意外と外国人に喜ばれるおすすめのお土産5選!嫌いなお土産も紹介

外国人 お土産

外国の方にお土産を渡したいけど、どんな物を喜んでくれるのだろう…お土産を渡したことがない方は、何を渡したら良いかわからないですよね。

今回の記事では、喜んでもらえるおすすめのお土産や不人気のお土産、手渡すときの禁止事項やマナーなども記載してあります。初めてお土産を持参するその前に、ぜひ参考にしてください。

1.日本の歴史を感じる!外国人が喜ぶ日本のお土産5選

1-1 外国人に喜ぶお土産①「風呂敷」

風呂敷は、使い捨ての包装紙や紙袋の代わりに使えるので外国人に人気のお土産です。コンパクトで、持ち運びも自由、そして小さな物から大きな物まで、なんでも包めてしまうからです。

日本を思わせる文様、色、絵柄や素材を選ぶと良いでしょう。舞妓さん・金閣寺・桜・浮世絵(喜多川歌麿の美人画や葛飾北斎の赤富士)などの絵柄が好まれます。

荷物にならず持っていく側にもうれしい風呂敷ですが、お土産に選ぶなら風呂敷の包み方は必ず伝えることです。

風呂敷は観賞するため額に飾っておく外国人も多いので、日常で使う本来の用途を、教えてあげましょう。

ネットでの購入はこちら

1-2 外国人が喜ぶお土産②「折り紙」

外国人にとって、動物や身近な物の形を紙一枚から作ってしまう折り紙は、日本の伝統文化が感じられる魅力的なお土産です。折り紙はより深く日本文化を感じられるよう、和柄模様を選びましょう。

無地の折り紙よりも、市松模様、着物柄、花をあしらった柄などがおすすめです。紙の質を変えて、和紙で作られた折り紙も古くから伝わる製法に日本を感じてくれるでしょう。

折り紙はどれも数百円から1000円以内で買うことができます。100円ショップなどで揃えられますので、大人数へのお土産を考える方には最適ですね。ただし、注意点が一つあります。折り紙は、折り方の説明書付きを選びます。

私たち日本人でも、折り方はすぐに忘れてしまいます。折り方を知る日本人が帰ってからも楽しむことができるように、折り方が書かれた本とセットにして贈れば完璧です。

ネットでの購入はこちら

1-3 外国人が喜ぶお土産③「手ぬぐい」

和柄模様の手ぬぐいが喜ばれます。ただ外国人の中には、手ぬぐいの綺麗な柄や文様は珍しく、額に入れ飾ってしまう方がいます。風呂敷と同様、使い方を教えてハンカチともタオルとも違う、手ぬぐいの良さを伝えることが大切です。

手ぬぐいは「手を拭く」「汗をぬぐう」ことのほかに、頭に巻く、首に巻く(スカーフの代わり)、前掛けペットボトルに巻く、風呂敷のように小さい瓶を包む、など使い方は様々です。

自分用の手ぬぐいを一枚持って使い方を披露してみせると、わかりやすく伝えられます。

ネットでの購入はこちら

1-4 外国人が喜ぶお土産④「扇子」

外国人に渡すお土産として、扇子は人気が高いです。お土産として、扇子は可愛らしい柄が多かったり、日本を感じれる柄であったりと、伝統の和柄は鉄板です。

また、桜が描かれている柄や今では英語の説明書付きの扇子も販売されています。

ネットでの購入はこちら

1-5 外国人が喜ぶお土産⑤「印鑑」

印鑑は外国人に「ジャパニーズサイン」と教えてあげると、とても喜ばれるお土産の一つです。特に印鑑の文化のない欧米人には、自分の名前があると非常に喜んでくれます。

なので、お土産で渡してあげる時は、相手の名前をプレゼントすると良いでしょう。

2.貰って嬉しい!外国人が喜ぶ意外なお土産

2-1 意外に喜ぶお土産①「日本のカップラーメン」

外国人の肩に渡すお土産として、日本で手軽に買えるカップラーメンは人気があります。

外国人 お土産