都会の喧騒を忘れさせる場所!パリのチュイルリー公園を全ガイド

チュイルリー公園

パリにあるチュイルリー公園について知りたいと考えていませんでしょうか。チュイルリー公園にはかつて瓦工房や王宮があり、ヴェルサイユ宮殿を設計したル・ノートルが設計した庭園です。

公園の西側にはオランジュリー美術館、ジュ・ド・ポーム国立美術館、ルーブル美術館すぐそばの東側にはナポレオンが凱旋門の前に作らせたカルーゼル凱旋門があります。

今回の記事では、そんなチュイルリー公園の歴史や概要について紹介しています。ぜひパリ訪れる機会があれば、その落ち着いた雰囲気を味わってください。

1.パリの名所を眺められる!チュイルリー公園の見どころ

チュイルリー公園

チュイルリー公園は特に何をするわけでもなく、歩いているだけでパリの美しさを感じられます。パリのど真ん中、ルーヴル美術館とコンコルド広場の間にあり、あらゆる観光スポットにアクセス抜群なフランス式庭園です。

この庭園はベルサイユ宮殿を設計したルノートルが設計をしました。広い散歩道が中央にあり、ロダンをはじめとする古代および現代芸術家の彫像、四季折々の花が咲く花壇や八角形の池などが配置され、そぞろ歩きが楽しい野外美術館となっています。

公園からは一直線上に並んだパリの名所も見られます。公園内には、モネの睡蓮で有名な「オランジュリー美術館」や、現代写真の企画展を観ることができる「ジュ・ド・ポーム国立美術館」があります。

ルーブル美術館近くにはナポレオンの勝利を記念するカルーゼル凱旋門がそびえ立っています。公園内にはカフェも点在し、歩き疲れた足を休めるのにピッタリです。

北側には子供のための遊び場やメリーゴーランドもあります。夏には移動遊園地が入り、多くの人で賑わっています。

2.チュイルリー公園の歴史について

ここは15世紀までは近くに住む食肉業者のゴミ捨て場になっていました。「チュイルリー」とは、「瓦工場」という意味で、公園の土は瓦焼きの窯に使われていました。ここに王妃カトリーヌ・ド・メディシスが「チュイルリー宮殿」とイタリア式庭園を造らせます。

庭園は結婚式、レセプション、セレブなパーティーなどの会場となりました。その後一般人にも公園が解放されますが、ハイソなメンバーだけが入ることを許されていました。

ルイ14世はベルサイユ宮殿の庭を造園した庭師、ル・ノートルにこの庭を再設計させます。チュイルリー宮殿はベルサイユ宮殿に移った後廃墟となりましたが、革命後はナポレオンが王宮として使っていました。1862年、ジュ・ド・ポーム国立美術館が建設されます。

チュイルリー公園