ひつまぶしの食べ方を知りたい!今さら聞けない疑問を徹底解決

ひつまぶしとは

この中でも、大人としてのひつまぶしの味わいを堪能出来るわさびがおすすめです。 わさびの辛味と、甘みのあるうなぎがまさにいいハーモニーを奏でています。

このまま全部食べたい思いをふりきって、次のステップです。

ひつまぶしの食べ方④「分割した3杯目はうな茶漬けで食べる」

3杯目は出汁をかけ、うな茶漬けにします。ひつまぶしには、出汁を用意してくれているので、今度は、大胆に、お茶漬けを楽しんじゃってください。

お茶漬けにすれば、ちょっと小腹を満たしたかな?という時でも、ペロリと完食出来てしまうことは間違いありません。

ひつまぶしの食べ方⑤「分割した4杯目はお気に入りの方法で」

4分割の最後は、いままで食べた中で、一番お気に入りの方法でもう一度リピートしていただければ。

別の薬味で味わうのも良し、出汁を使ってお茶漬けも良し、お茶漬けにいろいろ薬味を入れて、オリジナルのお茶漬けを開発してもいいのではないでしょうか。

最後に

最後は、ひつまぶしの特にこれと言った食べ方がある訳ではありません。

ひつまぶしの歴史は、まだわからないことが一杯ありますが、発祥の説として、質の悪いうなぎをお客様に出すことができないから、細かくして、ごはんと一緒に混ぜて、賄い料理として提供されていたということです。

ですから、基本、ひつまぶしの食べ方は、上品にではなく、大胆にとも言えるのでは。

ひつまぶしは、4つの工程によって生きる食べ物です。まずは、サクっと大胆に4分割してください。4分割で、4倍うなぎごはんを楽しむことができます。



ひつまぶしとは