習慣や文化の違いはあるの?知っておくべきカンボジア文化とは

カンボジア 文化

みなさんはカンボジアという国に対してどのようなイメージを持たれているでしょうか。カンボジアと言えば東南アジアの国、アンコールワットが有名、などのイメージがある方が多いと思います。

また、実際にカンボジア観光に訪れたことがある方も少なくはないのではと思います。ただその中でもカンボジアの文化についてご存知の方は多くないのではないかと思います。

今回の記事では、カンボジアの文化にスポットライトを当てご紹介させていただきます。ぜひ、参考にしてください。

1.文化を知る前に!そもそもカンボジアってどんな国?

カンボジアは東南アジアのインドシナ半島南部に位置する国です。面積は18万km2で日本の約半分となっており、人口は1500万人ほどです。

国民の多くが仏教徒ですが、かつてのクメール朝時代に栄えた有名なヒンドゥー寺院が数多くあり、特にシェムリアップ市にある世界遺産のアンコールワットが特に有名です。

国の真ん中をメコン川が北はラオスから南はベトナムへと流れています。このメコン川がカンボジアの土地に豊かな資源をもたらしています。

2.カンボジア文化を作った国民性について

それではまずカンボジア人の国民性についてご紹介していきます。

2-1 敬虔な仏教徒が多い

カンボジアはカンボジア仏教を信仰している国で、約90パーセントの人々が仏教徒となっています。国民にも敬虔な仏教徒が多く生活にも仏教が根付いています。

カンボジア仏教の生まれは複雑で、元々ヒンドゥー教の国家であったカンボジアに12世紀末ごろに仏教が混じり合った形となりました。

そのためベースは仏教ですが、未だにヒンドゥー教の神様を祀っている仏教寺院も多いです。

2-2 家族を大切にする

カンボジア人は温和な気質の方が多く、協調性があり、家族や仲間と過ごす時間を大切にする人々が多いです。

謙虚に他人を支え合う文化があり、役割分担を行い皆で助け合う姿は昭和の日本と重なる部分もあります。

また、カンボジア人には親日家の方多く、日本人にもとても友好的な人が多いです。

2-3 見栄やプライドが強い

上述した謙虚な姿の一方で、カンボジア人には学歴や所得、身なりで相手の身分を判断するという一面も見受けられます。カンボジア人は見栄やプライド意識が強い国民といって良いでしょう。

そういった外面的な部分が足りなければコンプレックスになるような生き辛い格差社会であるという側面がカンボジアにはあります。

3.カンボジア人の生活文化や習慣について

次にカンボジア人の生活習慣について見ていきます。

3-1 カンボジア料理の特徴

カンボジア料理は多くの料理にプラホックと呼ばれる発酵した魚のペーストやカピと呼ばれるエビやアミのペーストを用います。

また、魚醤やココナッツミルクも多く用いられ、魚醤は炒め物やスープに、ココナッツミルクはカレーやデザートに使われます。カンボジアの主食は米で、細長く水分が少なく香り高い品種が多いです。



カンボジア 文化