これを読めば初めての方も安心!台湾の士林夜市を徹底紹介

土林夜市

台湾には、近代的な高層ビルが立ち並んでいる都会的なエリアの横に、昔ながらの建物やローカル色満載の夜市があって、新旧の魅力が入り交じった街です。台北であれば、日本から4時間弱で旅行することができ、治安も比較的良いので、やさしく迎えてもらえることでしょう。

台湾の中でも人気の夜市ですが、台湾の魅力がギュッと詰まっています。各地に夜市はありますが、台北で一番人気の士林夜市について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

まず最初に台湾の夜市について

台湾 土林夜市

台湾には、各地に夜市(よいち)があります。夜市とは、地元の人も観光客もたくさんの人がやってきて、食べたり飲んだり、買い物であったりなど、にぎやかなお祭りのようです。

台湾の地元の人に聞いたら、元々は、寺廟の参拝客相手に発展したものだったとのことです。地域ごとに特色があって、大規模な夜市であれば一晩では回り切れないほどです。

そんな中で、士林夜市は台北最大級の夜市です。さあ、士林夜市を思い切り遊びつくしましょう。

夜市初心者のための、士林夜市を徹底解説!

台湾の士林夜市への行き方、アクセス方法

台湾 土林夜市

台北市内とその周辺を縦横に走るMRT(地下鉄・新交通システム)は、安心・安全、そして安いです。それぞれの駅には、駅番号が振られているのでわかりやすいです。1回乗るたびに買う場合は、自動販売機から、ICトークン(プラスチックのコインのようなもの)が出てきます。

プリペイド式(チャージして何度でも使えます)のICカード、又は、1日乗り放題券(他に、2,3,5日間用)があります。どの程度乗るのか、何日いるのかによって、都合のいいものを選んでください。

士林夜市は、MRT淡水信義線の劍潭駅下車が一番便利です。劍潭駅の次が士林駅ですが、士林夜市の最寄り駅ではないので間違わないでください。士林駅の一つ手前の劍潭駅から徒歩3分です。

駅から出ると、MRTに沿って歩いてください。人の流れがあるので、間違いませんから安心してください。

台湾の士林夜市に行くなら、どの時間帯がいいのか?

士林夜市は、文字通り夜市ですので、夜間にやっています。にぎわうのは、夕方から深夜1時ごろまでです。美食広場であれば、昼間もやっています。ただ、夜市の雰囲気を味わいたいのであれば、暗くなって灯りが灯るころに行くことをおすすめします。

昼日中に見ると、いろんなものが見えて、がっかりしちゃうかもしれません。ただ、午後6~8時は、地元の人も食事に来るので大混雑します。また、あまり深夜というのもおすすめできません。

MRTというのは24時間営業ではありません。やはり、深夜もあまり遅くなると、安全という意味でもおすすめできません。

夜市を遊びつくして、楽しい思い出、お土産だけをお持ち帰りください。そのためには、夕方から、11時ぐらいまでにしておいたほうが安心です。

台湾の士林夜市エリアについて、おすすめスポットを紹介

台湾 土林夜市

台湾の最大規模である士林夜市は、広大な範囲にわたっていて、一晩で全部を見て回ることは無理と考えた方が妥当です。飲食屋台や洋服店、雑貨店などがだいたいエリアや通りごとに集まっています。

MRT劍潭駅を降りて、すぐのところに美食広場があり、売る人、食べる人でごった返しています。巨大な建物の中に、小吃の屋台が並んでいます。行列が絶えない屋台は、要チェックです。まだまだ先にも屋台はいっぱいありますので、はやる気持ちを抑えつつ、少しだけ小腹を満たして、先に進みましょう。

士林夜市に向かって歩き始めると、最初に洋服や雑貨のお店が集まっているところを通ります。そこは、大東路と言います。大東路は、士林夜市のメインストリートになります。迷ったら、この通りに戻れば、劍潭駅に戻れます。

土林夜市