衛兵交代は見逃せない!バッキンガム宮殿の見どころを徹底攻略

バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿の見どころポイントやアクセス方法、チケットの予約方法について知りたいと考えていませんでしょうか。

バッキンガム宮殿は、エリザベス女王が公務を行う現役の宮殿であり、イギリス王室を象徴する豪華な宮殿はロンドンの象徴的な存在です。

今回の記事では、現在も使用されている現役の王宮であるバッキンガム宮殿の見どころポイントや歴史、チケットの購入方法、予約の仕方、アクセス方法など、気になる疑問点を紹介しています。

1.衛兵交代は見逃せない!バッキンガム宮殿の見どころ4選

1-1 バッキンガム宮殿名物見どころ!衛兵交代セレモニー

衛兵交代

バッキンガム宮殿の見逃せない見どころポイントとして衛兵交代セレモニーがあります。宮殿の警備に当たっている衛兵が新しい衛兵と交代する儀式のことです。

黒と赤の美しい制服を着た衛兵たちが、楽器隊や騎馬隊とともに一糸乱れぬパフォーマンスでパレードする儀式は、一度目にすれば、その美しさに惚れ惚れすること間違いありません。

また、衛兵交代式は年間を通して行われており、4月から7月末までは、毎日11時半から、その他の時期では奇数日に行われます。

料金も無料であるため、気軽に見にいくことができるのも、観光客としては嬉しいです。

■衛兵交代セレモニーの場所確保について

バッキンガム宮殿で行われる衛兵交代セレモニーは、広大な宮殿の敷地のため、見学の場所によって見え方が異なってきます。場所を確保するにあたって、ご自分にあったお好みの見どころスポットを選ぶと最大限にセレモニーを満喫できます。

第1の見どころスポット バッキンガム宮殿の正門前

バッキンガム宮殿の正門前は、間近で交代式を見ることができます。交代式をダイナミックに見学できる、いわばコンサートホールのような特等席です。

ただし、身動きが取れないほどの混み合うので、場所取りが大変です。さらに、行進中の衛兵たちの姿はあまり見えないという難点もあります。

第2の見どころスポット ヴィクトリア女王記念碑の前

ヴィクトリア女王記念碑の前は、交代式も行進もしっかり見渡すことができます。周囲よりも少し高くなっているため、見晴らしが良く、交代式も行進の様子も見られるベストポジションと言えます。

第3の見どころスポット 南・東エリアまたは大通り

道を挟んだ南・東エリアまたは大通りは、比較的空いていますので混雑が苦手な方にはおすすめです。交代式の様子は見えませんが、行進している衛兵たちの様子はしっかり眺められます。

混雑からは少し離れているため、落ち着いて見学でき、小さなお子様をお連れの方などにおすすめしたいスポットです。

第4の見どころスポット ウエリントン兵舎前

一味違ったポイントから見たいという方にはウエリントン兵舎前がおすすめです。こちらから、その日の新しい衛兵たちが出発を開始します。

また、その前にバンド演奏も行われます。このスポットは、通な人ぞ知る穴場のポイントといえます。

■衛兵交代セレモニーの注意点

衛兵交代セレモニーは45分ほど続きますが、周辺にはトイレが少ないので注意が必要です。到着前にお手洗いを済ませておくことをおすすめします。

途中でどうしても行きたくなった場合には、セント・ジェームズ・パーク内の公衆トイレを利用すると良いでしょう。

また、海外の人気スポットではよくあることですが、こちらでも混雑に乗じたスリの被害が多発しています。撮影に夢中になり過ぎないように、持ち物には注意してください。

1-2 見どころ満載!バッキンガム宮殿の内部

バッキンガム宮殿

バッキンガム宮殿の内部には、全部で775の部屋があリます。夏の一般公開時期になると、この内19の広間と庭園に立ち入ることができます。

例えば、イギリス国内でも特別美しい部屋と有名な青の客間や金色の手すりが美しい大階段、舞踏室、晩餐の間というように、見学できる広間や庭にはそれぞれ異なるコンセプトがあります。

もちろんエントランスや階段にも精密な装飾が施されており、イギリス文化と芸術の粋が結集した豪華絢爛な宮殿はすべてが見どころとなっています。

■バッキンガム宮殿の見どころスポット12点

第1の見どころスポット

クアドラングルと呼ばれる中庭です。東正面の裏側にあたり、東正面と公式広間の建物に囲まれています。

第2の見どころスポット

グランドエントランス・グランドホールと呼ばれる大玄関と大広場です。公式の賓客がかならず通るエントランスの大広間です。

第3の見どころスポット

グランドステアケースと呼ばれる大階段です。ブロンズ鋳造の傑作と言われる金メッキの手すりに、圧倒的な存在感があります。

第4の見どころスポット

グリーンドローイングルームと呼ばれる緑の客間です。緑の壁紙や家具を基調とした客間です。

第5の見どころスポット

スローンルームと呼ばれる王座の間です。劇場装飾を模し王座を舞台にみたてたシンボリズムを多用した部屋であり、まさに王座の間にふさわしい豪華さです。

第6の見どころスポット

ピクチャーギャラリーと呼ばれる絵画の間です。ピンクと白を基調とした磨りガラスの天井から柔らかい光が差すギャラリーがあり、公式広間の建物の中心におかれた大きな部屋です。

フェルメール、レンブラント、ルーベンス等の巨匠の作品が飾られています。

第7の見どころスポット

イーストギャラリーと呼ばれる、東のギャラリーです。ヴィクトリア女王関連の絵画が飾られています。

第8の見どころスポット

現在も晩餐会が行われるボールホールと呼ばれる舞踏室です。玉座やダンスを干渉するための観客席があり、大ホール全体を眺められる椅子もあります。この豪華爛漫な宮殿で、一時休憩することができます。

第9の見どころスポット

ステートダイニングルームと呼ばれる晩餐の間です。赤を基調としたとても重厚感のある部屋であり、晩餐会が王室にとってどれほど大切な外交手段であるかを伺わせます。

第10の見どころスポット

ブルードローイングルームと呼ばれる、青の客間です。グリーンの壁紙と金の天井がさわやかな印象を与える部屋であり、イギリスで最も美しい部屋のひとつと言われています。

第11の見どころスポット

ミュージックルームと呼ばれる音楽の間です。アーチ状の張り出し窓が可愛らしく、もはやおとぎの世界を演出したような部屋です。建築当時の最先端テクノロジーを駆使していることも特徴です。

第12の見どころスポット

白を基調とした金と黄色の家具で飾られたホワイトドローイングルームです。女王が客人に会うときに使われ、女王が自室から直接入るための隠し扉があります。

1-3 バッキンガム宮殿に併設している「クィーンズギャラリー」

バッキンガム宮殿には、併設している2つのギャラリーがあり、そのひとつがクイーンズ・ギャラリーです。



バッキンガム宮殿