都市中心部から各エリアまで!イタリアの治安について徹底紹介

イタリア 治安

世界の中で、一番「世界遺産」登録の数が多いイタリア。歴史ある建築物、洗練されたファッション、モダンな建築デザインなど、常に一歩世界をリードしているイタリアは、日本人にとってもとても人気の国であり、美味しいイタリア料理も魅力のひとつです。

数々の映画の舞台にも使用されることの多いイタリアの町並みは、どこをとってもまるで絵のような美しさ。つい見とれて、治安のことなど忘れてしまいそうです。

しかしながら、イタリアは、あまり治安がよいとは言えない国。スリ・置き引きはもちろんのこと、詐欺まがいの行為で盗みを働くグループや釣銭をごまかずレストランやショップまであるのです。イタリアに出かける時は、充分気をつけなければいけません。

今回の記事では、細長い長靴型の国イタリアの、大都市を中心に北から南まで、エリアごとの治安とその注意すべき点などについてまとめてみたいと思います。

1.イタリア、ミラノの治安で注意してほしい場所

ミラノアーケードの様子

イタリア第二の都市ミラノは、観光客はもちろんのこと、多くのビジネスマンも世界中からやってくる活気あふれる町です。

大きな展示会場もあり、常に様々な展示会も行われていますが、ファッションの分野においては、ミラノコレクションが有名です。

そんな多くの人が集まる場所では、スリ・置き引きに注意が必要です。その中でも、特に治安に心配な場所を紹介します。

1-1 マルペンサ国際空港(ミラノ)

日本からも直行便が就航しているように、長距離線で世界中を結ぶマルペンサ国際空港はイタリアへの空の表玄関です。ミラノ市内から車で約1時間と少し離れていますが、空港内にはスリ・置き引きの注意が必要です。

特に、到着ロビーの両替所やトイレ、カフェなどに、清掃員の格好をしたスリもいます。空港と市内を結ぶバスがありますが、乗客を装ったスリも乗り込んでいることがありますので注意が必要です。

マルペンサ国際空港での犯罪例

到着ロビーで、白タク(違法なタクシー営業)にしつこく声を掛けられ、荷物もあったので仕方なく乗ったら、メーターがついていないので違法な金額を請求された。

マルペンサ国際空港での防犯対策

・両替をする場合、バッグは足の間に挟む、または胸のところで抱えるようにしましょう。

・人前で、絶対に財布を開けない。

・むやみやたらに声をかけてくる人は、信用せずにできるだけ無視をしましょう。

・iPhoneやMacなどの携帯やPCは、イタリアで高額で取引されますので狙われやすいです。

・タクシーを利用する場合には、必ずタクシースタンドでつかまえてください。きちんとメーターがついているタクシーは安心できます。

1-2 ミラノ中央駅

古いイタリア映画「ひまわり」の舞台になったことでも知られている「ミラノ中央駅」。ムッソリーニが建築を指示したという豪華な建物は、駅というよりはまるでギリシャ神殿です。

マルペンサ空港からの直行バスが到着するのもここミラノ中央駅です。どの国でも駅は一般的に治安が悪いとされていますが、構内だけでなく周辺の治安も悪いので注意が必要です。

ミラノ中央駅での防犯対策

・朝早い時間帯や暗くなってからは、一人でふらふら写真を撮りにいかない。

・列車を利用する場合は、車内でもスリ・置き引きにあわないように貴重品の管理に気を配る。

1-3 ドウォーモ・アーケード・スカラ座周辺(ミラノ)

年中、人であふれかえってているのがこのエリアです。ドウォーモとは「大聖堂」のことで、その美しいフォルムをひと目見ようと世界中から人が集まってきます。

アーケードとスカラ座周辺も泥棒に気をつけて下さい。ジプシーと呼ばれる泥棒の被害が多発していますので注意が必要です。

ジプシーとは?

ジプシーとは、インドを起源としている放浪の民で、スラブ系の人々を指します。顔が浅黒くて、ロングスカートに頭にはスカーフ。

赤ちゃんを抱いている人が多いのですが、子供たちと一緒に数人グループでスリをしています。手に段ボールや新聞などを持って近寄っていき、あっという間に財布やバッグを盗むという手口が多いです。

特に注意が必要な場所は?

・ドウォーモ内部とその前の広場

広場には、鳩のエサを手に近づいてくる泥棒がいますので気をつけてください。

・ドウォーモからつづくアーケードとスカラ座前広場。

・ドウォーモ脇のデパート「リナ・シャンテ」の中。

1-4 公共の乗り物と美術館や博物館の中

地下鉄、トラム、美術館や博物館でもスリに注意しましょう。各チケット売り場でも注意が必要。特に注意が必要な有名観光地「サンタ・マリア・デッレ・グラツィエ教会」です。

巨匠レオナルド・ダ・ヴィンチの「最後の晩餐」で知られる世界遺産がある教会です。世界中の人が集まってくる人気の場所なので、観光客を狙った泥棒に気をつけましょう。

1-5 ホテル内のロビーやレストラン、BAR、カフェ、客室

ミラノだけではなく、どの都市でも気をつけてほしいですが、ホテル客を装い、綺麗な服装で待ち構えています。

ホテルやロビーの防犯対策

・とにかく自分で身を守るしかないので、常に周囲の様子に気をつけることは鉄則。

・大金を持ち歩かない。

・バッグは、斜めにかけて前にかかえる。

・リュックは、前にかける。

・パスポートなどの貴重品は、ホルダーなどを利用して衣類の下に身に着ける。

・声をかけてくる人は、疑ってかかった方がよい。無視するに限ります。

・暗くなってからの一人歩きはやめる。

・美術館や博物館の中に入る際、荷物やコートを預けるときには絶対に貴重品は入れないようにしてください。

・レストランでは、椅子の背もたれの方にバッグをおかない。

2.イタリア、ベネチアの治安で注意してほしい場所

ベネチア、サンマルコ広場

2-1 ベネチアで気をつけなければいけない場所は?

・水上バスや水上タクシー乗り場

・ゴンドラ乗り場

ベネチアは、移動の手段が水路を通る方法なので、空港や駅からも水上バスや水上タクシーを利用します。乗り降りの際にスリにあうことが多いです。

ロマンチックなゴンドラも、人が多く待っている乗り場や乗り降りの際は充分貴重品に気をつけて下さい。
なるべく大きなバッグ類は持たない方が賢明です。

①サンマルコ広場周辺

町の中心なので人が常にいっぱいです。その観光客を狙っている泥棒もいるので注意しましょう。また、鳩のエサやりにも注意。

(鳩のエサを売っているので、エサやりに夢中になりすぎてスリにあわないように!)

②ドゥカーレ宮殿

宮殿内部にもガイド付きのグループの中に紛れているスリに気をつけましょう。

③BAR(バル)

イタリアのバルは、日本でいえばカフェのようなところ。気軽に誰でも入れるがゆえ、泥棒も潜んでいます。

2-2 ベネチアの治安で覚えておくべき注意点

カジノ

ベネチアのあるカジノは、観光客にはあまり知られてはいないのですが、実は誰でも入ることができるのです。しかし、バックグラウンドには「マフィア」の存在がありますので近づかない方がよいでしょう。

法外な請求をするレストラン

頼んでもいないのに、どんどん料理を持ってきて、あとで高い請求書を持ってくるレストランが多いので気をつけて下さい。事前にレストランに入る前にリサーチが必要です。

イタリア旅行を考えている方が参考にして欲しい記事一覧

【イタリアの文化】
イタリアの文化や習慣、特徴まとめ!日本文化との違いにびっくり

【ミラノの観光】
イタリア在住の著者が語る!ミラノの定番から穴場の1日観光

【イタリアのチョコレート】
旅行のお土産に!有名なイタリアのおすすめチョコレート8選



イタリア 治安