縁結びだけじゃない!出雲大社の観光を楽しむポイントまとめ

出雲大社

恋に悩む女性たちをはじめ、全国から多くの人が訪れる出雲大社。縁結びの神様として有名ですが、縁結びとはなにも男女の仲だけではありません。

人と人、仕事、お金など、あらゆるご縁を指します。良縁の祈願をしたら、神話の里・出雲をゆっくり楽しみましょう。

今回はそんな出雲大社を訪れた時の実体験を紹介しています。参拝前に知っておきたいことも記載しているので、参考にして下さい。

1.出雲大社にお参りする前に知っておきたいこと

勢溜(正門)

出雲大社勢溜(正門)

出雲大社は、島根県出雲市にあります。旧暦10月は、日本中の八百万の神様が出雲大社に行くので、地元には神様がいなくなります。

そこでこの月を「神無月(かんなづき)」と呼びますが、一方で神様が集まってくる島根では「神在月(かみありづき)」となります。

そんな出雲大社には、他の神社にはない特徴があります。まず、参拝のしかたが異なります。一般的には「二拝二拍手一拝」ですが、出雲大社では「二拝四拍手一拝」となります。

境内には手を合わせるところがたくさんありますが、すべて「二拝四拍手一拝」ですのでご注意ください。それ以外の参拝のマナーは、他の神社と同じです。

出雲大社には四つの鳥居があり、T字路の突き当りになった「勢溜(せいだまり)」と呼ばれる広場には二つ目の鳥居が立っています。

それをくぐると下り坂になるのですが、この下り参道が全国的に珍しいのだそうです。

下り参道(帰り)

出雲大社 下り参道(帰り)

※下りではなく上り坂の写真ですが、行き(上から)の写真です。

鳥居をくぐってすぐ、下り参道の右側に「祓社(はらえのやしろ)」という小さなお社があります。けがれを払う場所ですので、まずはここでお清めをしてから進みましょう。

以前は寄る人も少なかったのですが、ガイドさんやインターネットのおかげで出雲大社の参拝順序としてまず、お参りする場所と認識されるようになりました。

下り参道が終わると、今度は松並木の美しい参道が続きます。真ん中は神様の通るところなので、参拝客は両側を歩くことになります。手水舎で清めて四つ目の鳥居をくぐると、立派な拝殿が目の前に現れます。

拝殿とご本殿(には入れないので、手前の八足門からになります)は必ずお参りするところですが、祓社と同様に外せない場所があります。

一つはご本殿裏にある「素鵞社(そがのやしろ)」で、後ろにそびえる八雲山とともにパワースポットして知られるようになりました。

もう一つは、ご本殿の西側(神楽殿側)にある遥拝場です。出雲大社の御神体である大国さま(大国主神)は、拝殿のほうではなく西側を向いているのだそう。ですから、正面にあたるここで拝むとよりご利益があると言われるようになったのです。

数年前まではあまり知られておらず目立たなかったのですが、今はどちらもきれいに建て替えられ、大勢の方がお参りしています。

他にも摂末社があるので、ご本殿をお参りした後は反時計回りにぐるっと一周してください。その際、ご本殿にも目を向けましょう。壁で囲われているので上部しか見ることはできませんが、どの角度から見ても荘厳で美しいものです。

ご本殿

出雲大社 ご本殿

御朱印集めをされている方は多いと思いますが、御朱印をいただける場所はご本殿と神楽殿です。また、東側にある「北島国造館」でも御朱印をいただけます。

休日は、午前10時前後から混雑します。参拝所が小さい「祓社」や「素鵞社」は参拝客がずらっと並んでいます。3月~10月は午前6時から午後8時まで、11月~2月は午前6時30分から午後8時まで参拝できます

ただし、ご祈祷の受付時間は異なりますので、少し時間をずらすのもいいかと思います。早朝は清々しいですし、日没後はさらに厳かな気持ちになります。

夜の神楽殿

出雲大社夜の神楽殿



出雲大社