傷つけないデートの断り方!知っておくべき要注意ワードも紹介

デート 断り方

職場の異性から誘われたデートの断り方のポイントは、はっきりと付き合えないことを伝えることにあります。うまく断れないまま1回だけ…なんてデートに行ってしまうのは後々面倒になるので1番危険です。

職場の上司、取引先の人が相手でも角が立たないデートの断り方をチェックしておきましょう。

職場版デートの断り方①「好きな人がいるアピール」

「彼(彼女)と約束があるので」と伝えてしまえば相手がいるんだなと思い込み、ほとんどの場合それ以降のしつこいデートの誘いはなくなります。

たとえあなたが今フリーであったとしても、いるように装ってしまうのも一つの手です。毎日顔を合わせるといっても職場は職場、あなたのプライベートまで熟知しているような間柄の人は少ないでしょう。

職場版デートの断り方②「変な噂になるのが嫌なのでと断る」

職場で変な噂が立つと仕事に支障が出ます。職場の人から誘われたデートの断り方として、それを理由に断るのもいいでしょう。

あなたとは変な噂になりたくないという断りの意思も込められているので、よほど鈍い人でなければ自分には脈がないんだなと諦めてくれるはずです。

「仕事のことを考えて断っている」というのを伝えるのが大切です。あなたに興味がないと伝えるよりも角が立たないのでおすすめです。

Line版相手を傷つけないデートの断り方

Lineの場合、表情や声のトーンが分からないので、お断りの連絡はキツイ印象になりがちです。デートのお断りの返事だけではなく、誘いに対する感謝、誘いを断る謝罪を一言添えるといいでしょう。

・お誘いありがとうございます
・せっかく誘ってくれたのにごめんなさい 等

返信のタイミングは先延ばしにせず、可能性がない相手であればあるほど丁寧に対応して、お互いの間に壁を作っておきましょう。

4.男性からの誘いを断る時に心がけておくこと

男性からしつこく誘われて困っている、そんなあなたはこれまでどのような断り方をしてきたか振り返ってみてください。相手を思うあまり、傷つけないようにやんわりし過ぎた断り方になっていませんか。

相手が会社の上司だったり、女性は自分の方が弱い立場になりがちですが、相手がしつこすぎる場合は、ハッキリと断ってしまった方が身のためです。

しつこい男性ほど鈍感な人が多いので、遠回しな言い方だと伝わらないもの。いっそ彼氏がいるという嘘でも構わないので、デートに行く気がないことを伝えましょう

5.女性からの誘いを断る時に心がけておくこと

女性の多くは男性から誘って欲しい、男性から告白して欲しいと思っています。そのため、脈アリか、ナシなのかについての判断は男性よりも敏感なものです。

仕事が忙しいことや、他に予定があることを理由に断っているとすんなり諦めてくれる場合が多いです。

顔がタイプではないことや、デートの誘いにも関わらず好きではないなど、ハッキリと言い過ぎると女性の恨みを買ってしまうことに繋がるので注意してください。

6.デートの断り方で脈ナシ脈アリを判断できる

相手とのつながりを維持しておきたい、本当に都合がつかなくて断ったという場合は別な候補日を提案されることがあります。そのような場合は、男性も女性も関係なく、脈アリと判断していいでしょう。

逆に、2,3回誘ったのに断られる場合や、Lineでなかなかデートの誘いが既読にならないような場合は、脈ナシと判断した方がいいかもしれません。

基本的には、自分だったら興味がある相手、興味がない相手から誘われたらどうするか、それを基に考えてみるといいでしょう。

7.まとめ

相手を傷つけずにデートを断るのはなかなか難しいですが、断る理由を相手にせず、他の理由に置き換えることでスマートに断ることができます。職場の人など、特に断り辛いと感じる相手にはこの方法が有効です。

デートを断られて全く傷つかないということはないので、気にし過ぎず、相手をその気にさせないような断り方を意識しましょう。

デートの誘い方に関しては、こちらの記事を参考にしてください。

女性からのデートの誘い方特集!LINEでの会話例も具体的に紹介

デート 断り方