福井の日本酒がバランスが良い!幸福な気持ちで酔える美酒8選

福井 日本酒

福井は「全47都道府県幸福度ランキング」で、3年連続でダントツのトップに立っている「幸福度No.1」の県です。

もしかしたら福井のおいしい日本酒も、県民を幸せな気持ちにさせている大切な要素の一つかも知れません。

今回の記事では、そんな福井でおすすめの日本酒を選りすぐってみました。ぜひ参考にしてください。

淡麗でも味わい深く、濃醇でもキレがあるのが福井の日本酒

コシヒカリといえば新潟のイメージが強いですが、実は福井が発祥の地です。

そして山田錦と並ぶ酒米の横綱「五百万石」の生産量は福井が全国第2位です。つまり福井は上質な米の産地なのです。

一方、霊峰「白山」を源流とする福井の水は、酵母を活性化させるミネラル含有量が多く、日本酒造りにはもってこいの水質です。

質の高い米と水に恵まれた福井の日本酒が、おいしくないはずはありません。

福井には現在30の酒蔵があります。福井の日本酒は淡麗辛口と言われることが多いのですが、内陸部と湾岸部では気候も違うため一概には言えません。

ただ、淡麗な酒でも深い味わいを持ち、濃醇な酒でも爽やかなキレがあるという、全体的なバランスの良さが福井の日本酒の特長と言えるでしょう。

世界が認めた福井の本当においしい日本酒5選

世界で最も信頼されているワインの評価基準「パーカーポイント」が、2017年に日本酒の格付けを発表しましたが、90点以上の高評価が付いた78銘柄のうち、福井の日本酒が5銘柄を占めました。

その5つの逸品をここでご紹介しましょう。

世界が認めた福井の日本酒①「黒龍 火いら寿」(黒龍酒造)

山田錦を35%精米した生詰の純米大吟醸酒。さくらんぼを思わせる品格のある香りと、なめらかでスムーズな口当たりを持つ、フルーティ&フレッシュなすっきりタイプの淡麗辛口です。

人気アイドル山下智久さんのお気に入りの酒としてファンの間ではよく知られており、蔵には雑誌の取材で訪ねた時の山Pの写真と記事が飾られています。

蔵元は、福井で最も古い歴史を持つ文化元年(1804)創業の黒龍酒造。福井の日本酒と言えば真っ先に「黒龍」の名が上がるほどのメジャーなブランドです。

世界が認めた福井の日本酒②「梵 夢は正夢 純米大吟醸」(加藤吉平商店)

20%精米の純米大吟醸と35%精米の純米大吟醸をブレンドし、−10度で5年間氷温熟成させた究極の一本。芳醇な香りと、丸味を帯びた米の味わいが特長です。

海外でもトップクラスの日本酒として知られ、世界3大酒類コンペの一つIWC(インターナショナルワインチャレンジ)や、「全米日本酒歓評会」などの国際的な品評会でも数々の最高賞を獲得しています。蔵元は安

政6年(1860)創業の加藤吉平商店。昭和天皇の即位式や国賓をもてなす際にも度々用いられている程の伝統ある蔵です。

世界が認めた福井の日本酒③「早瀬浦 純米吟醸」(三宅彦右衛門酒造)

軽快かつ芳醇という相反する言葉が似合いそうな、福井の日本酒らしいバランスの取れた味わいが特長の純米吟醸酒です。

洋梨を思わせる香りがおだやかに香り、口当たりは軽快で透明感のある印象です。適度な酸味があってキレも良く、飲んだ後にじわじわと米の旨みが広がって心地良い余韻が楽しめます。

福井 日本酒