バームクーヘンの意味を追いかける!日本とドイツの温度差とは

バームクーヘン 意味

結婚式の引き出物や入学祝いのお菓子として定番のバームクーヘンですが、どうしてお祝いの贈り物としてよく使われるのでしょうか。

その理由や意味を調べたところ、日本と本場ドイツのバームクーヘン事情に実は微妙な温度差があったのです。記事ではそのバームクーヘンの意味や歴史などについて紹介しています。

1.バームクーヘンと名前が付けられた由来は?

バームクーヘンとは

バームークーヘンはドイツ生まれのお菓子で、ドイツ語で書くと「BaumKuchen」となります。baumは「木」、kuchenは「菓子」を意味し直訳すると「木のお菓子」。

輪切りにすると木の年輪のような模様が現れるのでこの名前がついたと言われています。

「baum」は「バウム」と発音するのがよりドイツ語に近いのですが、日本では発音し易い「バーム」という言い方が定着しました。

2.バームクーヘンの意味を追いかける!日本とドイツの温度差とは

2-1 ドイツのバームクーヘン事情とは

ドイツ人に言わせると、日本人がバームクーヘンを喜ぶ理由がわからないそうです。

ドイツでは専用のオーブンを使い、熟練の職人が焼き上げるお菓子で特殊な技能を要することから、一般的な菓子として認知されていません。

専門店でない限り一般的な菓子店には並ばないのです。

ドイツのバームクーヘンができた歴史とは

歴史は古く紀元前のギリシャ(当時のオベアリス)で木の棒にパン生地を巻き付けて焼いたものが原型だとされています。

他にも中世ポーランド伝統の棒に生地を足しながら焼き上げる「シャコティス」や、「ガトー・ア・ラ・ブロッシュ」と呼ばれるフランスの地方菓子が起源とする説もあります。

年輪は職人技の証

バームクーヘン独特の年輪を作るには、心棒を回転させ生地を少しずつ巻き付けながら焼き上げるというとてつもない手間暇を要します。

バームクーヘン 意味