パクチーの味はどんな味?好き嫌いが多いのはなぜなのか紹介

パクチー 味

料理の仕方で香りを減らす工夫ないの?

タイなどではごく普通に食べられ、日本でもこれまでの食材よりさらに美容やアンチエイジングにも効果があるといわれているパクチー料理です。

おいしく食べられる人は問題ありませんが苦手な人も料理の仕方を工夫することで独特な香りを減らす方法があり食べられるようになるかもしれません。

香りを減らすための工夫としては生で食べる場合や熱を加えて食べる場合、包み込んで食べる場合なの方法などがあります。

生で食べる場合

サラダのように生で食べる場合には細かく刻みすぎるとパクチーの香りが強く出てきますので大きく手でちぎる程度にしましょう。

オリーブオイルやレモンライムなどの香りの強いドレッシングでパクチーの香りを薄めて食べることができます。

加熱して食べる場合

パクチーは天ぷらのように加熱することで独特な香りを減らすことができます。

また、カレー料理などのようにカレーの香りでさらにパクチーの香りを抑えることができます。

包み込んで食べる場合

パクチーの独特の香りを減らすために加熱と同時にギョーザやシューマイなどのようにそれぞれの皮などで包み込んで焼いたり蒸したりして食べる方法があります。

最後に

美容や健康に効果があるといわれているパクチーでも、香りが独特でなかなか食べることができないという人は、パクチーの料理を工夫することで食べられるようになります。

料理の本に出ている一人前のパクチーの量ではなく、慣れるまで少しずつ増やしていくことがパクチーに慣れるコツです。

ニンニクやホヤなど最初は食べられなかった人が、料理の工夫や鮮度を大事にすることで食べられるようになるように、パクチーもいろいろ工夫しながら自分に合った料理を見つけます。

徐々に料理メニューも増やしいつの間にか普通に食べられるようになります。



パクチー 味