これだけは知っておこう!配膳や蓋に関する和食のマナーまとめ

和食 マナー

2013年、和食は、ユネスコ無形文化遺産に登録されました。そして、世界中の大きな都市なら、必ず日本食のお店があり、世界中の人が和食の魅力を語ります。

そんな中、和食の国に生まれ育ちましたので、美しく和食をいただきたいものです。和食のテーブルマナー、基本中の基本マナーをご説明します。

これだけは知っておきたい!和食のマナーまとめ

和食のマナー1「箸について」

和食は箸で食べる料理であり、最も基本的な作法です。箸を美しく使える人になりましょう。

まず、箸の取り方ですが、右手で箸を取り、左手を箸の下に沿えます。右手を右方に滑らしましょう。置き方は、その逆です。

箸置きがない場合は、箸袋を折って箸置きにするといいです。箸の使い方のタブーはたくさんあります。

迷い箸や渡し箸、寄せ箸、ねぶり箸などをすると、いくらお上品にふるまっても「お里が知れ」てしまいますから、注意しましょう。

和食のマナー2「お椀の蓋について」

和食の席で出される椀物の蓋をどうすればいいのか、悩みませんでしょうか。今回、きちんと覚えてしまいましょう。

椀物の蓋を取ったら、一品だけの時はお椀の向こう側に、数品の時は、右側のものは右の横、左側のものは左の横に置きます。

いずれも裏返しておきましょう。食事が終われば、運ばれてきたとおりに返すのがマナーです。

和食のマナー3「配膳について」

配膳とは、お料理や箸、茶わんなどを食卓に出すことです。

もちろん、お店ならお店の方がやってくださいますが、おうちにお客様をお迎えするとき、やっぱりきちんと基本は知っておきたいです。

和食の基本は、「一汁三菜」と言われています。

お茶碗を左に、汁椀を右に置きます。そして三菜は左から煮物や酢の物、主菜の焼き魚と並べます。これが基本ですが、土地柄もあるので年配の人に聞くのもいいです。

和食のマナー4「左手をどうするか」

子供のころ、おうちでご飯を食べるとき、母親から「左手はどこにあるの?」と注意されたことないでしょうか。どうしても左手がおざなりになってしまいます。

和食では、小さな持ち上げられる器は、左手で持って食べます。持つことに無理があるような器(目安として15㎝以上)は、持ち上げません。

また、上品なつもりの左手の手皿(手のひらで受けるようにする)のはNGです。もし、持っていれば、懐紙を使えばスマートです。

和食 マナー