ジーライオンミュージアムの楽しみ方!見どころポイントも紹介

ジーライオンミュージアム

大阪のジーライオンミュージアムは歴史的建造物を利用し、国内外のクラシックカーや輸入車の展示している施設です。

お堅いイメージのある普通のミュージアムとは違い、展示品の購入もできる上、楽しめる工夫や見どころがたくさんあります。

今回の記事では、ジーライオンミュージアムの楽しみ方について紹介しています。ぜひ参考にしてください。

1.ジーライオンミュージアムの基礎知識

ジーライオンミュージアムとは?

ジーライオンミュージアムとは、大阪には珍しい赤レンガ倉庫を利用してクラシックカーの展示と販売を行っている場所です。

「ジーライオンミュージアム」を運営するGLIONグループは、国産車と輸入車を合わせて13のブランドのディーラーを主な業種にしている会社です。

また、ミュージアムにはステーキハウスとカフェが併設されていて、食事や喫茶だけでの利用も可能です。

築港赤レンガ倉庫の歴史について

「ジーライオンミュージアム」が入っている築港赤レンガ倉庫は1923年(大正12年)に住友倉庫によって建設されたものです。

かつては多くの倉庫が並んでいましたが、戦争や台風の被害、築港エリアの衰退などで現在残っているのは2棟だけです。

倉庫としての役目は1999年で終わり、大阪市に移管された後、2015年からジーライオンミュージアムとして生まれ変わりました。

2.ジーライオンミュージアムの見どころ、おすすめポイント

ジーライオンミュージアムの見どころ①「赤レンガ倉庫」

ジーライオンミュージアムが入っている歴史ある赤レンガ倉庫自体が1つの見どころです。強度補強のため、リノベーションしていますが、極力建設当時の様子を残すよう工夫されています。

荷物を吊り上げるために使われていたクレーンもそのまま外壁に残っています。そんな2棟の赤レンガ倉庫に挟まれたエリアは異国情緒たっぷり、昔のロンドンやニューヨークの街並みのようです。

外観だけでなく、内部もこだわりをもって雰囲気作りがなされています。展示室はレンガの壁に鉄の柱や梁が調和した空間。

ぴかぴかに磨かれた車がライトを反射していて、無機質なようで温かみを感じることができます。ジーライオンミュージアムでは展示品同様、建物や空間もしっかりと鑑賞してください。

ジーライオンミュージアムの見どころ②「展示車両」

ジーライオンミュージアムでは、2つのカテゴリーの車両が展示されています。1つ目はヴィンテージカーと呼ばれる年代を経た車です。

ヴィンテージカーといってもきちんと手入れされているので、ボディーはピカピカ、光を反射して宝石のように輝いています。

ヨーロッパの貴族が愛用したロールスロイス、日本が誇る幻の車とも言われるトヨタ2000GTなど、国内外の希少なクラシックカーが並んでいます。

そして特筆すべきは、これらのヴィンテージカーは販売もされているということです。メンテナンスがしっかりと行われ、現役で走ることができるのです。

2つ目のカテゴリーは現代の輸入車です。欧米各国のスタイリッシュな車が展示されていて、こちらも気に入れば購入することができます。

このようにジーライオンミュージアムは展示をするミュージアム機能だけでなく、販売をするディーラーの機能ももつ施設なのです。

ジーライオンミュージアムのおすすめポイント①「イベントがすごい」

趣ある赤レンガ倉庫では、音楽ライブやDJイベント、ダンスやファッションショーなど多くのイベントが開催されます。

映画やテレビの撮影が行われていることもあるので、有名人に会えることがあるかもしれません。自分が主役になることもできます。



ジーライオンミュージアム