キャニオニングとは?実際に体験した著者がわかりやすく解説

キャニオニング

最近のアウトドアレジャーでは、耳新しいレジャーの種類をいくつか聞くようになりました。その一つが、キャニオニングです。

canyon(キャニオン=渓谷)ingって、何?よくわからないけれど、なんだかアウトドアが好きであれば、きっと好きになりそうな響きです。

今回の記事では、今年の夏、家族とキャニオニングを体験した筆者が、キャニオニングのABCをご紹介します。

1.キャニオニングとは?

キャニオニング

キャニオニングとは、簡単に言えば、シャワークライミングの反対、つまり渓流に沿って下ってくるものです。自然が作ったウォータースライダーを身一つで滑るイメージです。

シャワークライミングとは、渓流に沿って、あるいは渓流の中を登るもので、日本では人気がありました。

キャニオニングは、マイナスイオンを浴びながら、林間を渓流に沿って歩く、高低差のある渓流を体一つで下ります。

場合によっては、滝つぼに飛び込んで泳ぐなど、山遊び、水遊びのいいとこどりのアウトドアレジャーです。

渓流を下るといえば、いかだに乗って急流を下るラフティングを思い出すかもしれませんが、キャニオニングは、そんなものは使いません。

2.キャニオニングはどこで楽しめる?

最近のキャニオニング人気で、北は北海道から南は沖縄まで日本のいたるところで、キャニオニングができるようになりました。

特に、関東や関西、九州エリアには人気スポットがいっぱいです。

キャニオニングが楽しめる関東エリア

関東地方では、東京都の奥多摩エリア、神奈川県の丹沢エリア、群馬県の谷川岳周辺のみなかみ町などが有名です。



キャニオニング