『初めて〇〇をした!?』歴史の面白いエピソード集を厳選紹介

歴史 面白い

夏目漱石の『吾輩は猫である』に、「はじめて河豚(ふぐ)を喫せる漢(おとこ)はその勇気において重んずべし」との一節がありますが、「初めて◯◯した」日本人が実は「あの歴史上の有名人物だった!」という面白いケースが意外とたくさんあります。

勇気とチャレンジ精神が旺盛だからこそ歴史上に名を残せたのかも知れませんが、今回はそんな「初めて◯◯した」歴史上の有名人を、面白いエピソードと共にご紹介しましょう。

歴史の面白い話①「初めてワインを飲み、パンを食べた日本人は織田信長!?」

新しいモノ好きで知られる織田信長は、初めてワインを飲んだ日本人だと言われています。贈り主は宣教師のフランシスコ・ザビエル。日本に初めてキリスト教を伝えたことでも有名な人物です。

飲んだのは赤ワインで、当時は「珍陀酒(ちんたしゅ)」と呼ばれていました。赤ワインはポルトガル語でヴィニョ・ティント、そのティントの響きから「ちんた」と呼ばれるようになったとか。

甘党の信長に好まれたということから、恐らくポルトガルの名産品である甘口のポートワインではなかったかと推測されます。

また信長は、初めてパンを食べた日本人とも言われています。食べたのは「ビスコート」と言う名の硬いパンで、今のビスケットに近いもの。食べる時はわざわざ南蛮の服に着替えたそうです。

歴史の面白い話②「初めて女性用下着を手にした日本人は豊臣秀吉!?」

日本人で初めて西洋式の女性用下着を手にしたのは、天下人の豊臣秀吉であると伝えられています。

ポルトガル人の献上品に入っていたそうですが、当時の着物姿の日本女性には全く受け入れられなかったようで、伝来してからも長きにわたって着用の記録は残っていません。

その後江戸末期に福沢諭吉が、自著『西洋衣食住』で西洋式下着の効用を説いたのがきっかけとなり、上流階級の女性たちの間でドレスに合わせて着用され始めたとのこと。

一般庶民にまで広まったのは、昭和に入ってからのことです。

歴史の面白い話③「初めてメガネをかけた日本人は徳川家康!?」

信長、秀吉ときたら、徳川家康に触れないわけにはいきません。家康が「日本で初めて天ぷらを食べた人」であることはよく知られていますが、実は日本で初めてメガネをかけたのも家康だと言われています。

初めて日本にメガネを持ち込んだのはやはりフランシスコ・ザビエル。戦国武将・大内義隆に献上したと伝わっていますが、現物が残っておらず、実際に使われたかどうかは不明です。

そこで記録に残る「日本で最初にメガネをかけた人」となると、徳川家康になります。

家康愛用のメガネは今日主流の耳にかけるタイプとは異なる手持ちの鼻眼鏡で、重要文化財として静岡の久能山東照宮に納められています。

歴史の面白い話④「初めて餃子を食べた日本人は水戸光圀!?」

餃子と言えば日本人に愛される庶民派中華の代表ですが、日本人で初めて餃子を食べたのは、水戸黄門こと徳川光圀であるとされています。

日本の文献上に初めて餃子らしき食べ物が登場したのは、1707年刊行の『舜水朱氏談綺』です。



歴史 面白い