意外と知らないエジプト文化を紹介!特徴や違いを徹底紹介

エジプト 文化

エジプトという国にどのようなイメージをお持ちでしょうか。ピラミッドやスフィンクス、ナイル川、といったイメージをお持ちと思いますが、意外とそれ以上のことを思いつく方は少なくありません。

今回の記事では、エジプトの文化についてフォーカスし、日本との違う部分をご紹介していただきます。ぜひこの記事を機にエジプトについて詳しくなってみてください。

1. エジプト文化を知る前に!まず最初にどんな国なの?

エジプトは中東とアフリカの間にある国で、世界最長の川であるナイル川に沿って古くから文明が栄え、ピラミッドや巨大なスフィンクス等史跡がたくさんあることで有名な国です。

エジプトの首都はカイロで、公用語はアラビア語、人口は約9,000万人の国です。ヨーロッパとアジアを結ぶ重要な航路であるスエズ運河があることでも有名です。

2.エジプトで信仰されている宗教について知ろう

エジプトの文化を語るのに当たってまずはエジプトで信仰されている宗教の状況についてご紹介します。

2-1 人口の約90パーセントがイスラム教徒

エジプトについて語る上でまず切り離せないのがイスラム教です。ご存知の通りエジプトはイスラム教の国で、人口の約90パーセントの方がイスラム教徒です。

イスラム教はエジプトの憲法で国教に指定されています。その他エジプト土着のキリスト教会であるコプト教会等の信者がいます。

2-2 お祈りが生活に密接

イスラム教徒のエジプト人は夜明け前からお祈りをするため早起きであるという特徴があります。ただその分お祈り後に昼近くまで寝たり、昼寝を多くとったりしてバランスをとっています。

そして、日中食事をとることができないラマダンがある影響か、エジプト人は夜型の人が多く、子供でさえ深夜まで起きていることが多いです。

2-3 イスラム教は飲酒が禁止だが

国民のほとんどがイスラム教徒のため、飲酒が禁じられています。

ただ外国人向けのビールを販売していたり、エジプト人の中でも他宗教の方は飲酒をしている方もいたりするようで、国として厳格に禁じている、ということは無いようです。

2-4 女性はへカブという布を身に付ける

イスラム教の国ではお馴染みの、女性が布で顔を隠す、というルールがあります。

ただ他の厳格な国に比べ、お洒落な色のへカブを身に付ける方も多く、一つのファッションとして捉えている感じもあります。

3.旅行の楽しみといえば!エジプトの食文化について

次にエジプトの食文化についてご紹介します。エジプトの料理はそのルーツを古代エジプト時代まで遡ることができます。

長い歴史の中で古代ローマ、古代ギリシア、トルコ等との交流や支配の中でその料理の基礎が培われ、今日のエジプト料理が出来上がりました。

3-1 エジプト料理の主食

アエーシと呼ばれる薄いパンが主な主食で、ゆでたソラマメをつぶして作ったディップや焼きナスから作ったピューレにつけて食べたり、半分に切って具を入れて挟んでサンドイッチのように食べたりします。

具にはひき肉の団子やダイコンやニンジンの漬物、ソラマメコロッケ等を用います。またオルズというジャポニカ種の米も良く食べます。

3-2 エジプト料理の副菜とは

豆や野菜を使ったヘルシーな料理が多く、コリアンダーやブラックペッパー等スパイスも良く使われます。副菜の料理としてはスープやサラダが多く食べられます。

またエジプトはトマトの生産が世界5位であり、料理にはトマトが多く使われている料理が多く日本人にも食べやすい味も多いです。

3-3 エジプトの肉文化について

エジプト人は大半がイスラム教のため豚肉を食べる習慣がありません。その代わりに鳩肉が多く使われる点は日本とかなり違う点と言えます。

また鳩肉だけでなく牛肉や羊肉、ナイル川や地中海で獲れた新鮮な魚介類もよく使われます。この他、ラクダやウサギの肉も食べられます。

3-4 エジプトの飲み物

エジプトで最もよく飲まれている飲み物は紅茶で、ミントを入れて煮出したアッシャーイビンナアナーアと呼ばれる紅茶が人気です。



エジプト 文化