キーマカレーとはどんなカレー?ドライカレーとの違いも紹介

キーマカレー

カレーは日本人にとって食卓には欠かせないメニューですが、キーマカレーというのをご存知でしょうか。聞いたことはあるけれども、どんなカレーなのか知らない人も多いでしょう。

今回の記事では、キーマカレーとはどんなカレーなのか、どのように作るのかなど、気になるキーマカレー事情について紹介します。

1.キーマカレーとは何か?

キーマカレー インドの由来

キーマカレーはインドの言葉であるキーマ(ひき肉)が由来となっています。その名のごとく、ひき肉のカレーということになります。

内容としては「ひき肉のカレー料理」という意味だけなので、具の内容や調理の仕方などに決まりはないです。

また、インド国内における宗教の戒律の影響もあり、素材となるひき肉も違います。チャパティーなどと一緒に食べたり、サモサなどに詰めて食べることもあります。

日本でのキーマカレーの事情

日本では、1950年代創業の東京にあるインド料理店で出されたのが、最初だといわれています。ただし日本では宗教上の戒律など、インドに比べると非常に緩やかです。

キーマカレーは、ひき肉のカレーという決まりはありますが、それ以外に決まりが特にないので、日本では家庭の簡単なカレー料理として普及していった背景があります。

人によって、定義や調理方法もさまざまなとらえ方があるといわれています。

2.キーマカレーとドライカレーの違いとは?

キーマカレーをドライカレーと同じものだ、という考えのひとも多いのではないでしょうか。でも実際は内容が違うのですが、どこの違いか比較してみましょう。

キーマカレーの特徴とは

本来、キーマカレーとはひき肉で作ったカレー料理を指しています。水分量には規定が特にあるわけでありません。

煮物の様な汁が多いものもあれば、ひき肉を炒めてカレー味をつけただけの料理もあります。

ドライカレーの特徴とは

ドライカレーとは、乾燥している、汁がない状態のカレー風味のチャーハンやピラフのことです。ですから、ドライカレーの内容によっては、ひき肉を使用しないときもあります。

キーマカレーとドライカレーは、ひき肉を使っているのか料理しているか、という点が大きな違うポイントとなります。

日本では家庭料理のメニューとして、ドライカレーが独自の進化してきたために、キーマカレーとドライカレーと混同されやすい背景がうかがえます。

3.キーマカレーの具材や作り方を紹介しよう

キーマカレーを実際に作るための材料やレシピはどうすればよいのでしょう。

キーマカレーに必要な材料

・ひき肉(お好みで牛、豚、鶏どれでもOKですが、本格的なキーマカレーの場合はヤギ肉や羊肉が良いようです)

・玉ねぎ、にんじん、にんにく、トマト(ケチャップでもOK)、その他お好みの野菜

・コンソメだし

・カレー粉、塩コショウ(必要時、お好みのスパイス)

・水

キーマカレーのレシピ

・玉ねぎやにんじん、にんにくなど野菜類はみじん切りにする

・プライパンに油をしいて熱し、にんにくを炒め香りだしたら、玉ねぎ

・にんじん・トマトなど野菜を入れてしんなりするまで炒める

・ひき肉を加えて炒め、色合いの変化やパラパラになれば、塩コショウをふって混ぜる

*ケチャップを使用するときはこのとき加える

・カレー粉をいれ全体をなじませて、水とコンソメだしを加えて約10分煮ていく

キーマカレーを作るときのポイント

・ひき肉の素材によって味が違ってきます。

・水分量はお好みで調整してください。

・野菜類は基本の利用ですので、色んな種類のものを使ってOKです。

・トマトの代わりにケチャップで使用でもOKですが、トマトジュースや野菜ジュースを使用しても味わい深くなります。ウスターソースを追加して使うといっそう味に深みが出ます。

・調味料は上記の素材だけでも良いですが、お好みのスパイスを追加して使用してカレーに風味やコクをもたせたり、辛さを調整したりするのもスパイスの働きです。

ガラムマサラやクミン、レッドペッパーなどが特に有名なスパイスですが、他にもスパイスがあるので使い分けていきましょう。

・スパイスだけ使用してキーマカレーを作るとき、色合いや辛さの調整が必要ですので、スパイスの特性や特徴、使用量も適量があるので必ずチェックしましょう。

4.まとめ

キーマカレーのこと理解していただけましたでしょうか。カレーは国民食ともいえます。キーマカレーですが、簡単につくれて料理をするひとにとっては、まさにお助けメニューです。

いろんな食材を使い、自分のキーマカレーのレシピを作ったりする楽しみもあります。料理するひとの定番メニューとして取り入れてみてはいかがでしょう。参考にしてみてください。

キーマカレー