三日月のおいしいパン!クロワッサンの発祥や由来、意味とは

クロワッサン 意味

おいしいパンの話題は地方発でもすぐに全国区になるほど人気が高まる傾向があるように、日本人はパンも大好きです。おいしいパン屋さんの情報は、旅先でも欠かせないと言っていいでしょう。

今回の記事では、旅先のパン屋さんを訪れる前に、人気商品でもあるクロワッサンについてのあれこれをご紹介します。

三日月のおいしいパン!クロワッサンの発祥や由来、意味とは

クロワッサン 意味

クロワッサンと言えば、バターたっぷりの豊かな味わいと何層にも重なった生地がさっくりとした食感をもたらすシンプルなパンというイメージが浮かぶと思いますが、その意味は三日月。

三日月の形をしたパン、そもそもクロワッサンが三日月のようなこの形になったのはなぜでしょうか。

三日月の形をしているのはなぜ?

クロワッサンのはじまりは17世紀末のウィーンで作られたと言われています。

当時は一般的なパン生地で作られたクロワッサンもその後ヨーロッパじゅうに広まり、フランスで現在のような何層も重なる生地で作られたクロワッサンのスタイルが好まれて定着したということです。

クロワッサンの由来や発祥は?

実はクロワッサンは勝利を祝うために作られたパンでした。17世紀末、戦乱の時代にオーストリアを進行したトルコ軍を撃退しました。

喜びに沸くオーストリア、ウィーンでは、戦いに勝ったお祝いに、トルコの国章である三日月をかたどったパンを作って勝利を祝ったそうです。

クロワッサンが三日月である理由にはヨーロッパの戦争を乗り越えて生まれたというエピソードがありました。

クロワッサンの食べ方は焼き立て?それともしっとり?

今では世界中で愛されるパンのひとつとして知られるようになったクロワッサンですが、パン屋さんでも人気商品、おすすめ商品となっています。

クロワッサンの専門店の数も多く、ケーキショップでも店頭で販売されていることもあります。

その特別な生地の魅力は食べる楽しみだけではなく、作る側にも好奇心や探求心やのインスピレーションをもたらしているのかもしれません。

クロワッサン 意味