タイの首都バンコク1日観光プラン!おすすめコースを徹底紹介

バンコク 観光

タイの首都バンコクは世界的にも有名な都市の一つです。皆さんも聞いたことがある名前なのではないでしょうか。

タイはとても物価が安いので、バックパッカーや観光客がとてもおおく、沢山の国籍が入り混じっている場所でもあります。

今回の記事では、そんなタイの首都バンコクの1日観光プランの例を紹介します。 少しでも皆さんのお役に立てればと思います。

タイの首都バンコク1日観光プラン!おすすめコースを徹底紹介

バンコクの観光 09:00「朝ごはん」

バンコク 観光

バンコクには沢山の屋台や飲食店があり、ご飯には基本困らないかと思います。しかも屋台だととても値段が安く、日本円だと200円ぐらいで一食分は足ります。

すこしお洒落なお店にいくともう少ししますが、それでも安いです。また道にある屋台にはローカルの人々が集まるので、ローカルな雰囲気を味わってみたい人や、どんな食べ方をしているかみたい人はいってみてください。

個人的には朝にスムージーを飲むことをおすすめします。バンコクはやはり東南アジアなので果物が豊富でいろいろな種類のスムージーを飲むことができます。自分の好みのスムージーを見つけてみてください。

メニューに書いてないものでも、果物さえあればミックスしてくれる場合もあるので、気軽に聞いてみてください。

バンコクの観光 10:00「バンコクといえばワット・ポー」

バンコク 観光

ワットポーは、テレビなどで見てことがある人も多いのではないでしょうか。ワット・ポーはとても巨大で全長は奈良の大仏より大きく、ねころんでいる仏様です。

隣には108個の鉢がずらっと並んでおり、ここに硬貨を入れることで108個の煩悩を捨てていくという儀式のようです。地元住民や観光客が硬貨を入れながら進んで行く様子をみることができます。

バンコクの観光 13:00「ここも有名!ワット・アルン」

バンコク 観光

ワット・アルンは別名「暁の寺」と呼ばれている寺院です。

ワット・ポーからワット・アルンにいくには川を渡らなければならないため、ボートを使用しなければなりません。

ボートはワット・ポーから歩いて10分もかからない場所にあるので、周りの人に聞くか、マップを使用してください。

ボートはたったの4バーツで乗ることができ、なかなか日本では体験できないことなので、おすすめです。ワット・アルンのすぐ隣にはもう一つ寺院があり、その入り口に二体の像が立っており、そこも魅力的です。

バンコクの観光 17:00「チャイナタウン」

バンコク 観光



バンコク 観光