アレンジ次第で苦手なビールもゴクゴク飲める!おいしい飲み方を紹介

ビール 飲み方

そのため、ビールを飲むとしょっぱいものが食べたくなり、塩分の高い料理と一緒に飲むと美味しく感じるのです。当たり前ですが、食べ過ぎは身体に毒ですのでほどほどにしておきましょう。

2-3 世界のビールを飲んでみよう

ビールの味が苦手という方でも、様々な種類のビールが出ていますので、美味しいと感じるビールがあるかもしれません。その中でも有名な外国のビールを紹介します。

ハイネケン

ハイネケンは、日本のドライビールのようなのどごしの強さや、ビールが嫌いになってしまう強い苦味が少なくのどごしがさっぱりしています。フルーティな味わいなので非常に飲みやすいビールです。

バドワイザー

バドワイザーは、世界80ヶ国以上で販売されているアメリカビールです。世界で1番売れているビールと言ってもよいほど人気が高いビールであり、喉越しはかなり良いのでゴクゴク飲むことができます。

コロナビール

メキシコビールで、明るい色で独特の飲みやすい味わいがするビールです。やさしいフレーバーが特徴であり、少し癖の強いビールです。

レモンビール

ビールの苦みがホップの香りがしっかりと感じることができ、レモン果汁の酸味と甘みも濃いビールです。

ヒューガルデン・ホワイト

ヒューガルデン ホワイトは、ベルギービールの中でもっとも人気があるビールです。炭酸が極めて少なく、オレンジのような酸味と自然な小麦の甘さがとても飲みやすいです。苦さはほとんどありません。

3.ビールの飲み方!おすすめアレンジ方法について

3-1 シャンディーガフ「ビール+ジンジェール」

シャンディガフは、ビールをアレンジするカクテルの中でも代表的なカクテルです。ビールとジンジャーエールを1対1の割合で作ると美味しく作ることができます。

3-2 レッドアイ「ビール+トマトジュース」

レッドアイは、ビールにトマトジュースを入れた赤い色のカクテルです。スライスされたレモンが添えられることもあり、トマトジュースを入れると苦味が抑えられるので飲みやすいと言われています。こちらも、作る時の割合は1対1で良いでしょう。

3-3 カシスビア「ビール+カシス」

カシスビアは、ビールとカシスを組み合わせたカクテルです。シュワシュワっとしたフルーティな味わいが特徴的であり、割合は1対3もしくは1対4程度で作ると美味しく作れます。ビールの方が3、4の割合の方になります。

4.ビールの美味しいアレンジ方法についての口コミ

ビールの美味しいアレンジ方法の口コミを抜粋して紹介しています。

5.まとめ

いかがでしたでしょうか。ビールを美味しく飲む方法はたくさんあります。

苦くてどうしても飲めないという方であれば、ジンジャエールやカルピスなどを混ぜてみると飲みやすくなります。ぜひ、試してみてください。



ビール 飲み方