イタリアのお土産20選!日本ではなかなか手に入らない商品も!

イタリア お土産

おいしい料理におしゃれな街並み。長靴型のイタリアは、誰もが憧れる観光地となっています。

そんなイタリア旅行で、「お土産は何を買ったら喜んでもらえるだろう」「事前に目星をつけて、予算も考えておきたい」と思っていませんでしょうか。

今回の記事では、イタリアにまつわる食べ物や雑貨のお土産を厳選して紹介します。ぜひ買う際の参考にしてください。

1.日本ではなかなか手に入らない!お土産に向いてるイタリア名物

1-1 カントゥッチーニ

カントゥッチーニとは、さくさくと噛み応えがあり、アーモンドがたくさん入っていてほのかな甘みのあるお菓子です。

”2度焼き”をしているため水分がほとんど蒸発し日持ちするようになっていて、お土産にしやすくなっています。

ANTONIO MATTEI(アントニオ・マッテイ)というお店では、500gを9.9ユーロで売られています。

詳細ページ

1-2 Nutella

Nutellaは、ココアにヘーゼルナッツを混ぜてペースト状にしたイタリア発祥のスプレッド(塗り物)で、パンにつけて食べるとおいしいです。

また人気故にたくさんのアレンジレシピがあるのも、うれしいポイントの一つとなっています。スーパーで1,5~5ユーロと値段も安くぜひ買っておきたいお土産です。

詳細ページ

1-3 オリーブオイル

オリーブオイルといえばイタリア、と連想する人も多いはず。イタリアはオリーブオイルの生産量も消費量も世界トップレベルです。

少量から多いもの、値段も3~15ユーロと様々なものが売られています。料理のいろいろな場面で使えるため、料理好きな人にあげたら喜ばれること間違いなしなお土産です。

詳細ページ

1-4 トリュフソース、トリュフ塩

イタリアではトリュフソースやトリュフ塩など、トリュフ関連商品が3~8ユーロで売られています。

そしてパスタからポテトチップスまで、普段食べているものに少し足すだけで簡単にイタリアンな味を楽しめます。

詳細ページ

1-5 リモンチェッロ

リモンチェッロとは、イタリア産のレモンリキュールです。様々な形の入れ物で売られており、イタリア半島の形をしたボトルはとてもかわいくイタリアのお土産にぴったりです。

またアルコール度数は30度と高めですが、甘さがあり飲みやすくなっています。イタリア型ボトルは、大 15ユーロ、中 10ユーロ、小 7ユーロです。

詳細ページ

1-6 インスタントリゾット

スーパーで簡単に手に入る、インスタントリゾットです。水にいれて15分煮るだけで本格的なリゾットが作れます。

値段は2ユーロ程と安く満足度も高いため、おすすめしたいお土産の一つです。

詳細ページ

1-7 マロングラッセ

マロングラッセは、イタリアでよく食べられている栗を使ったお菓子です。とても甘くかつ上品なマロングラッセは、イタリアで贈り物としてもよく買われています。

ミラノにある Giovanni Galli は特に人気のお店です。1粒3ユーロほどで半月ほど日持ちもするため、ミラノに行かれた際にはぜひ自分用やお土産用にも買ってみてください。

詳細ページ

1-8 パルミジャーノ・レッジャーノ

日本では粉チーズとしてでしかあまり見かけることのないチーズが、イタリアではブロックで安く買えちゃいます。また、他のチーズよりもカルシウムが多く低カロリーで濃厚なチーズです。

1kgあたり15~20ユーロで売っていて、小分けにもされているため欲しい分だけ買うことができます。チーズ好きな人にはとてもうれしいお土産です。

詳細ページ

1-9 乾燥食材

イタリアのスーパーでは、ドライトマトだけでなく乾燥ポルチーニと日本ではあまり見かけない乾燥食材が売っています。

ドライトマトは様々な料理に使うことができますが、オリーブオイル漬けなどイタリアらしい食べ方もおすすめです。

ドライトマト、乾燥ポルチーニはどちらも5ユーロ程で買うことができます。

詳細ページ

イタリア旅行を考えている方が参考にして欲しい記事一覧

【イタリアの旅行費用】
イタリア旅行でかかる費用の全ガイド!各旅行会社の相場や内訳も掲載中

【イタリアの文化】
イタリアの文化や習慣、特徴まとめ!日本文化との違いにびっくり

【イタリアの治安】
都市中心部から各エリアまで!イタリアの治安について徹底紹介

【ミラノの観光】
イタリア在住の著者が語る!ミラノの定番から穴場の1日観光

【イタリアのチョコレート】
旅行のお土産に!有名なイタリアのおすすめチョコレート8選

【本場カルボナーラとは?】
本場イタリアのカルボナーラとは?豆知識や具材なども徹底紹介



イタリア お土産