グエル公園の見どころポイント5選!行き方やチケット予約方法も紹介

グエル公園

ガウディの天才的な建築で有名なバルセロナにあるグエル公園を観光したいと考えていませんでしょうか。グエル公園は、アントニオ・ガウディの作品群の1つとして1984年にユネスコの世界遺産に登録されました。

今回の記事では、そんなグエル公園の見どころポイントを5つ紹介しています。アクセス情報や口コミなども記載しているのでぜひ参考にしていただき、バルセロナにあるグエル公園に訪れてください。

1.グエル公園の見どころ満載おすすめポイント5選

1-1 見どころスポット①「ダイナミックな大トカゲ」

グエル公園

グエル公園のエントランスに入ると、目の前に大きな階段がドーンとあり、階段にはたくさんの装飾が施されており、彫刻も見えます。この階段は45段あり、人々を非日常の世界へと誘う重要な舞台装置としての役割を担っています。

階段を見上げると、途中から二手に分かれている階段の真ん中くらいに位置している大トカゲが見えます。青っぽいカラフルなモザイク調のこの大トカゲは、言わずと知れたバルセロナのシンボル的存在であり、グエル公園の泉の守り主でもあります。

そして、その上の方にある丸いオブジェには、モザイクで蛇が象られております。この蛇は、ギリシャ神話の中で、モーゼを守ったと言われるネフシュタンです。

続いて、その下の真ん中には、ギリシャ神話の中の”世界のヘソ”と言われているギリシャにある都市デルフィを象徴した石が見えます。

1-2 見どころスポット②「市場と貯水槽」

グエル公園

階段を登って行くと、柱が立ち並ぶホールが見えてきます。このホールは、市場にする目的で作られました。柱は86本あり、屋根を支えています。

グエル伯爵から建築の中にギリシャ神話を入れるように指示されたガウディは、この柱にもドーリア式の建築様式を取り入れています。

ドーリア式とは、古代ギリシャ建築における様式のひとつであり、イオニア式、コリント式と並ぶ3つの主要な様式の中で最も古く、荘厳で力強いのが特徴です。

しかし、ガウディの手にかかると、シンプルなドーリア式の列柱もこんなにエレガントな表情へと変化してしまいます。列柱の下の部分にはトレンカデイスが用いられており、さらに優雅な天井にも注目です。

次に、この円柱の下には、なんと貯水槽が設けられていて、上に位置する大広場の雨水を貯める仕組みになっているのです。デザインだけでなく、機能性も兼ね備えている建築は、さすが天才建築家ガウディと言われる所以です。

1-3 見どころスポット③「大広場となが〜い波打つベンチ」

グエル公園

市場になる予定だった下のホールから上がってくると、大きな広場へ出ます。この広場は、ギリシャ劇場のように半円形の形をしていますが、実際にここでは住民たちが集まるオープンスペースのような役割を担うのが目的でした。

そして、もうひとつの役割は、先ほどご覧いただいたホールの列柱下にある貯水槽へ雨水を送ることです。本当によく考えられていて、驚かされることばかりです。

ここからは、バルセロナの街が一望できます。このグエル公園の中での絶景スポットとなっていますので、広場の最先端へ行き写真を撮ると良いでしょう。

そして、この広場で見逃せないのが、広場の周りを彩る、なが〜いベンチです。トレンカデイスを用いた、全長110メートルもある蛇行した形のこのベンチは、先ほどお話したガウディの裏方を務めて貢献した、ジョセップ・マリア・ジュジョールによるものです。

1-4 見どころスポット④「洗濯女の回廊」

グエル公園

広場を出たら、すぐ横にある階段を降りて行くと、洗濯女の回廊または柱廊と呼ばれている場所で、傾斜地のある公園に道路を通すために建設された擁壁(ようへき)です。

その形状や回廊の色合いなどの独特な雰囲気は、まるで古代へタイムスリップをしたかのような錯覚をおぼえます。

それでは、なぜこの場所が「洗濯女の回廊」と呼ばれるのかに触れましょう。たくさん並んでいる柱の一番手前に1本柱がみえます。ロングスカートをはいた人間の女性が左手を頭の方へあげて、なにやら籠のようなものを頭に乗せています。

これは、グエル公園内で唯一の人間の形をした像なのですが、ギリシャ彫刻の「奉納像」を表現したといわれています。

このように、この場所には、洗濯かごを頭に乗せた女性の像が1本あるので、「洗濯女の回廊」と名づけられたのでした。

1-5 見どころスポット⑤「お菓子の家」

グエル公園

中央エントランスの両脇にあるこの可愛いふたつの家があります。ひとつは、もともと管理事務所でしたが、現在はショップになっています。もうひとつは守衛さんの家です。

どちらもヘンゼルとグレーテルの物語の中に出てくる「お菓子の家」がモデルとなっており、形や装飾がとても可愛らしいです。

ここカタルーニャ州出身の、あの天才画家サルバドール・ダリは、「ほんとにケーキのようだ。」と感心したそうですが、同じカタルーニャ州の偉大なる画家ジョアン・ミロも「粉砂糖をかけたお菓子のようだ。」という言葉を残しています。

そして、もうひとつの「守衛さんの家」の方は、内部を見学することができます。定員が30名ですが、中ではガウディ作品関連についての説明ビデオが流されています。



グエル公園