旅好き必見!都会の離島「伊豆大島」で観光、体験すべき3つのこと

伊豆大島

伊豆諸島という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、「どこにあるのか、どんな場所なのか。」わからないですよね。響きだけですと、どこか遠い場所にあり長期休暇を取らなければ行けないような場所を想像してしまいます。

しかし、実は伊豆七島の住所は全て「東京都」となっています。その中でも、最も近くて大きい離島が「伊豆大島」なのです。

今回は、そんな都会の離島である伊豆大島について、実際に日帰りで訪問した時の様子を、体験記事としてご紹介いたします。

1.伊豆大島について簡単に紹介

伊豆大島

伊豆諸島北部に浮かぶ伊豆七島最大の島が、この伊豆大島です。東京から約120キロの距離にあり、神奈川県の人気スポット江ノ島からは約60キロの場所に位置しています。

また、人口は約8,000人程度の島であり、恵まれた環境にある伊豆大島は、年間を通して温かく柔らかな気候の中過ごすことができます。

2.伊豆大島で観光、体験すべき3つの事とは

伊豆大島で絶対に体験すべきことを3つご紹介いたします。

2-1 伊豆大島ですべきこと①「三原山温泉からの絶景を観る」

伊豆大島

伊豆大島の中心部からやや南に位置する「大島温泉ホテル」。こちらにある「三原山温泉」では、その開放的な露天風呂から大島の自然を一望することができます。

地下から湧き上げた高温の湯加減は、冬の寒い時期でもゆったりと温まることのできる最高のスポットです。

私が前日から船で大島に向かい、早朝に到着しました。そのままこちらの三原山温泉に直行、朝の7時からゆっくりと露天風呂に浸かりました。

早朝ということもあり露天風呂は貸し切り、息をのむような朝日の絶景に一瞬で心を奪われてしまいました。露天風呂と言えども、大抵は何か仕切りや柵などが備えられているのが一般的です。

しかし、三原山温泉の露天風呂には視界を遮るものが一切ありません。一歩露天に出れば、そこには広大に広がる森と三原山がはっきりと見ることができます。

標高の高い場所にあることもあり、温泉から見える木々たちは、緑の絨毯のように眼下一面に広がっています。三原山温泉の料金は、宿泊客は無料、日帰りでも800円と格安で利用することができます。

また、早朝の便に合わせて「朝食休憩プラン」というものも設けられています。こちらは、入浴に朝食付きで2000円となっております。どちらにしても非常に安いです。

都心の小さな銭湯と同価格で、絶景付き露天風呂を楽しめるのです。早朝の静寂に包まれた空間で、ゆったりと湯につかりながら木々の揺れる音を聞くのはたまりません。是非旅の始めに利用してみてください。

2-2 伊豆大島ですべきこと②「三原山トレッキング」

伊豆大島

三原山温泉でしっかりと力を蓄えた後は、是非三原山トレッキングに挑戦してみてください。活火山の島として知られる伊豆大島ですが、その中でもこの「三原山」は、昔から御神火様と呼ばれており島民から親しまれてきました。

最も高い地点で標高764メートルと、比較的トレッキングに向いているきつすぎず緩すぎずの山なのです。三原山トレッキングでは、観光向けに遊歩道が整備されているので安心して一人で臨むことができました。

バスで三原山頂口という終点の駅まで乗り、そこからひたすら自然の中を歩き続けます。そのうち三原山が目の前に姿を現しますので、そのまま登っていけば火口一周の入り口までたどり着くことができます。ここからは、足場が急に悪くなりますので気を付けて歩くようにしましょう。

火口一周をしていると、火口のあちこちで煙が上がっているのを見ることができます。三原山では、1986年まで溶岩が流れていたそうで、その名残を今も至る所に感じることができるのです。

伊豆大島



伊豆大島