自由な国民性!ブラジルの文化や生活、特徴、習慣などを紹介

ブラジル 文化

日本とは反対側にあるブラジル。地理的にはとても遠い国ですが、日本から大勢の人が移民した国であり、2世3世の世になった今でも日本とはとても関係の深い国です。

今回の記事では、日本とは大きく違うブラジルの文化や習慣、特徴などについて紹介しています。ぜひ旅行前に参考にして下さい。

1.ブラジル文化と日本文化の違いを比較してみよう

1-1 ブラジルのコミュニケーション文化について

ブラジル文化コミュニケーション

ボディータッチが頻繁

ブラジルでは日本と比べて人との距離がとても近い国です。親しい家族や友人なら頬に1、2回キスをしてハグをするほど。それほど親しくなくても頻繁にボディータッチをするので、慣れないうちはとても戸惑うかもしれません。

男性同士がボディータッチしながら会話をしている場面を見るとちょっと異様に感じるかもしれません。しかし、ブラジル人にとって肩や手、腕などに触ることは相手と良いコミュニケーションを保つための重要な習慣なのです。

公共の場でも愛情表現

前項のボディータッチと関連があると思われますが、街や公園など公共の場でキスやハグなど愛情たっぷりの感情表現をしているカップルをよく見かけます。

日本人は目のやり場に困ってしまいますが、ブラジル人の大らかさの表れです。

時間にルーズ

時間に厳しい日本人からすると、ブラジル人の時間の感覚はルーズにも見えるかもしれません。待ち合わせに遅れて来るのは日常茶飯事、学校でも先生が平気で授業に遅れてきたりします。

「すぐ行く・〇〇時に行く=いつか行く」「あとで行く=行かない」と考えておいた方が無難であると、誇張したアドバイスをする人もいるほどです。

親指を立てる動作

親指を立てる「グ~ッ!」の動作はブラジルでは万能です。「大丈夫」はもちろん「グ~ッ!」、「ありがとう」も「グ~ッ!」、「わかった」「ごめんね」も「グ~ッ!」の動作で代用できます。ブラジルに行くと頻繁にこの動作を見ることになるでしょう。

人との付き合い方

ブラジル人はとてもフレンドリーで誰でも輪に入れて楽しい時間を過ごします。しかし、「また会おうよ」と口では言っても、電話番号さえ交換しないことがままあります。

そのギャップが日本人にとっては不思議に感じるかもしれません。

ピアス

ブラジルでは生まれてすぐピアスの穴を開けます。これは親が子供の健やかな成長を願うことによるそうです。

ですので、日本に滞在しているブラジル人の子が日本の学校に入った時、奇異な目で見られたり、学校からピアスを外すよう指導されることもあるようです。

1-2 ブラジルの治安や街文化の違い

ブラジル文化

街が賑やか

ブラジルの街は概して賑やかです。通りには歌う人、大きな声で物を売る売り子、大音響のサウンドカーなどなど。

静かで落ち着いた場所を探すのはなかなか大変です。議会では「騒音は軽犯罪」とアピールしているようですが、あまり効果は上がっていないようです。

列が多い

ブラジルではよく人が並んでいる列を見かけます。特に店での注文や支払いは、機械がうまく作動しなかったり効率が悪いことが多く、列ができがちになります。

郷に入らば郷に従えで、イライラしないで待つしかありません。

トイレットペーパーを流さない

ブラジルでは配水管の構造が良くないこと、ペーパーが溶けにくいことなどから、トイレットペーパーを流す習慣がありません。便座の横に置いてあるゴミ箱に入れます。

親との同居が多い

ブラジルでは若い時に一人暮らしをする習慣がありません。結婚するまで親と一緒に家にいるのが普通ですから、かなりいい年をした子供が親と同居している姿をよく目にします。

恋人の日がある

ブラジルでは6月12日を「恋人の日」として、写真立てに入れた写真を交換し合う習慣があります。時として家族や友達同士でも写真の交換を行うようです。この日があるので、バレンタインデーやホワイトデーの習慣はないようです。

ショッピングセンターが好き

暖かく、天候も比較的安定している国なのに、外での活動にはあまり熱心でないようです。ブラジル人の外出で人気なのはショッピングセンター。

土地が広いためか、スーパーマーケットを超えるハイパーマーケットと呼ばれる広大な商業施設で買い物を楽しみます。

ブラジルのサッカー文化

ブラジルでは多かれ少なかれ誰もがどこかのサッカーチームのファンです。ごひいきのチームが大事な試合に勝ったり負けたりすると、時としてお祭りや暴動に近いような騒ぎになることもあります。

ブラジル 文化