ることが出来る観光クルーズ船に乗船することが出来ます。

鳴門海峡の渦潮は「鳴門」という名前から徳島県のイメージが強いですが、鳴門海峡は徳島県鳴門市と兵庫県の淡路島の間にある海峡ですので、淡路島側からでも渦潮を見ることが出来る観光クルーズ船が出ています。観光クルーズ船に乗って揺られながら間近で見る渦潮の迫力は圧巻です。

観光クルーズ船は淡路島側からは一日に11本ほど出ていますが、渦はタイミングによって大きさが異なります。特に大潮の日の満潮干潮付近の時間帯が一番大きな渦を作るタイミングのようです。そのタイミングに被っていないと小さい渦になってしまうのでお気を付け下さい。

おすすめの時間帯を細かく示している潮見表が観光船会社のホームページ上で公開されているので事前にチェックすると良いでしょう。

また、観光クルーズ船の乗船時間は一時間くらいなのですが、渦の近くにいる際にはかなり揺れるので船酔いにもお気を付け下さい。

③国営明石海峡公園(淡路市)で季節の花々を愛でる

淡路島

グルメと渦潮を楽しんだら、季節の花々に彩られた綺麗な景色を観に行ってみるのはいかがでしょうか。淡路島を代表する公園である国営明石海峡公園の淡路地区の総面積は約100haもあり、一年中にその季節の見ごろの花を楽しむことが出来ます。



淡路島 観光