観光はこれでバッチリ!袋田の滝をより楽しめる知識を簡単紹介

袋田の滝

茨城の人気観光スポット、袋田の滝をご存知でしょうか。

日本中に数ある滝の中で、「日本の滝100選」に選ばれるだけでも名誉なのに、袋田の滝は、那智の滝、華厳の滝とともに「日本三名瀑」の一つに選ばれているのです。

今回の記事では、そんな袋田の滝に行く前に知っておけば、もっと袋田の滝が楽しめるという情報をお伝えします。ぜひ参考にしてください。

1.日本三名瀑の一つ、袋田の滝ってどんな滝?

平安時代の歌人、西行法師も訪れ、たたえた歌を詠んだという歴史ある滝です。

袋田の滝のすごいところは、滝の落差が120m、幅73mもの大きさです。ちなみに、日本三名瀑の一つ、華厳の滝は、落差97m、幅7mですから、袋田の滝の大きさがわかります。

袋田の滝は、大岩壁を四段に落下します。四段の滝の流れは、白糸のようになめらかでありながら、厳しくたたきつけるようでもあり、さまざまな表情を楽しませてくれます。

正面から滝の全景をご覧になりたい場合、「袋田の滝観瀑トンネル」をくぐり、第1、第2の観瀑台へ行くことができます。

第2観瀑台へはエレベーターで行くことができ、3つのデッキから滝全体を見ることができますから、行かれることをおすすめします。

(有料 大人300円、子供150円)

もし、有料観瀑台へ行かれなくても、滝側面から月居山へ至るハイキングコースから滝の一部を見ることもできます。

2.袋田の滝の別名はなに?

袋田の滝は、「四度(よど)の滝」とも呼ばれることがあります。

滝が大岩壁を四段に落下するからとも、かの西行法師がこの地を訪れた際に、「この滝は、四季それぞれに訪ねてこそ、ほんとうの美しさを味わえる」と言ったからとも言われています。

ぜひ、袋田の滝の四季を楽しみたいものです。

3.袋田の滝は、いつ行くのがベスト?

袋田の滝は、別名「四度の滝」と言われるように、四季それぞれの美しさで訪れる人を魅了しています。

たくさんの人でにぎわうベストシーズンは、紅葉の秋ですが、他のシーズンでも楽しむことができます。

春に訪れる袋田の滝

長かった冬が終わり、滝のまわりの樹々の新芽がいっせいに芽吹く春は、新緑に彩られた美しさを楽しめます。

紅葉シーズンに比べて訪れる人も少なく、自然の息吹や滝のマイナスイオンを独り占めできます。

夏に訪れる袋田の滝

袋田の滝の標高は、海抜191mとそれほど高くはないですが、険しく高い山々に囲まれたところに位置する袋田の滝へ至る道は、夏でもひんやり涼しいです。

滝近くで滝が流れ落ちるのを見ていると、その水しぶきや水音でとても涼しく感じられます。大都会の暑さを逃れて夏に訪れるのもいいです。

秋に訪れる袋田の滝

滝のまわりを色鮮やかな紅葉が縁取ります。一番華やかなシーズンです。紅葉と流れ落ちる滝の水しぶきの白が見事なコントラストです。



袋田の滝