シュラスコとは何か?ケバブとの違いやおすすめのお店も紹介

シュラスコとは

シュラスコと聞いても何のことだか知らない人がいると思いますが、調理や食べることが好きで、中でも肉料理が好きな人は好んで食べに行く人もいる肉料理です。

今回の記事では、シュラスコとはどんな料理なのか?ケバブとはどう違うのか?など、まとめましたのでぜひ参考にしてください。

1.肉料理の代表格!シュラスコとは、どんな料理?

シュラスコとは

シュラスコはブラジルなど中南米や南米で鉄の串に牛肉や豚肉、鶏肉の大きなかたまりを刺し通し炭火でじっくり焼き、岩塩や専用のソースで味付けして食べる肉料理です。

一般家庭ではバーベキューのようにして食べますが、レストランなどではコックさんがオーダーされた肉の大きなかたまりを炭火で焼いた後、テーブルに持って来てお客さんがそれぞれ好きな部位を指定し、コックさんがその部分を豪快に削ぎ切りにした肉を食べます。

岩塩で味付けはしてありますがレストランなどでは玉ねぎやピーマン、トマトなどを微塵切りにして塩やワインビネガー、オリーブオイルで混ぜた定番のソースが添えられ、肉に好みの量をかけて食べます。

2.本場ブラジルでシュラスコはどのように食べられている?

ブラジルの一般家庭での食べ方は、日本人が良くやるバーベキューに似ており串刺しにした肉を金網に載せ炭火で焼き、焼いた肉は岩塩だけで味付けしてそのまま食べたり、フランスパンのようなパンにはさんで食べます。

日本でのバーベキューでは、肉だけでなく野菜や魚、ホタテガイなどいろいろ季節的なものを一緒に焼き、いろいろな味で食べますが、ブラジルでのシュラスコは焼くのも基本的に肉のみで岩塩だけでの味付けで食べます。

肉を焼く時の火力調整には炭火に直接水をかけながら焼くのも日本と焼き方が違い、水をかけた時の蒸気で肉の柔らかさを調整することができ、好みの柔らかさにして食べます。

3.シュラスコはケバブと、どう違うの?

シュラスコは牛肉や豚肉、鶏肉のかたまりを大きさによっては1~2本の鉄の串に刺し通し、岩塩をふって、網にのせ下から炭火でじっくり焼いた肉料理です。

ケバブは羊肉をスライスし鉄の串に重ね刺していき、大きな固まりにしたものを周囲にヒーターなどで取り囲んだ中をゆっくり回転させながら焼き、食べる時に焼けた部分から順次肉を削ぎ落として食べ、残りをまた回転しながら同じように繰り返し焼いて食べます。

このようにシュラスコは大きな肉のかたまりを焼き、ケバブはスライスした肉を大きなかたまりにして焼き、焼き方も下からか回転させながらかの違いがあります。

4.東京で食べたい美味しいシュラスコのお店

シュラスコ料理は全国で食べられるようになりましたが、ここでは東京で美味しく食べられるお店を3店紹介します。

シュラスコの名店①「バルバッコア」

バルバッコアは都内に数か所あるブラジルで人気の有名シュラスコ料理店で、サンパウロにある本店の味を再現するためにブラジルからきたパサドールといわれる肉の専門家が常駐しています。

パサドールは適度なサシが入って柔らかさのある赤身肉の準備や焼き上げ、状態管理まで行うスペシャリストです。

焼き方は肉を塊のまま串に刺し岩塩でじっくり焼き上げ、お客様の目の前でスタッフが切り分けします。またブラジル食材のヤシの芽など常時40種類以上あるサラダバーがあり好きなだけ食べられます。

詳細ページ

シュラスコの名店②「Super Bacana(スーペル バッカーナ)」

シュラスコ料理を日本で最初に紹介したのがBacana(バッカーナ)でマスコミなどにも取り上げられシュラスコブームを巻き起こしました。

Super Banana(スーペル バッカーナ)は2代目として銀座のパズル ギンザ内にオープンし、シュラスコ職人を本場リオから招き希少部位を含む12種類のシュラスコと焼きチーズ&焼きパイナップルなど、本場さながらのシュラスコ料理が食べられます。

また、新鮮な野菜やデリの他、カクテルやワインもそろい、店内の雰囲気もおしゃれで女子ウケ抜群のお店です。

詳細ページ

5.最後に

いかがでしたでしょうか。世界に肉料理はたくさんありますが、肉の塊を豪快に楽しむにはシュラスコ料理が最高です。

お店にはそれぞれにこだわりがあり、違いを楽しむこともできます。ぜひ参考にしてください。

シュラスコとは