福井県のお土産15選!おすすめ人気お菓子や雑貨を厳選紹介

福井 お土産

幸福度指数で1位にもなったことがある、福井県のお土産について知りたいと考えていませんでしょうか。なかなか馴染みない場所ですと、どんなお土産を買ったらよいのかわからないですよね。

今回の記事では、福井県のお土産におすすめしたい人気・定番お菓子や雑貨を厳選して紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.福井県で買いたいお土産特集!定番、人気のお菓子10選

福井で買いたいお菓子のお土産1「水ようかん」

「水ようかん」と言えば、夏の暑い時によく冷やして食べるというイメージですが、福井では寒い冬の食べものです。

「でっち羊かん」と呼ばれることもある福井の水ようかんですが、どこの店のものもあっさりとした味で大きくて薄い板状をしており、小豆のフレーバーです。

店によって色や原料の微妙の違いはありますが、どこも黒砂糖を使ってその風味を生かしているのが特徴です。有名なのは「えがわ」の水ようかんですが、11月から3月までの寒い季節限定の販売です。

詳細ページ

福井で買いたいお菓子のお土産2「羽二重餅」

「羽二重」というと柔らかな絹織物のことで、福井は大正時代前後に全国一の羽二重の産地でした。その絹織物をイメージさせる、白くて柔らくなめらかな和菓子が「羽二重餅」です。

原料は米、砂糖、水飴の3つだけなので、素材の良さがそのまま味に反映されます。良質の米、清らかな水が豊富な福井ならではのお菓子で、シンプルながら飽きのこない奥深い味わいです。

最近ではクルミの入ったものや、きな粉をまぶしたものなど、店によっていろいろなバリエーションが出てきましたので、お好みのものを探してみてください。

詳細ページ

福井で買いたいお菓子のお土産3「六方焼」

「六方焼」は、サイコロのような立方体のお菓子(店によってはやや薄い直方体のような形のものも有)です。六面とも押し焼きにしているのでこの名が付いたそうです。

大判焼や今川焼のような生地にこしあんが包まれているものが一般的ですが、店により皮の食感が違ったり、中の餡のフレーバーが違ったりしています。

日持ちが1週間くらいする上に、形がかわいい、味も間違いがない、小腹を満たすボリューム感もある、と良いことづくめで、お土産にはとても喜ばれている品です。

詳細ページ

福井で買いたいお菓子のお土産4「五月ヶ瀬煎餅」

「五月ヶ瀬(さつきがせ)煎餅」は「株式会社 五月ヶ瀨」が製造しているピーナッツが入った瓦せんべいですが、バターが使用されており、クッキーのような甘みと食感をもっています。

1枚1枚石窯の中で焼かれるせんべいは、良質なピーナッツの香りが香ばしく、日本茶にも紅茶やコーヒーにもよく合う、モンドセレクションの金賞を受賞しているお菓子です。

賞味期限が120日と長く、重量もないのでお土産として持ち帰るにはとても便利です。

詳細ページ

福井で買いたいお菓子のお土産5「今庄つるし柿チョコレート」

「今庄つるし柿チョコレート」は平成29年度福井県の優良観光土産品の最優秀賞を受賞した品です。

スモークされたスティック状の柿をチョコレートでコーティングしたお菓子で、燻製香とチョコの苦み、柿の甘み、そこに加えられたブランデーの香りも溶け合い、ちょっぴり大人の味わいに仕上がっています。

和のイメージの強い柿と洋の素材のコラボは意外な美味しさで、話題性のあるお土産になりそうです。

詳細ページ

福井で買いたいお菓子のお土産6「梵 大吟醸ばあむ」

「梵」と言えば福井県を代表する日本酒の銘柄ですが、その「梵」の純米大吟醸の酒粕を使ったのがこの「梵 大吟醸ばあむ」です。

酒粕の芳醇な香りがしっとりとしたバームクーヘンの生地に不思議なほど合い、ホッと気分が落ち着きます。日本酒と洋菓子の意外なマッチングが新鮮な一品です。

詳細ページ

福井で買いたいお菓子のお土産7「はっくつバウム」

もう一つ福井らしいユニークなバームクーヘンをご紹介します。それがこの「はっくつバウム」です。福井県は恐竜の化石が発掘されることで有名で、県内には大規模な「恐竜博物館」もあります。

「はっくつバウム」は福井県産の卵と和三盆を使ってしっとりと焼き上げたバームクーヘンを地層に見立て、恐竜の焼き印を押して地層の中に眠る化石を表現しているユニークなものです。

子どもが喜ぶのはもちろん、大人でも思わずにやりとしてしまいそうなお菓子です。

福井 お土産