羽田から1時間の楽園!八丈島の観光で絶対にするべき5つのこと

八丈島

羽田空港から1時間程度で行ける楽園、八丈島について知りたいと考えていませんでしょうか。八丈島といえば、太平洋に浮かぶ伊豆七島の中でも最南端に位置する美しい島で、ひょうたん型のかわいらしい形をしています。

暖流の影響を受け、島全体が釣りやダイビングをするのに適していて、多くの観光客が訪れています。活火山でもあるため、温泉があちこちに湧いていて、地元民の憩いの場にもなっています。

今回の記事では、そんな八丈島の観光体験記を紹介しています。台風襲来前に訪れた観光体験をもとに、観光ガイドを読むだけではピンとこない八丈島のリアルな体験談をお楽しみください。

1.羽田から1時間の楽園!八丈島の観光でするべき5つのこと

1-1 秘境、裏見ヶ滝でマイナスイオン&混浴温泉

八丈島

「うらみがたき」というと「恨み敵」と聞き間違えてしまいそうですが、八丈島の「裏見ヶ滝」は、島内のみならず本土でもなかなか見ることができないような珍しい光景が楽しめます。

その由来は「裏から滝を見られる」ということのようですが、その景色はこんな感じです。遊歩道の上にせり出した岩の上を水が流れ落ち、まるで「水のトンネル」をくぐるような気分が味わえます。

島の南側にあり、道の脇にある駐車場に車を止めて山道を歩くこと20分ほどでたどり着きます。手を伸ばして滝の水に触れたくなります。

夏場なら思わず身を乗り出して滝に打たれてみたくなります。でも、柵を乗り越えるのは危険ですので、くれぐれも気をつけてください。

駐車場のわきにある階段を降りていくと、自然の中に露天温泉があります。これがなんと無料です。混浴なので、水着着用のうえで入ります。湯は少し熱め。無色透明でさらっとしていました。

シャンプーや石けんなどは使用禁止ですので単につかるだけですが、川のせせらぎや鳥の鳴き声に耳を澄ませていると、あまりにも気持ちよくて、時間を忘れて長居してしまいました。

管理人は常駐しておらず、基本的に無人なので、他の入浴者がいなければ、誰にも邪魔されることなく自然を独り占めできます。

1-2 霧のふれあい牧場で幻想的な写真

八丈島

八丈島は隠れた登山スポットです。北側にはハイキングレベルの八丈富士、南側には古い火山の景観や滝や沼など水の景観を楽しみながら本格的な縦走コースのある三原山があります。

ただ、霧が深いとできません。あいにく、天候に恵まれなかったため、登山はあきらめ、八丈富士の途中にある「ふれあい牧場」に立ち寄りました。

そこには、広大な牧場が広がっていて、黒毛和牛がのんびりしています。霧に包まれた牧場を撮影したら、幻想的な写真が撮れました。どこか宮崎駿アニメを感じさせるような仕上がりになりました。

この道の先には展望台もあり、晴れた日には島を見下ろす絶景が楽しめるようです。晴れの日でも霧の日でもインスタ映え写真が撮れること間違いなしです。

1-3 ティラミスみたいな断崖絶壁の黒砂砂丘

八丈島

「黒砂砂丘」は八丈島の観光スポットとしては少々マイナーな部類に入るかもしれません。八丈島一周道路から脇道に入り、車を止めて坂道をずんずん進んでいきます。

どんどん狭くなり、険しくなっていくので「この道でよかった?」と不安になってきますが、一本道なので大丈夫です。

20分ほど進むと、一気に視界が広がり、空の青さが染みわたるような感覚を味わえます。道は未舗装で、足を滑らせるとそのまま断崖絶壁から落ちてしまいそう。

スリルを味わいながらさらに進むと、断崖絶壁の端っこを黒い砂丘が見えてきました。砂丘というと砂漠のように一面に広がる砂景色をイメージされるかもしれませんが、それとは若干異なります。

ここにたたずみ、黒い砂、紺碧の海、白い雲、青い空が織りなすコントラストを存分に楽しんでください。思わず、空か海に吸い込まれそうな感覚になります。

時折、強い風が吹いてくるので、くれぐれも滑らないようにしてください。帰り道は下り坂なので、余計に注意してください。

1-4 南原千畳岩海岸で八丈小島を眺める

八丈島

その昔、八丈富士が噴火した際に海に流れたマグマが幅500メートル、奥行き100メートルにわたって固まった溶岩台地が「南原千畳敷海岸」です。

八丈島