日本とはこんなに違う!インドの文化や習慣、特徴について紹介

インド 文化

インドは日本と同じアジアの国ですが、およそ10倍の国土に10倍の人がいる大きな国です。インド旅行をする前に文化や習慣が分かれば、もっと親近感が湧いて、充実した時間を過ごせるかもしれません。

今回の記事では、そんなインド旅行をする前に知っておきたいインドの文化や習慣などを紹介しています。ぜひ参考にして下さい。

1.インドと日本文化の違いを比較してみよう

1-1 インドのコミュニケーション文化

インド 文化 コミュニケーション

英語が話せる

多民族、多言語のインドの公用語はヒンディー語と英語です。イギリスの植民地だったこともありインドでは英語が定着していますが、インド人の話す英語は癖がありはじめは戸惑うかもしれません。

しかし、慣れてくるとはっきりと発音する癖なのでキャッチしやすくなります。

おしゃべり好き

概してインド人はよくしゃべり、長々と立ち話をしている様子もよく見られます。しかしあまり人の話には興味を示さず、自分のことばかりを話す人が多いそうです。

語調も柔和ではなく、アグレッシブと感じる人もいるほどです。人種、身分、宗教など多様な人がいるため、その中で存在感を示そうとして自己主張が多くなるのでしょうか。

親切な国民性

概して楽観的で優しい性格の人が多いインドですが、正確性は当てにならないかもしれません。

例えば道に迷っている様子の旅行者には歩み寄って来て道を教えてくれるのですが、行先が合っているとは限りません。

親切をしてあげたい、という気持ちが先に立ち、正確性は二の次のようです。

名前について

法律上は廃止されたものの、未だインドの人々の心に深く残っているカースト制度です。苗字がカースト上の身分を表すことも多く、苗字を聞かれるのを嫌がる人がいます。

名前を聞いて、ニックネームやファーストネームで答えが返ってきたら、あえて苗字は聞かないのがマナーです。

インド人の男女交際

男性との付き合いは結婚を意味する、と考えている女性がたくさんいますので、安易な気持ちでインド人女性にアプローチすることは禁物です。

結婚するということは一族の面倒を見るということでもあるのです。

髪と体型について

黒く長い髪は美の象徴と考えられているので、インドでは都市部にもショートカットの女性はほとんどいません。生まれた時からほとんど髪を切らない人も多くいます。

また、男女を問わず太っているのは裕福なことと考えられていたりします。

派手な色が好き

色鮮やかな民族衣装をはじめ、原色系の派手な色を好みます。その上、貴金属や宝石なども大好きで男女ともに大きく派手な指輪や装身具を身に付けています。

1-2 インドの治安や街文化について

インド 文化

インドの様々な寺院

インドには色々な宗教の色々な寺院がありますが、他宗教徒の立ち入りを禁じているところもあります。例えばヒンズー教の寺院は外国人や他教徒、イスラム教のモスクも他教徒の入場を禁じているところが多くありますので、安易に寺院に踏み込むのはご法度です。

許可されているところでは、参拝は右回りが基本ですので逆行しないようにしましょう。また、寺院では靴を脱ぐところが多いです。

インドの治安

ナイフを突きつけられるような犯罪は少ないようですが、うまいことを言ってだましたり、ものを盗ったりという犯罪は頻繁にあります。過剰な親切をしてくる人には注意をした方が良いかもしれません。

他の国と同じように人目の少ない場所には近寄らないようにするのが無難、特に女性だけのグループは十分な注意が必要です。

身体、持ち物チェック

大陸の一部であるインドは、周辺諸国との関係や国内の紛争に問題を抱えており、テロへの警戒が厳しい一面があります。ショッピングモールや映画館、地下鉄などで身体検査や荷物チェックがありますので、きちんと協力しましょう。

紙幣

破れかかっている紙幣は嫌われ、受け取ってもらえません。外国人は紙幣をチェックすることをせず、特に日本では破れていても汚くても紙幣は同じ価値と思っているので、渡される確率が高くなります。



インド 文化