外国で人気のお菓子特集!海外旅行のお土産にもコレがおすすめ

外国 お菓子

誰からも喜ばれる海外旅行の定番お土産といえば、やはりお菓子類です。世界各国には美味しいお菓子がたくさんありますので、知っておきたいですよね。

今回の記事では、世界各国で愛されている外国のお菓子について紹介しています。お土産としても、あるいは自分で楽しむのにも最適な、各国で人気の定番お菓子を記載しているので、ぜひ参考にしてください。

1.おすすめしたい!世界各国で愛されてる外国のお菓子特集

1-1 外国で人気のお菓子特集「イギリス編」

外国お菓子イギリス編

WALKERS(ショートブレッド)

サクサクの食感と豊かなバターの香りが特徴のショートブレッドは、スコットランドの伝統的なお菓子です。

中でも有名なのが、赤いチェック柄のパッケージが目印の『ウォーカーズ』。缶入り、大箱入り、小分けタイプなどバリエーションも豊富です。

詳細ページ

SHORTBREAD HOUSE OF EDINBURGH(ショートブレッド)

『ショートブレッドハウス オブ エディンバラ』は英国王室御用達で、お菓子の賞の常連としてイギリス国内では有名です。

食べ終えた後もキャニスターとして使える、シックで機能的な容器も魅力的です。

詳細ページ

McVitie’s(チョコレートビスケット)

『マクビティ』はイギリスで最も有名なお菓子メーカーの一つ。ウィリアム王子とキャサリン妃のウェディングケーキも手がけました。

チョコレートビスケットは、イギリスで毎秒52枚の割合で消費されていると言われる看板商品です。

詳細ページ

Cadbury’s(チョコレート)

英国王室御用達の『キャドバリー』は、世界第2位のお菓子ブランド。200年の歴史を持つ老舗で、映画「チャーリーとチョコレート工場」のモデルとも言われています。

中でも1905年に誕生した『デイリーミルク』は、イギリス中のスーパーで見かける定番中の定番です。

詳細ページ

1-2 外国で人気のお菓子特集「フランス編」

外国お菓子フランス編

Laduree(マカロン)

マカロンと言えば『ラデュレ』。フレーバーやバリエーションも多く、上品な化粧箱に入っているので、おみやげでプレゼントすると喜ばれること請け合いです。

あまり日持ちはしませんが、帰国日に買って帰れば大丈夫かもしれません。

詳細ページ

PAUL(ブリオッシュ)

ブリオッシュは菓子パンの一種。王妃マリーアントワネットが飢えた民衆を見て、「パンがなければお菓子を食べればいいのに」 と言ったのは有名な話ですが、そのお菓子がブリオッシュだったそうです。

おすすめのお店は老舗ベーカリーの『ポール』。パリに多くの店舗があり種類も豊富です。

詳細ページ

Café des Deux Moulin(クレームブリュレ)

フランス映画「アメリ」にも登場したのが、『カフェ・デ・ドュ・ムーラン』のクレームブリュレ。

濃厚でなめらかなカスタードクリームと、カリカリに焼かれたほろ苦いキャラメリゼのハーモニーが絶妙です。

詳細ページ

Bonne Maman(マドレーヌ)

フランス国内のスーパーで手軽に買えて、しかもおいしいのが『ボンヌママン』のマドレーヌです。

卵25%、バター27%も使っていて、一つひとつが大ぶりでボリュームがあるため、とてもリッチな味わいです。

詳細ページ

1-3 外国で人気のお菓子特集「イタリア編」

外国お菓子イタリア編

Baci(チョコレート)

『バッチ』はイタリア語で「キス」という意味の複数形。寄り添う恋人たちのシルエットが入った青いパッケージが目印です。

ヘーゼルナッツが丸ごと1粒チョコに包まれ、銀紙を開けると愛のメッセージが入っています。

詳細ページ

Caffarel(ジャンドゥーヤ)

ジャンドゥーヤは、焙煎したヘーゼルナッツやアーモンドのペーストとチョコレートを混ぜたものです。19世紀初頭にトリノの菓子店『カファレル』が考案しました。

イタリアのチョコの代名詞として世界中に知られている、おみやげの定番品です。

詳細ページ

Kinder(チョコレート)

『キンデル』は、イタリアのスーパーならどこでも見かけるチョコの定番。ミルクベースの優しい味わいが特徴です。

中におもちゃが入った卵型のKinder Sorpresaは、子供たちへのおみやげに最適です。

詳細ページ

BARBERO(トロンチーニ)

トロンチーニとは砂糖、はちみつ、卵白にナッツを入れて固めたヌガーのこと。1883年創業の老舗『バルベロ』では、高級なピエモンテ産ヘーゼルナッツのみをふんだんに使った昔ながらの製法で、北イタリアの伝統を守り続けています。



外国 お菓子