アジアの楽園を旅行しました!バリ島のおすすめ観光スポット紹介

バリ島 観光

アジアの楽園、インドネシアのバリ島に訪れてみたいと考えていませんでしょうか。アジアのリゾート地の定番と言えば、インドネシアにあるバリ島がその一つです。

私の周囲の友人もバリ島に行く人が多く、いい評判を多く聞いていました。そんな人気のバリ島に私も今年の7月に行ってきたので、今回はその時の体験談を紹介していきます。

おすすめの観光スポットや美味しかったグルメについて記載しているので、ぜひ参考にして下さい。

1.バリ島で訪れるべきおすすめ観光スポット6選

1-1 バリ島の観光スポット「ウルワツ寺院」

バリ島 観光

ウルワツ寺院はバリ島の6大寺院にも選ばれている有名観光スポットです。このウルワツ寺院には入場料20.000ルピアが発生します。そして、チケットを購入するとその場でサロンをつけてもらうことができました。

サロンとは腰巻のようなもので、寺院に入る際の正装とされています。サロンはオレンジと紫の2つがあり、希望を言えば好きな方を選ばせてもらうことができるようです。

ウルワツ寺院の中は大変広くなっており、断崖絶壁の景色を楽しむことができます。これといったシンボル的な建物があるわけではないですが、所々に宗教的建物が見られます。

そして、敷地内には野生のサルがいるので注意が必要です。実際に周りの観光客はサンダルを取られてしまっていました。サルがいたずらをした場合はすぐに係の人が来て対処してくれるのですが、噛まれたりひっかかれたりすることもあるので気を付けなければいけません。

このウルワツ寺院では夕方になるとケチャダンスが行われます。ケチャダンスとは、現地の男性によるバリ島の民族舞踊でとても迫力のあるダンスです。

サンセットを背景にみるケチャダンスは、ウルワツ寺院の名物なのでぜひ見ていきましょう。このケチャダンスは別料金なので、入場チケットを購入する場所での支払いが必要です。

1-2 バリ島の観光スポット「モンキーフォレスト」

バリ島 観光

モンキーフォレストとはウブドにある野生のサルを見ることができるテーマパークです。中は広い森林パークのようになっていて、所々に寺院のような建物も見られます。

そして、子供の小さいサルから少し狂暴そうなものまで、あちらこちらにたくさんのサルがいました。離れてみている分にはいいですが、近づいたりすると飛びついて来たり、威嚇をして来たりします。

バッグを少しでも開けようとすると、中のお菓子などを狙って多くのサルが集まってくるので、少し大変なことになります。パーク内のいたるところに注意書きがありますが、バッグは絶対に閉めておくこと、ポケットには何も入れておかないこと、この2つを徹底するようにしましょう。

もしサルに餌をやりたいときはパーク内の入り口近くの場所で餌用のトウモロコシが売っていました。そこで餌を購入すると、サルと触れ合っている様子のいい写真を撮ることができます。

1-3 バリ島の観光スポット「テガラランのライステラス」

バリ島 観光

ウブドから車で30分ほどの位置にあるのが「テガラランのライステラス」です。この壮大な棚田はバリの名所の1つといってもいいでしょう。きれいに段になった田んぼは上から見ると絶景です。

そして、下まで下って間近で田んぼを見ることもできます。時間帯によっては作業をしている地元の人もいて、道具を持たせてもらったり、作業を手伝わせてもらったりしている観光客もいました。

ただ、下まで行く道はとても勾配が激しく整備がされていないため、少し行くまでが大変です。特に私が行った日は天気が悪く雨が上がった後に行ったので、足元がぬかるんでいました。私も見事に泥の中に足を踏み入れてしまい、靴が泥だらけになりました。

ですので、テガラランのライステラスは汚れてもいい靴で行くのがいいと思います。ライステラスがある通りには、多くの露店が出ています。バリらしいかわいい食器やインテリアも売っていたので、ここでお土産を購入するのもいいでしょう。

また、ライステラスを一望できるカフェもあるので、時間がある人はゆっくりここでお茶をするのもおすすめです。

1-4 バリ島の観光スポット「タナロット寺院」

バリ島 観光

バリ島中部にあるヒンドゥー教の寺院です。入り口付近には、多くのレストランやお土産屋さんがあり、奥に進むと寺院が見えてきます。寺院は岩場にあり、潮が引いているときであれば道ができ岩場まで行くことができます。

私たちはタイミングよくいったので岩場まで行きましたが、この辺りは足元がとても滑りやすいので注意が必要です。

苦労していったにも関わらず、寺院の中には観光客が入れないですし、岩場も洞窟になっているようなところを少しのぞく程度だったので、正直行かなくてもよかったかな、という印象です。

離れてみたほうがその迫力がわかりますし、写真もきれいに撮ることができます。

また、私は後から知ったのですが、岩の下には聖水が湧く和泉があるようです。ここではヒンドゥー教徒でなくても、誰でもお祈りをすることができるようなので、行けばよかったと少し後悔をしています。

タナロット寺院もサンセットが美しい場所として知られているので、スケジュールの調整が可能であればその時間に行くのがいいいでしょう。

1-5 バリ島の観光スポット「スミニャックヴィレッジ」

バリ島 観光

スミニャックヴィレッジとは、スミニャックにあるショッピングモールのことです。正直バリ島にこのような先進的なショッピングモールがあるとは思っていなかったので、少しびっくりしてしまいました。

ココナッツオイルの専門店やオーガニックコスメブランドなどバリ島で人気のブランドが集結しているので、ここで一気にショッピングを済ませることもできます。

周辺にはバーやレストランも充実しているので夜遅くまで遊ぶにはスミニャックはおすすめです。

1-6 バリ島の観光スポット「ギリ・トラワンガン」

バリ島 観光

私たちは少し足を伸ばしてギリ・トラワンガンまで行ってきました。バリ島からフェリーで1時間30分ほどでいけるギリ・トラワンガンは、3つの島からなるギリ島の1つです。3つの中では1番観光スポットとしては有名で、他の2つは人が少ないことからもハネムーンで訪れる人が多いようです。



バリ島 観光