初めて食べる人でも大丈夫!つけ麺の食べ方をかんたんに紹介

つけ麺 食べ方

また、お店によれば、釜揚げうどんのように麺がお湯につかった状態でサーブされるものもあり、「湯だめあつもり」といいます。また、あつもりがないお店もあるので、注意しましょう。

つけ麺の知識②「付け合わせの食べ方」

付け合わせのネギ、メンマ、チャーシューはそのまま食べても、スープをくぐらせても良いので、お好みで食べましょう。

ラーメン同様、海苔が基本的についてきますが、箸休めのように途中でたべるもよし、海苔で麺を巻くもよし、これまたお好みで問題ありません。

つけ麺のスープについて①「味のバリエーションを楽しもう」

つけ麺の濃厚スープを食べ続けていくうちに、味が単調になってきます。そんなとき、テーブルにある胡椒やお酢、ラー油、生ニンニク、豆板醤でスープの味の変化を楽しむといいでしょう。

その際、それらをスープに入れると全体が変化してしまうので、麺にそれらをのせて食べると、何種類もの味の変化を楽しめます。

つけ麺のスープについて②「スープ割りとは?」

蕎麦屋で最後に蕎麦湯が出て、そばつゆを割って飲むように、つけ麺屋では、麺を食べ終わった後の〆に、出汁が出ます。

残ったスープに熱めの出汁を注いで、濃厚スープを飲みやすくして飲みます。スープを最後まで味わい尽くしたい人には、スープ割りは楽しみな一瞬です。

お店によっては、麺を食べ終わった後、ご飯(あとめし)を注文し、スープにご飯を投入し、リゾットのように食べる「飯割り」というものもあります。

3.まとめ

つけ麺の食べ方ガイドはいかがでしたでしょうか。

オプションのトッピングには、さまざまなものがありますが、個人的に生玉子がおすすめです。

つけ汁に生玉子を落とし、最初、麺とつけ汁と卵白のハーモニーを楽しみます。食べ進んだら、おもむろに黄味を崩していくと、味の変化が楽しめます。

ぜひ参考にしてください。

つけ麺 食べ方